デウソン神戸(デウソンこうべ、: DEUÇÃO KOBE)は、兵庫県神戸市をホームタウンとして、F.LEAGUEに所属しているフットサルクラブである[1]

デウソン神戸
原語表記 デウソン神戸
呼称 デウソン神戸
愛称 デウソン
クラブカラー     
創設年 1993年
所属リーグ F.LEAGUE
所属ディビジョン Fリーグディビジョン2
ホームタウン 兵庫県神戸市
ホームスタジアム グリーンアリーナ神戸
運営法人 一般社団法人神戸フットサルスポーツクラブ
監督 鈴村拓也
公式サイト 公式サイト
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

歴史編集

1993年7月1日設立。2000年11月6日にセレゾン・プロジェクト有限会社として法人化。

2006年、当時兵庫県トップリーグに所属していた「セレゾン神戸フットサルクラブ」と東海フットサルリーグ所属の「セレゾン浜松フットサルクラブ」、京都府1部リーグの「リンドバロッサ」の3チームが提携し、「セレゾン神戸フットサルクラブ」を設立。2007年1月24日、「デウソン神戸」への改名を発表した。日本フットサルリーグへの申請時の名称はセレゾン神戸フットサルクラブであった。

チーム名の由来は神戸の「神」からラテン語のDEUS(デウス)をベースに用い、神戸にかつて多数あった「荘園」を組み合わせた造語。国際貿易港である神戸の土地に神が舞い降りて、古くからの伝統を受継ぎ、世界に飛躍するチームを目指すという意味が込められている。

2007年9月、Fリーグ開幕節において、名古屋オーシャンズから引き分けによる勝ち点1を奪った。その後は事前の予想を覆して勝ち点を積み上げ、名古屋オーシャンズ、バルドラール浦安に次ぐ、年間成績第3位で初年度の2007年シーズンを終えた。

2008年には、4月に育成組織となる「デウソン神戸・アスピランチ」を設立。アスピランチは兵庫県ミドルリーグに参戦し、前期リーグを1位で通過、後期リーグにおいても全勝して総合優勝を果たした。トップチームは、代表経験の豊富な比嘉リカルド、パワープレイを主眼として、ロングキックの技能のあるゴレイロ杉山哲一を名古屋オーシャンズからそれぞれ獲得した。2008年シーズンは2シーズン連続で3位。全日本フットサル選手権は前回大会のベスト8を上回って第3位の成績を収めた。

2018年1月18日、Fリーグが2018-2019シーズンから2部制を導入するにあたって新設されるFリーグディビジョン2(F2)へ参加することが決定した[2]

2019年4月1日、一般社団法人神戸フットサルスポーツクラブが運営法人となり、兵庫県・神戸市に根付いたフットサルを通じた地域社会貢献クラブとしての取り組みを推進している。

チーム成績編集

年度 所属 勝点 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点 得失 順位
2007-08 Fリーグ 34 21 9 7 5 54 46 +8 3位
2008-09 37 21 12 1 8 70 51 +19 3位
2009-10 34 27 8 10 9 66 63 +3 7位
2010-11 48 27 14 6 7 95 79 +16 2位
2011-12 45 27 14 3 10 74 53 +21 3位
2012-13 42 27 12 6 9 80 64 +16 5位
2013-14 56 36 17 5 14 113 111 +2 4位
2014-15 38 33 10 8 15 90 98 -8 9位
2015-16 29 33 8 5 20 76 105 -29 9位
2016-17 42 33 12 6 15 102 119 -17 7位
2017-18 21 33 4 9 20 60 117 -57 11位

2020-21シーズン所属選手編集

No. Pos. 選手名
1   GK 徐 政佑
3   高月 泰聖
4   三村 里来
5   柿本 輝
6   岡村 拓海
7   大北 正志
8   前野 俊哉
9   佐々木 淳
10   藤川 朋樹
11   長谷 大地
No. Pos. 選手名
12   GK 江波戸 紘之
13   山野 瞭
14   佐川 裕己
15   牛越 晶
16   瀬野 健太
17   森本 碧
18   小西 雄大
21   馬場 翔太郎

・過去所属選手

No. Pos. 選手名
  GK 川崎貴生
  GK 三宅達也
  五十川翔平
  平原翔哉
  小林瀬那
  久野拳
  原田浩平
  岡崎チアゴ
  相井忍
  川那部遼
No. Pos. 選手名
  村下輝
  高橋良治
  高橋宏征
  阿川光
  三木誉
  GK 小石峯成彦
  石関聖
  山田浩介
  GK 川添亮吾



記録編集

個人記録編集

ユニフォーム編集

クラブカラー編集

  • グリーン

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集