メインメニューを開く

デウソン神戸(デウソンこうべ、DEUÇÃO KOBE)は、日本兵庫県神戸市をホームタウンとする[1]日本フットサルリーグ(Fリーグ)に加盟するフットサルクラブ。

デウソン神戸
原語表記 デウソン神戸[1]
呼称 デウソン神戸[1]
クラブカラー     
創設年 1993年
所属リーグ 日本フットサルリーグ
所属ディビジョン Fリーグディビジョン2
ホームタウン 兵庫県神戸市[1]
ホームスタジアム グリーンアリーナ神戸
運営法人 デウソン神戸株式会社[1]
監督 鈴村拓也
公式サイト 公式サイト
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

目次

歴史編集

1993年7月1日設立。2000年11月6日にセレゾン・プロジェクト有限会社として法人化。

2006年、当時兵庫県トップリーグに所属していた「セレゾン神戸フットサルクラブ」と東海フットサルリーグ所属の「セレゾン浜松フットサルクラブ」、京都府1部リーグの「リンドバロッサ」の3チームが提携し、「セレゾン神戸フットサルクラブ」を設立。2007年1月24日、「デウソン神戸」への改名を発表した。日本フットサルリーグへの申請時の名称はセレゾン神戸フットサルクラブであった。

チーム名の由来は神戸の「神」からラテン語のDEUS(デウス)をベースに用い、神戸にかつて多数あった「荘園」を組み合わせた造語。国際貿易港である神戸の土地に神が舞い降りて、古くからの伝統を受継ぎ、世界に飛躍するチームを目指すという意味が込められている。

2007年9月、Fリーグ開幕節において、名古屋オーシャンズから引き分けによる勝ち点1を奪った。その後は事前の予想を覆して勝ち点を積み上げ、名古屋オーシャンズ、バルドラール浦安に次ぐ、年間成績第3位で初年度の2007年シーズンを終えた。

2008年には、4月に育成組織となる「デウソン神戸・アスピランチ」を設立。アスピランチは兵庫県ミドルリーグに参戦し、前期リーグを1位で通過、後期リーグにおいても全勝して総合優勝を果たした。トップチームは、代表経験の豊富な比嘉リカルド、パワープレイを主眼として、ロングキックの技能のあるゴレイロ杉山哲一を名古屋オーシャンズからそれぞれ獲得した。2008年シーズンは2シーズン連続で3位。全日本フットサル選手権は前回大会のベスト8を上回って第3位の成績を収めた。

2018年1月18日、Fリーグが2018-2019シーズンから2部制を導入するにあたって新設されるFリーグディビジョン2(F2)へ参加することが決定した[1]

チーム成績編集

年度 所属 勝点 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点 得失 順位
2007-08 Fリーグ 34 21 9 7 5 54 46 +8 3位
2008-09 37 21 12 1 8 70 51 +19 3位
2009-10 34 27 8 10 9 66 63 +3 7位
2010-11 48 27 14 6 7 95 79 +16 2位
2011-12 45 27 14 3 10 74 53 +21 3位
2012-13 42 27 12 6 9 80 64 +16 5位
2013-14 56 36 17 5 14 113 111 +2 4位
2014-15 38 33 10 8 15 90 98 -8 9位
2015-16 29 33 8 5 20 76 105 -29 9位
2016-17 42 33 12 6 15 102 119 -17 7位
2017-18 21 33 4 9 20 60 117 -57 11位

2017-18シーズン所属選手編集

記録編集

個人記録編集

ユニフォーム編集

クラブカラー編集

  • グリーン
  • イエロー

脚注編集

外部リンク編集