大衆文化(たいしゅうぶんか)とは、一般大衆に広く愛好される文化のことである。ポピュラーカルチャー英語: popular culture)、ポップカルチャー英語: pop culture)、マスカルチャー英語: mass culture)とも呼ばれる。一般的にアカデミック分野に属するクラシック文学美術などの文化を表すハイカルチャーに対立する概念である。一方、サブカルチャーは、大衆文化に属するか、ハイカルチャーに属するかにかかわらず、少数派の(マイナーな)領域のマニアックな分野とされている。

ただしこれらの概念は他の例に漏れず、時代的変遷でも変化し、また同時代においてもその境界は、厳密なものではない(サブカルチャーの項目を参照)。

歴史編集

ハイカルチャーを享受するには一定の教養お金、時間が必要であり、もっぱら富裕層エリート知識人層が享受するものである。これに対して大衆の好む娯楽などは一段と低く、低俗なものとされている。例えばクラシック音楽を鑑賞するにはソナタ形式など音楽についての知識・教養が必要である[独自研究?]が、大衆の好む音楽は鑑賞するための知識は必要なく、手軽に楽しめるものである。

20世紀になって大衆が実力を持つ大衆社会を迎えると、大衆文化の位置づけも変化せざるを得なくなった。大衆社会においては、高等教育とされる教育を受けた人々も増加し、ハイカルチャーも広く一般に楽しまれるようになった。マスメディアの発達や複製技術による大量生産がこうした傾向を一層推し進めた。例えば、絵画であれば、美術館に足を運ばなくとも美術書・ポスターなどで見られるし、音楽もコンサートに行かなくともレコードCDテレビラジオなどで気軽に楽しむことができるようになった。いわばハイカルチャーの大衆化である。

一方、かつて大衆の娯楽であった映画ジャズなどの中にも芸術作品と評価されるものが生まれるようになった。そして、第二次世界大戦後は知識人が大衆文化そのものの意義を積極的に評価する動きも見られた。ハイカルチャーとポピュラーカルチャーの境界も時代により変化している。20世紀後半からは、例えばポップスにクラシックの要素を導入するなど、厳格な形式を持つが難解なハイカルチャーと、形式に欠けるが分かりやすいポピュラーカルチャーのコラボレーションも盛んに行われるようになった。

WWW(ワールド・ワイド・ウェッブ)で繰り広げられる膨大なコンテンツは、インターネットにつながる電子端末の普及と伴って、所得や教育、言語、地域などの隔たりがなく享受できる環境下になってきている。

大衆文化の例編集

大衆文化論編集

関連項目編集