外国語(がいこくご、: foreign language: langue étrangère: Fremdsprache)とは、外国言語[1]。例えばスイス連邦の自国語はドイツ語フランス語イタリア語ロマンシュ語の4つであるので、この4つの言語でない全ての言語はスイスにとっての外国語である。

概説編集

外国語とは外国の言語のことである。自国で使われている言語(つまり自国語)以外の言語である。例えば、フランス人にとっては自国で使われている言語はフランス語なので、それ以外の英語スペイン語ロシア語アラビア語中国語日本語などは外国語である。またイギリス人にとっては、フランス語・スペイン語・ロシア語・アラビア語・中国語・日本語などは外国語である。例えば、スイス連邦の自国語はドイツ語フランス語イタリア語ロマンシュ語の4つであるので、この4つの言語でない全ての言語はスイス国民にとっての外国語である。

日本人にとっては、日本語が自国語なので、それ以外の英語・フランス語・スペイン語・ロシア語・アラビア語・中国語などは外国語である。ただし、日本人といっても日系人にとっては事情は異なり、日系ブラジル人にとってはブラジルポルトガル語(ブラジル人は日常的にはしばしば「ブラジル語」と呼ぶ。ブラジル流のポルトガル語)は外国語ではなく自国語である。特に日系ブラジル人2世・3世以降にとっては、「ブラジル語」が自国語である。日系ペルー人 2世・3世以降にとって、スペイン語は自国語である。その為日系人であっても国籍もそれらの国々であり「日本語」は外国語になる。

上の説明ですでに使った概念だが、「外国語」と対比的な概念、つまり自国の言語は「自国語」や「母国語」と言う。

なお、「外国語」がどの程度理解しづらいかということは、自国語とその外国語との言語学的な姻戚関係の深さにもよる。例えば、スペイン人にとっては、英語・フランス語・ドイツ語・イタリア語などはたしかに定義としては「外国語」なのだが、このうちイタリア語・スペイン語・フランス語に関しては、「外国語」ではあっても、特に学習しなくても言われていることのおおよその意味は分かる。スペイン語話者は、全く学習していなくても、イタリア語の放送を聞いておおよその意味が分かるし、イタリア語話者はスペイン語の放送を聞いておおよその意味が分かる。フランス人でもイタリア語やスペイン語の放送の概略を理解できる。というのは、イタリア語・スペイン語・フランス語はともにロマンス諸語であり、つまりローマ帝国の言葉であるラテン語が同帝国が支配した広大な地域の中で方言化したものがルーツであり、今も仏・伊・西語には共通の痕跡や類似した語彙や全く同形の語彙が多数残っているためである。ただし、話すことに関してはハードルが高く、たとえばスペイン人がイタリア語を正しく話すこと(イタリア人がスペイン語を正しく話すことなど)はしっかり学習しないと難しい。したがって、スペイン人とイタリア人がとりあえずコミュニケーションする時は、無理して相手の言葉を間違いだらけで話すよりも、それぞれの自分の母国語を話し、相手はそれを聞いておよその意味を理解し、また母国語で返答し相手に理解してもらう、ということを繰り返せば、コミュニケーションがおおむね成立する。(それと同様に、東アジアの漢字文化圏のうち現在でも漢字がさかんに使われている地域では、漢字を用いた筆談がそれなりに成立する。たとえば、台湾語を学んだことの無い日本人でも、単純なことであれば、望みのものごとを漢字の用語で書いて見せれば、ある程度理解してもらえることも多い。音声レベルや語順では台湾語と日本語はすっかり外国語で、かなり異なっていても、どちらも漢字を用いているおかげで、単純な語彙レベルでは視覚的にほぼ同形のものが今でも相当割合あるおかげである。)

外国語の習得・外国語学習・外国語教育編集

 
ドイツでのフランス語学習風景。フランス語を学んでいるドイツ人学生が臨時の先生役になって説明しているところ。

ヨーロッパでは外国語学習が行われている。イギリス人がフランス語・ドイツ語 ・イタリア語・スペイン語などを学んだり、フランス人が英語・ドイツ語・イタリア語・スペイン語などを学ぶということは行われている。

「先進諸国の中で外国語の学習意欲が特に低い国は米国である」、と言われる。米国が軍事力や経済力によって世界の広い領域で影響力をふるってきたのでアメリカ英語が通じる地域が多いために、米国人は米語で済ませてしまう傾向があり、結果として外国語を学んだことも無いような米国人、外国語の知識が全く欠如したような米国人が非常に多い。

脚注編集

  1. ^ 広辞苑第六版【外国語】

関連項目編集