メインメニューを開く

白川 和子(しらかわ かずこ、1947年9月30日 - )は、日本女優長崎県佐世保市出身[1]神奈川県相模原市在住。ワハハ本舗所属。JUN SKY WALKER(S)メンバーの寺岡呼人は甥。身長:158cm

しらかわ かずこ
白川 和子
本名 小西 郁子
生年月日 (1947-09-30) 1947年9月30日(72歳)
出生地 日本の旗 長崎県佐世保市
職業 女優
ジャンル テレビドラマ映画
活動期間 1967年 - 1973年
1976年 - 現在
配偶者 小西俊夫(1973年 - 1980年1985年 - )
著名な家族 寺岡呼人(甥)
主な作品
映画
団地妻』シリーズ
復讐するは我にあり
ワンダフルライフ
凶悪
テレビドラマ
青春家族
君といた夏
白線流し
白い影
テンプレートを表示

来歴・人物編集

実家は東京都町田市[1]。父親は国家公務員[1]1947年、父の転勤先の長崎県佐世保市で生まれる[1]。中学のとき[1]、父の転勤で一家で帰京[1]東京都立目黒高等学校を卒業後、跡見学園女子大学に進学したが、厳格な父親に反撥していたため、このまま卒業して花嫁修業するのがイヤで、憧れの芸能界に入りたいという意識が強くなった[1]

大学在学中、劇団「赤と黒」へ入団する。初めてヌードになったのは1966年『週刊平凡』の姉妹紙『デラックス・パンチ』[1]。対談した三島由紀夫から「どんどん脱ぐべきだ」と言われたという[1]。これとは別にスカウトもされ、1967年には向井寛が監督した映画『女子寮』に出演した。クラスメートはびっくり仰天[1]。家では化粧をしたことがなく、ポルノ女優になった事は父には5年間ばれなかった[1]。以後、5年間で約230本のピンク映画に主演し[1]、大学は中退した[1]

1971年10月、経営難から「日活ロマンポルノ」にシフトした日活に専属女優として迎えられ[1]、その第1作目の主演女優として起用された。以後も「団地妻」シリーズへの主演で人気を獲得し、「ロマンポルノの女王」と称された。

1973年、自身の体験に基づいた引退記念映画『実録 白川和子・裸の履歴書』(曽根中生監督、田中陽造脚色)が公開され、当時のロマンポルノオールキャスト作品として話題を呼んだ。

同年、舞台あいさつなどで知り合った17歳年上の日活関西支社の社員・小西俊夫と結婚する(小西は先年に癌で妻を亡くし、14歳の娘と11歳の息子を育てていた)[1]大阪千里ニュータウンに移住して専業主婦の生活に入り、一女(次女)も儲ける[1]。白川の女優時代の年収は600万円ぐらいだったが、にっかつは遅配続きで夫の年収は200万円程度[1]。家賃は月一万円弱と安かったが自身の貯金を切り崩して二人の子供を育てた[1]。最初は「ポルノ女優が住むと団地が汚れる」と署名運動まで起き[1]、子供たちもいじめられたが、白川の人付き合いと良さで解消した[1]

1980年に小西の浮気が原因で離婚[1]、白川も若菜嘉晴と激しい恋に落ちたが、独身と思い込んでいた若菜が既婚者と判明[1]。小西が東京支社に転勤になると町田の実家に帰っていた娘が父親に懐いてしまい、1985年に和解して再婚した[1][2]

2009年、お笑い芸人のジジ・ぶぅとコンビ「50・60これからだ」を組んでM-1グランプリに出場し[3]、1回戦は突破したものの、2回戦であえなく敗退した。2015年WAHAHA本舗に参加する[4]

出演編集

テレビ編集

連続ドラマ編集

2時間ドラマ編集

バラエティ編集

ドキュメンタリー編集

映画編集

2010年代編集

2000年代編集

1990年代編集

1980年代編集

1970年代編集

1960年代編集

  • おいろけ天使(1969年)
  • 野郎と情婦(1969年)
  • Oをつき上げろ(1969年)
  • 色欲三重奏 だまされた女狐(1969年)
  • ピカピカハレンチ(1969年)
  • 女のしずく(1969年)
  • 引裂かれた女高生(1969年)
  • 女肉 狂い責め(1969年)
  • 肌のもつれ(1969年)
  • 人妻千一夜(1969年)
  • 盛り妻(1969年)
  • 女性自身(1969年)
  • だまされた女狐(1969年)
  • 毒ある経験(1969年)
  • 痴漢の限界-ユキエ(1969年)
  • 女体の渇き(1968年)
  • 日本(秘)風俗史 乳房(1968年)
  • 女と男の味くらべ-秋子(1968年)
  • 引裂かれた処女(1968年)
  • 色くるい-由利子(1968年)
  • セックスドライブ-女子大生真理(1968年)
  • 日本性犯罪史 白昼の暴行鬼(1968年)
  • 穴じかけ(1968年)
  • 女子学生残酷白書 真赤なうぶげ(1968年)
  • 妖しい性の女(1968年)
  • うぶ殺し(1968年)
  • (秘)女狩り(1967年)
  • 女子寮(1967年)

ネット配信編集

舞台編集

書籍編集

  • いのち輝いて(1987年、潮出版社
  • くもりのち晴れ ときどき大雨注意報(1989年、潮出版社)
  • わたしの家族革命(1999年、潮出版社)

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w 北村章二「連載ドキュメント・シリーズ妻たちの闘い 小西俊夫氏( 元にっかつ関西支社営業部次長)夫人白川和子さん(38歳) 『子宮がんで心細かった…。そのとき頭に浮かんだのがかつての夫でした』」『週刊平凡』1986年6月6日号、平凡出版、 35-39頁。
  2. ^ 爆報! THE フライデー』2014年5月2日 放映 TBS
  3. ^ 『別冊 喰始のショービジネスの作り方』(2009年4月20日分参照)より。
  4. ^ WAHAHA本舗:白川和子 プロフィール

外部リンク編集