デューン/砂の惑星

デューン/砂の惑星』(Dune)は、1984年公開のアメリカ合衆国の映画1994年に再編集されてテレビ放映された。

デューン/砂の惑星
Dune
監督 デヴィッド・リンチ
脚本 デヴィッド・リンチ
原作 フランク・ハーバート
デューン
製作 ラファエラ・デ・ラウレンティス
製作総指揮 ディノ・デ・ラウレンティス
出演者 カイル・マクラクラン
音楽 ブライアン・イーノ
TOTO
撮影 フレディ・フランシス
編集 アントニー・ギブス
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1984年12月14日
日本の旗 1985年3月30日
上映時間 137分
189分(テレビ放映長尺版)
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
イタリア語
製作費 $40,000,000[1]
興行収入 $30,925,690[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
テンプレートを表示

フランク・ハーバートSF大河小説『デューン』の映像化作品である。日本公開時の題名は『砂の惑星』のみとなっている。

目次

あらすじ編集

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹き替え
日本テレビ テレビ朝日
ポウル・アトレイデス(ムアドディブ) カイル・マクラクラン 堀秀行 松橋登
レト・アトレイデス公爵(ポウルの父) ユルゲン・プロホノフ 小川真司 前田昌明
レディ・ジェシカ(ポウルの母) フランチェスカ・アニス 小沢寿美恵 鈴木弘子
リエト・カインズ博士(帝国惑星学者) マックス・フォン・シドー 家弓家正
チャニ(カインズ博士の娘、フレーメン) ショーン・ヤング 佐々木優子 渕崎ゆり子
スティルガー(フレーメンのリーダー) エヴェレット・マッギル 玄田哲章 池田勝
スフィル・ハワト(公爵家のメンタート) フレディ・ジョーンズ 峰恵研 宮川洋一
ダンカン・アイダホ(公爵家の副官) リチャード・ジョーダン 小島敏彦 曽我部和恭
ガーニイ・ハレック(公爵家の副官) パトリック・スチュワート 加藤精三 上田敏也
ユエ・ウェリントン(公爵家の医師) ディーン・ストックウェル 屋良有作 納谷六朗
シャダウト・メイプス(公爵家の家政婦、フレーメン) リンダ・ハント 竹口安芸子 鈴木れい子
ウラディミール・ハルコネン男爵 ケネス・マクミラン 樋浦勉 内海賢二
フェイド・ラウサ(ハルコネン男爵の甥) スティング 東富士郎 大塚芳忠
ラバン(ハルコネン男爵の甥) ポール・L・スミス 小関一 福田信昭
パイター・ド・ブリース(男爵家のメンタート) ブラッド・ドゥーリフ 天地麦人 千田光男
ネフド(男爵家の親衛隊員) ジャック・ナンス
シャッダム四世(大王皇帝) ホセ・ファーラー 小林修 大木民夫
イルーラン姫(シャッダム四世の娘) ヴァージニア・マドセン 平淑恵 小山茉美
ガイウス・ヘレン・モヒアム(ベネ・ゲセリットの教母) シアン・フィリップス 初井言栄 麻生美代子
ラマロ(フレーメンの教母) シルヴァーナ・マンガーノ 此島愛子
アリア・アトレイデス(ポウルの妹) アリシア・ウィット 近藤玲子 坂本真綾
ギルドマン(スペーシング・ギルドの代表者) 不明 平林尚三 江原正士
ナビゲーター(スペーシング・ギルドの航宙士) N/A 村松康雄 銀河万丈

※2015年8月4日発売の「日本公開30周年記念特別版 Blu-rayボックス」には、日本テレビ版(正味118分)とテレビ朝日版(正味93分)の吹替版が収録。

スタッフ編集

デューン/砂の惑星 TV放映長尺版

製作編集

当初、1971年に映画プロデューサーのアーサー・P・ジェイコブスが映画化権を取得したが、制作開始前に急死してしまったために頓挫した。

2年後の1973年フランスの映画制作組合が権利を買い取り、アレハンドロ・ホドロフスキー監督のもと、宇宙船デザインにクリス・フォス、コスチュームデザインにジャン・ジロー、美術担当にH・R・ギーガー、音楽にピンク・フロイドマグマ、シャッダム四世役にサルバドール・ダリ、ハルコネン男爵役にオーソン・ウェルズ、パイター・ド・ブリース役にウド・キア、レト・アトレイデス公爵にデヴィッド・キャラダインなど錚々たるスタッフや俳優が参加したが、原作の長さを反映した上映時間10時間以上という途方もない構想により、想定された巨額の製作費を捻出できず、撮影開始に至ることなく絵コンテの段階で制作中止となった。特殊効果を務めたダン・オバノンは、突然の制作中止で仕事も金も無くなったことに落胆したが、この経験を期に塩漬けになっていた自作のSF脚本を書き直して完成させ、1979年に『エイリアン』として結実した。2013年、制作中止に至る顛末を描いたドキュメンタリー映画『ホドロフスキーのDUNE』が公開された。

その後、イタリアの映画プロデューサー、ディノ・デ・ラウレンティスが権利を買い取り、監督・脚本にデヴィッド・リンチ、音楽にブライアン・イーノTOTOを据え製作に着手したが、大幅に尺を短縮して完成・公開された。

評価編集

当初構想していた壮大な物語から大きくスケールダウンせざるを得ず、ダイジェスト版のようなまとまりに欠く内容であったため、評価は芳しいものではなく、SFファンや原作ファン、原作者のハーバートにも不評で、興行的にも失敗した。リンチは「最終決定権が監督自身になかったことから、大変悔しい思いをしたし、残念な結果を迎えた」と自伝で回想している[2]。しかし、彼独特の悪趣味的世界観が全面に出ており、映画マニアの間ではカルト作として一定の評価も得ている[3]

念願の映画化を断念せざるを得なかったホドロフスキーは、本作の完成に大変なショックを受けていたものの、失意の中劇場で鑑賞した本作があまりにひどすぎたため逆に嬉しくなり、「才能があるリンチがこんな駄作を作るはずがない。ハリウッドのスタジオ体制の犠牲になったのだ」と皮肉交じりに述べている[4]

再編集版編集

のちにテレビ放映用の再編集版が製作されたが、編集権のトラブルからアラン・スミシー名義となっている。これは日本では『デューン/スーパープレミアム・砂の惑星・特別篇』のタイトルでビデオ発売された。

再映画化編集

2017年2月ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督のもとで本作のリメイクと、それに続く原作シリーズの映画化企画が開始したと発表された[5]

脚注編集

  1. ^ a b Dune”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年12月19日閲覧。
  2. ^ 『Mon histoire vraie』(Sonatine 2008)
  3. ^ 映画秘宝ムック『底抜け超大作』
  4. ^ 映画『ホドロフスキーのデューン』より
  5. ^ 「デューン 砂の惑星」再映画化にドゥニ・ビルヌーブ監督が正式決定 映画ニュース - 映画.com

出典編集

  • 映画秘宝ムック『底抜け超大作』“超大作の男たち・「ディノ・デ・ラウレンティス 『キングコング』で頂上のぼって『砂の惑星』に埋もれた男」友成純一

外部リンク編集