メインメニューを開く

テールコード(Tail codes)とは、アメリカ軍の機体(主にアメリカ空軍機)の垂直尾翼に付与されている機体記号の一種である。

概要編集

テールコードは、2つのアルファベットからなる機が所属する基地と、部隊マークからなる所属部隊を表す形で構成されている(例:ED=エドワーズ空軍基地所属、WA=ネリス空軍基地所属を表す)。ただし、一部の部隊ではアルファベットも部隊の愛称に由来する略称を使っている(第1戦闘航空団英語版の「FF:First Fighterの略」や、第8戦闘航空団英語版の「WP:Wolf Packの略」など)

空軍州兵の機体は、所属する各州の2文字略号をテールコードに使用する。

アメリカ空軍編集

 
長崎への原爆投下時の「ボックスカー」のテールコード

軍所属機体(VC-25C-32AE-4除く)に付与され、テールコードの下にはシリアルナンバー(因みにシリアルナンバーの意味であるが、AFはAir Forceの略、その下の2桁数字は製造年ではなく、予算として計上された年度を表す。後大文字数字3桁ないし4桁は製造番号を表す)が記載されている。

アメリカ海軍編集

主にF/A-18E/F等の艦載機及び基地所属機に付けられる。空軍と同じく2レター(例:NF=空母ロナルド・レーガン (空母)所属を表す)である。

関連項目編集

外部リンク編集