トルクエタム

トルクエタム: Torquetum, Turquet)は、中世天文学用機器であり、地平座標赤道座標黄道座標という3種類の座標系の測定値の相互変換に用いられた。アナログコンピュータの一種とされることもある。

世界初のトルクエタムは、12世紀から13世紀ごろジャビール・イブン・アフラ[1]が作ったといわれているが[2]、現存する最古のものは16世紀に作られたものである。

ハンス・ホルバインの有名な肖像画『大使たち』(1533年)には、トルクエタムが描かれている。テーブルの右側、右の大使のひじの触れているあたりに置かれていて、円板上の細かい文字も見て取れる。

脚注・出典編集

  1. ^ Lorch, R. P. (1976年), “The Astronomical Instruments of Jabir ibn Aflah and the Torquetum”, Centaurus 20 (1): 11-34 
  2. ^ Thorndike, Lynn (1945年10月). “Franco de Polonia and the Turquet”. Isis 36 (1): 6-7. ISSN 00211753. http://links.jstor.org/sici?sici=0021-1753%28194510%2936%3A1%3C6%3AFDPATT%3E2.0.CO%3B2-Y 2007年5月29日閲覧。. 

関連項目編集

外部リンク編集