デンマークの言語

デンマーク王国における言語

デンマークの言語では、デンマーク王国における言語事情について記す。

デンマーク王国[1][2]の言語
Danishdialectmap.png
公用語 デンマーク語
地方言語 (公認のもの)
フェロー語
グリーンランド語
少数言語 ドイツ語
主な外国語 英語 (86%)
ドイツ語 (47%)
スウェーデン語 (13%)
手話 デンマーク語手話
一般キー配列
デンマーク語QWERTY配列
Keyboard Layout Danish.png
デンマークにおけるドイツ語について 2005.Eurobarometerによれば[1]、回答者のうち58%がドイツ語で会話ができ、そのうちの15%は非常に良いドイツ語の知識を持っていると答えた。

デンマーク王国公用語デンマーク語のみであるが[3]フェロー語ドイツ語グリーンランド語のような少数言語も存在する。

デンマーク人の86%[1]フォルケスコーレ (デンマーク語: folkeskole)の初年から学ぶことが必須なため、第二言語として英語も話すことができる。また、国民学校の初年、若しくは三年目からは第三言語をたいていはドイツ語フランス語から選ぶことができ、デンマーク人の47%はドイツ語を話すことができる。第三言語として三番目に選ばれるのはスウェーデン語で、13%のデンマーク人がこれを話すことができる [4]

公認されている少数言語編集

フェロー語編集

デンマーク語と同系のフェロー語はデンマークの自治領たるフェロー諸島で主に話される。また、デンマーク本土でも一部話される。

ドイツ語編集

ドイツ語ヴェルサイユ条約以前のドイツ帝国領であったスナユラン県 (現:南デンマーク地域)における公認の少数言語である[2]。15,000人から20,000人の旧スナユラン県に住む人々のうち約8,000人が標準ドイツ語、若しくは低ザクセン語のシュレスヴィヒ方言を日常的に話す。シュレスヴィヒ方言は標準ドイツ語からかなり変化しており、標準ドイツ語話者がそれを理解するには困難である。

また、デンマークには2012年には28,584人の移民がドイツから来ている[5]

グリーンランド語編集

グリーンランド語カラーリットの主要な言語で、デンマーク本土では約7,000人に話されている。グリーンランド語イヌクティトゥト語に似ており、また、それらの属するエスキモー・アレウト語族の言語は北アメリカ大陸北部や東部シベリアでも話されている。

関連項目編集

出典編集

  1. ^ a b c Europeans and their Languages (PDF)”. Ec.europa.eu. 2017年10月6日閲覧。
  2. ^ a b Denmark”. Ethnologue.com. 2017年9月28日閲覧。
  3. ^ Facts and Statistics”. Denmark.dk. 2014年9月16日閲覧。
  4. ^ Special Eurobarometer 386: Europeans and their languages”. European Commission. 2016年1月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月26日閲覧。
  5. ^ Indvandrere i Danmark : 2012 (PDF)”. Dst.dk. 2017年10月6日閲覧。

外部リンク編集