テュルク評議会(テュルクひょうぎかい、英語: Turkic Councilアゼルバイジャン語: Türk Şurasıカザフ語: Түркі кеңесіキルギス語: Түрк кеңешトルコ語: Türk Keneşi、正式名称: テュルク語諸国協力評議会、英語: Cooperation Council of Turkic-Speaking States、略称:CCTS、トルコ語: Türk Dili Konuşan Ülkeler İşbirliği Konseyi)は、テュルク諸語を公用語とする国家により構成される国際組織である。

テュルク語諸国協力評議会
(テュルク評議会)

テュルク評議会 の国旗
国旗
.mw-parser-output .legend{page-break-inside:avoid;break-inside:avoid-column}.mw-parser-output .legend-color{display:inline-block;min-width:1.5em;height:1.5em;margin:1px 0;text-align:center;border:1px solid black;background-color:transparent;color:black}.mw-parser-output .legend-text{}   メンバー .mw-parser-output .legend{page-break-inside:avoid;break-inside:avoid-column}.mw-parser-output .legend-color{display:inline-block;min-width:1.5em;height:1.5em;margin:1px 0;text-align:center;border:1px solid black;background-color:transparent;color:black}.mw-parser-output .legend-text{}   将来的なメンバー .mw-parser-output .legend{page-break-inside:avoid;break-inside:avoid-column}.mw-parser-output .legend-color{display:inline-block;min-width:1.5em;height:1.5em;margin:1px 0;text-align:center;border:1px solid black;background-color:transparent;color:black}.mw-parser-output .legend-text{}   北キプロス
  メンバー
  将来的なメンバー
本部
公用語[1]
メンバー[2]
指導者
• 事務総長
Halil Akıncı
設立 2009年10月3日
ウェブサイト
turkkon.org/
  1. 事務総局
  2. 議会
  3. テュルク語アカデミー
モルディブバングラデシュブータンネパールスリランカインドミャンマータイ王国カンボジアラオスベトナムブルネイインドネシアマレーシアフィリピンシンガポールアフガニスタンパキスタントルクメニスタンイランアゼルバイジャンカザフスタンキルギスタジキスタンウズベキスタン中華人民共和国ロシアトルコ日本モンゴル国大韓民国バーレーンクウェートオマーンカタールサウジアラビアアラブ首長国連邦南アジア地域協力連合ベンガル湾多分野技術経済協力イニシアチブメコン-ガンガ協力東南アジア諸国連合上海協力機構テュルク評議会経済協力機構湾岸協力会議アジア協力対話
アジアの国と地域組織の相互関係 vde

歴史編集

1992年以降、テュルク語諸国家サミットがテュルク語諸国家の間で開催されていた。

2009年10月3日、このサミットに参加していた国の内4つがナヒチェヴァンで設立協定に合意した。

2019年5月24日、テュルク評議会の提唱者であるカザフスタンの元大統領ヌルスルタン・ナザルバエフを加盟国の満場一致で名誉総裁に選出した[4]

メンバー編集

現在編集

人口( 2018 ) 面積(km 2 GDP(名目)2019 [5] 一人当たりGDP(名目)2019 [6]
  アゼルバイジャン 9,949,537 86,600 48 十億ドル 4,794ドル
  カザフスタン 18,319,618 2,724,900 180 十億ドル 9,731ドル
  キルギス 6,304,030 199,900 8.5 十億ドル 1,309ドル
  トルコ 82,340,088 783,562 754.5 十億ドル 9,042ドル
  ウズベキスタン 32,476,244 447,400 58 十億ドル 1,725ドル
テュルク評議会 144,074,862 4,242,362 1049億ドル 8,966ドル

オブザーバー編集

人口( 2018 ) 面積(km 2 GDP(名目) 一人当たりGDP

(名目)(2019) [7]

  ハンガリー[8] 9,707,499 90,030 161 十億ドル $ 16,475

将来のメンバー候補編集

人口( 2018 ) 面積(km 2 GDP(名目) 一人当たりGDP

(名目)(2019) [9]

  トルクメニスタン[10] 5,850,901 491,210 40 十億ドル 6,966ドル

将来的にオブザーバーとなり得る編集

人口( 2018 ) 面積(km 2 GDP(名目) 一人当たりGDP

(名目)(2019) [11]

  ウクライナ[12] 44,246,156 603,628 161ドル 十億 3,659ドル

組織編集

テュルク評議会は3つの本部を持つ。事務総局はトルコイスタンブールに、テュルク語アカデミーは1992年に設立され、カザフスタンヌルスルタンにある (以前はアルマトイにあったが、1997年の遷都に伴いアカデミーも新首都へと移転した) テュルク語国家議会はアゼルバイジャンバクーに1998年に設立された。事務総局以外の二つの組織はテュルク評議会に組み入れられている。

テュルク評議会は以下の組織により構成されている。

参加国の大統領は2年に1度、定められたテュルク語国家内の場所において首脳会合を行う。官僚や宗教学者による会合は定期的に行われる。

脚注編集

  1. ^ (トルコ語) Turkkon.org
  2. ^ TURKSOY Official Web Site, http://www.turkkon.org/ 
  3. ^ http://www.turkkon.org/en-US/congratulatory-message-of-the-secretary-general-of-the-turkic-council-ambassador-ramil-hasanov-for-the-statement-of-the-president-of-the-republic-of-uzbekistan-he-shavkat-mirziyoyev-regarding-uzbekistan%60s-accession-to-the-turkic-council;/301/352/4701
  4. ^ Nazarbayev made honorary president of Turkic Council”. アナドル通信社 (2019年5月24日). 2019年5月29日閲覧。
  5. ^ GDP (current US$) - Data”. Data.worldbank.org. 2017年8月25日閲覧。
  6. ^ Report for Selected Countries and Subjects”. Imf.org. 2017年8月25日閲覧。
  7. ^ GDP (current US$) - Data”. Data.worldbank.org. 2017年8月25日閲覧。
  8. ^ Press Release of the Sixth Summit of the Turkic Council”. Turkic Council. 2018年9月4日閲覧。
  9. ^ GDP (current US$) - Data”. Data.worldbank.org. 2017年8月25日閲覧。
  10. ^ The Turkic world is on the edge of a historic revival”. TRT world. 2019年10月3日閲覧。
  11. ^ GDP (current US$) - Data”. Data.worldbank.org. 2020年8月12日閲覧。
  12. ^ Ukraine seeks to obtain observer status in Turkic Council”. UKRINFORM. 2020年8月12日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集