デプレッシブブラックメタル

デプレッシブブラックメタル(Depressive black metal)は、ヘヴィメタルの中に含まれる音楽ジャンルの一つで、ブラックメタルのサブジャンルである。略称はデプレ、鬱ブラック、自殺系ブラック。海外ではDSBM(Depressive suicidal black metal)がよく用いられている。

デプレッシブブラックメタル
Depressive black metal
様式的起源 ブラックメタル
ドゥームメタル
文化的起源 1990年
使用楽器 ボーカルギターベースドラムヴァイオリンピアノ
関連項目
フューネラルドゥームメタルアンビエントブラックメタル、ロウブラックメタル、ポストブラックメタル

目次

概要編集

デプレッシブブラックメタルは、曲の表現において自殺厭世観等をテーマにしたブラックメタルである。音楽スタイルはブラックメタル由来のうなり声、金切声に加えて泣き叫ぶような声が用いられたり、正統派ブラックメタルでよく用いられるトレモロリフを使用しないテンポがゆっくりな曲やピアノ中心で展開する曲もある。

歌詞の内容は自殺や虚無主義、この世への憎悪、厭世観、自己嫌悪等が含まれた悲観的・破滅的・退廃的なものがよく見受けられる。

バンド名においてはLife Is Pain、Make a Change… Kill Yourselfの様に鬱を実直に表現したもの、LifeloverHappy Daysの様に皮肉的なものが一部にある。

またバンドロゴに首吊りの際に用いるロープをロゴのデザインの一部として用いているバンドも散見される。ディスクジャケットやアートワークには首吊りの姿やロープの他にリストカットで用いる剃刀OD等で用いる薬や注射器、海外では主要な自殺の方法の一つである拳銃自殺が描写される事もある。

一部のバンドではライブで実際に自傷行為がなされる場合もある。

他のジャンルとの関係性編集

環境音楽の要素を持つアンビエントブラックメタルの音楽性を持ち合わせたバンド(例:ColdWorldWedard、All The Cold)やフューネラルドゥームメタルの音楽性を持ち合わせたバンド(例:NorttElysian Blaze)、ポストメタルの音楽性を持ち合わせたバンド(例:Amesoeurs、An Autumn for Crippled Children、Hypomanie、Heretoir)等が見受けられ、今後も他のジャンルとの融合が進むものと予想される。

主要バンド編集

関連項目編集