メインメニューを開く

デンデラ』は、佐藤友哉による日本小説。『新潮』(新潮社)2009年1月号に掲載された。2011年に映画化。

デンデラ
著者 佐藤友哉
発行日 2009年6月30日
発行元 新潮社
ジャンル 純文学[1]
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判変型
ページ数 334
コード ISBN 978-4-10-452503-4
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

姥捨て山伝説を題材とした作品。村の掟により、70歳になると村ぐるみで家族に捨てられた老女たちが山で生き延び、「デンデラ」という共同体を形成し、村への復讐を目論む中、ヒグマに襲われ、生死をかけた死闘に臨む物語。書評家の香山二三郎は、本作を柳田国男の『遠野物語』や吉村昭の『羆嵐』のパロディの要素を持ちながら、捨てられた老婆たちの悲劇を通して現代の社会矛盾を抉り出す寓話であると評している[2]

目次

映画編集

2011年6月25日に公開された。同じく姥捨山伝説がテーマである『楢山節考』で知られる映画監督の今村昌平の息子である天願大介が監督を務めた[3]。撮影は雪深い山形県庄内地方で行われた[4]。興行収入は2億4000万円[5]

キャスト編集

スタッフ編集

  • 監督・脚本 - 天願大介
  • 原作 - 佐藤友哉
  • 製作・企画 - 中沢敏明、遠谷信幸
  • プロデューサー - 厨子健介、古賀俊輔、湊谷恭史
  • 音楽 - めいなCo.
  • 撮影 - 古谷巧
  • 照明 - 高坂俊秀
  • 美術 - 稲垣尚夫
  • 装飾 - 相田敏春
  • 録音 - 加来昭彦
  • VFX・特殊造形 - 岡部淳也
  • 衣装 - 千代田圭介
  • 編集 - 阿部亙英
  • 整音 - 矢野正人
  • 音響効果 - 柴崎憲治

出典編集

  1. ^ 佐藤友哉『デンデラ』”. 新潮社. 2013年10月23日閲覧。
  2. ^ 佐藤友哉『デンデラ』|書評 / 対談”. 新潮社. 2013年10月23日閲覧。
  3. ^ 浅丘ルリ子、氷点下11度の雪山での撮影に「カイロ2万5000個使った」”. 映画.com (2011年6月6日). 2013年10月23日閲覧。
  4. ^ 浅丘ルリ子、旭日小綬章に「70歳はいい年」と感無量”. 映画.com (2011年6月25日). 2013年10月23日閲覧。
  5. ^ キネマ旬報」2012年2月下旬決算特別号 206頁