デンスケ (漫画)

デンスケ』は、横山隆一による日本漫画作品。1949年12月1日から1955年12月31日まで『毎日新聞朝刊に連載された。

概要編集

デンスケを中心としたサラリーマン物。給仕から正社員に登用され仕事に恋に活躍し、最終的に所帯を持って完結する。

登場人物編集

茶刈デンスケ
この漫画の主人公。のんきでとぼけてはいるが、抜け目がない青年。
ショウコ
デンスケの彼女。最終回でデンスケと結婚する。
社長
丸顔の男性。ちょっと抜けた所がある。
手礼美ジョン
日系2世。中途入社だがデンスケの上司となり、デンスケを街頭録音に駆り立てる。
ナミコ
デンスケの下宿先の娘。『フクちゃん』参照。
キヨシ
デンスケの下宿先の幼児。『フクちゃん』参照。

備考編集

  • 下宿先の陶器店が『フクちゃん』の友達・キヨちゃんの家であり、また職場の先輩OLが『ペ子ちゃん』であるなど、戦後の毎日新聞紙上で一連とスピンオフされる横山作品の橋渡し的な役割も担っている。
  • 一連の作品と違い、正式なタイトルが付いてスピンオフ連載されたものではないが、茶刈家に引き取られた近所の母子家庭の被虐待児童・ドシャ子に関するエピソードを選り抜いたものが『アカチバラチー ドシャ子』の題名で講談社漫画文庫より刊行されている。
  • 放送取材用携帯型録音機が「デンスケ」と呼ばれるのは本作品に由来する。
  • 1951年昭和26年)に新日本放送(現在のMBSラジオ)でラジオドラマ化されているほか、1956年昭和31年)には日活フランキー堺主演の『デンスケの宣伝狂』として映画化されている。
  • 1982年昭和57年)にテレビ朝日系で『フクちゃん』がテレビアニメ化された際は、デンスケが町内の巡査役として出演していた。