メインメニューを開く

デス・ゲーム2025』(Futuresport)は、1998年アメリカ合衆国SFテレビ映画アーネスト・ディッカーソン監督、ディーン・ケインヴァネッサ・ウィリアムスウェズリー・スナイプス出演。アメリカでは、1998年にABCで放送された。日本では、1999年10月8日にVHSが発売された[1]

デス・ゲーム2025
Futuresport
監督 アーネスト・ディッカーソン
脚本 ロバート・ヒューイット・ウルフ英語版
原案 スティーヴ・デ・ジャーナット英語版
ロバート・ヒューイット・ウルフ
製作 デヴィッド・ローセル
ウェズリー・スナイプス
製作総指揮 デボラ・ラフィン
マイケル・ヴァイナー英語版
ロン・ジスキン
出演者 ディーン・ケイン
ヴァネッサ・ウィリアムス
ウェズリー・スナイプス
音楽 スチュワート・コープランド
撮影 ジョナサン・フリーマン
編集 スティーヴン・ラヴジョイ
製作会社 エイメン・ラ・フィルムズ
ニュー・スター・メディア
配給 ABC(テレビ放映)
コロンビア・トライスター・ピクチャーズ(ソフト発売)
公開 1998年10月(テレビ放映)
上映時間 87分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

目次

ストーリー編集

2025年、ハワイ独立革命が過激さを増す中で、独立の中心組織「HLO(ハワイ解放機構)」のリーダーであるエリック・サイスが姿を消したため、電流が流れるボールを使って行う「フューチャースポーツ」のリーグ戦が開催されるニューオリンズでは、無差別テロに備え警戒が強化されていた。

テレビ局に勤めるアレックス・トーレスは、フューチャースポーツをスラム・ゾーンの平和のために生み出したオビケ・フィックスにインタビューしているとき、フューチャースポーツの大スター、トゥレ・ラムジー選手が現れる。そして彼のインタビューを始めようとすると、エリック・サイス率いるHLOのテロリストたちが乗り込んでくる。彼らの標的はHLOを批判したアレックスと、HLOを笑いものにしたトゥレで、2人をハワイ独立の敵として始末しに来たという。するとトゥレは、コーチのダグラスたちと連携して敵を倒し、撤退させることに成功する。

そしてフューチャースポーツの試合で、もう1人のスターであるブレイク・ベッカーのチームと対戦するトゥレだが、有頂天になった彼はチームメイトをないがしろにして、個人プレーを連発していた。その結果彼のチームは敗退し、それをチームメイトのせいにする。人気が失墜したトゥレはフィックスから、初心に戻るため古巣のスラムに来ることを提案される。トゥレが家に帰ると、恋人が破局を申し入れたり、CM契約が打ち切られたりとどん底を味わう。そのとき、アレックスからスラム・ゾーンに呼び出され、HLOの危険性について話される。そこでアレックスは、HLOについて放送することができれば、彼らの攻撃を阻止でき多くの命を救えるとトゥレに訴える。それを聞いたトゥレは、失っていた使命感を取り戻す。

一方のHLOは、2人を亡き者にしてハワイ独立を成功させるため暗躍していた。

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹替
トゥレ・ラムジー ディーン・ケイン 松本保典
アレックス・トーレス ヴァネッサ・ウィリアムス 土井美加
オビケ・フィックス ウェズリー・スナイプス 江原正士
ジェット ヴァレリー・チョウ英語版 高森奈緒
ブレイク・ベッカー エイドリアン・G・グリフィス 大川透
ダグラスコーチ ビル・スミトロヴィッチ 仁内建之
エリック・サイス J・R・ボーン英語版 立木文彦
アナーキー タラ・フレデリック さとうあい
ローレライ ミケーラ・ジェイ 堀越真己
ホジキンス マシュー・ウォーカー
ロニー・ヴィンス デビッド・ケイ 安井邦彦
キアイ フランソワーズ・イップ 沢海陽子
トーマス・メイヒュー ブライアン・ジェンセン 石井康嗣
ハチェット・ジャック・ジャミストン ケン・カージンガー英語版 北川勝博
アキラ・オートモ ヒロ・カナガワ 川島得愛
エドガー ジェラード・プランケット 岩田安生
ウィラード ブラッド・ロレー英語版 柴田創一郎

スタッフ編集

参考文献編集

  1. ^ Release Info”. IMDb. 2014年4月26日閲覧。

外部リンク編集