メインメニューを開く

テレンス・タオ

実解析、調和解析、微分方程式、組合せ論、整数論、表現論を専門とするオーストラリア人数学者

テレンス・タオ(Terence Tao、陶哲軒、1975年7月17日 - )はオーストラリア数学者カリフォルニア大学ロサンゼルス校教授。専門は実解析調和解析微分方程式組合せ論整数論表現論

Terence Tao
テレンス・タオ
Ttao2006.jpg
テレンス・タオ(2006年)
生誕 (1975-07-17) 1975年7月17日(44歳)
オーストラリアの旗 オーストラリア アデレード
居住 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ロサンゼルス
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
研究分野 数学
研究機関 カリフォルニア大学ロサンゼルス校
出身校 フリンダース大学
プリンストン大学
主な業績 グリーン・タオの定理
主な受賞歴 ボッチャー記念賞(2002年)
クレイ研究賞(2003年)
フィールズ賞(2006年)
キング・ファイサル国際賞(2010年)
クラフォード賞(2012年)
ロイヤル・メダル(2014年)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

2004年に長い間の整数論の難問(素数の集合の中には任意の長さの等差数列が存在すること)を解決し(ベン・グリーンとの共同研究)、その成果により2006年フィールズ賞を受賞した。他に掛谷予想へ貢献し、KdV方程式が大域解を持つことを示しただけでなく、表現論とシンプレクティック幾何学に組合せ論的手法を持ち込みエルミート計量に関するHorn予想を解決した(Allen Knutsonとの共同研究)。2012年、弱いゴールドバッハ予想にも貢献した。

略歴編集

 
ポール・エルデシュ(左)とテレンス・タオ(当時10歳)、1985年撮影

既婚者で息子と娘がいる。

幼少期から学生時代編集

両親は、上海香港からの移民(第1世代)である。父は上海出身の小児科医であり、母は香港人、元数学教師である。二人は香港大学で出会った。2歳にして数学の才能を開花させ、幼少期から数字に囲まれた生活をしていたという。弟が2人おり、3兄弟揃って数学に飛び抜けた能力を持つ。

9歳で実家からほど近いフリンダース大学に飛び級で入学し、本格的に数学の勉強に取り組んだ。1986年、10歳にして国際数学オリンピックに出場し、銅メダルを獲得した。そして、翌年には銀メダルを獲得し、さらに翌年には史上最年少で金メダルを獲得した。ちなみに、この記録は、現在でも破られていない。また、弟2人も国際数学オリンピックで銅メダルを獲得している。

本人は、後に「幼い頃から難しい問題を次々と解くことで、思考が磨かれていった」として、英才教育が自身の卓越した才能を伸ばす手助けになったと振り返っている。

分野の垣根を越えた数学者編集

タオは、24歳にしてカリフォルニア大学ロサンゼルス校の正教授に就任し、専門領域として調和解析を選んだ。そして、その後は、整数論偏微分方程式組合わせ論など数学のフィールドを広げていった。これほどに研究の枠を広げることは、数学者として異例なことである。

主な業績編集

受賞歴編集

脚注編集

  1. ^ Annual report, Australian Academy of Science, 2008.
  2. ^ Tao, Terence (2012年). “Every odd number greater than 1 is the sum of at most five primes”. arXiv:1201.6656v4 [math.NT]. Bibcode2012arXiv1201.6656T. 
  3. ^ “素数の新定理発見 極端な偏りなく分布 米英数学者「夢のような成果」”. スポーツニッポン. (2014年2月26日). http://www.sponichi.co.jp/society/news/2014/02/26/kiji/K20140226007668140.html 2014年12月6日閲覧。 
  4. ^ “素数の間隔で新定理発見 極端な偏りなく分布、米英数学者”. 47NEWS. (2014年2月26日) 
  5. ^ “素数の間隔で新定理発見 極端な偏りなく分布、米英数学者”. 琉球新報. (2014年2月26日) 
  6. ^ “IQ230中国系数学者、世界で最も高いIQ”. 新華社. (2016年2月3日). http://www.xinhuaxia.jp/social/87259 2016年4月10日閲覧。 

外部リンク編集