トール (Thor) は、20世紀中ごろのフランス競走馬種牡馬である。1933年フランスダービー1934年カドラン賞に優勝した。ほかにパリ大賞典ゴールドカップで2着がある。引退後は最初フランスで、のちにイギリスで供用された。大成功ではなかったが、そこそこの成績を収めた。

トール
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1930年
死没 1947年
クサール
ラサルテ
生国 フランスの旗 フランス
生産 マルセル・ブサック
馬主 マルセル・ブサック
調教師 ウィリアム・ホール(フランス)
競走成績
テンプレートを表示

非常に短気な馬で、馬名はのような性格から北欧神話をつかさどるトールが連想されたものである。第二次世界大戦中にトールを徴発しようとしたドイツ軍の兵士に抵抗し、2名を殺害した。最後は繁殖牝馬を攻撃して重傷を負わせ、安楽死処分された。

トールは、主要国のダービー馬として最後のセントサイモン (St. Simon) の血を持たない馬であった(ただしガロピン〈Galopin〉は2本持つ)。

参考文献編集

  • Ksar”. Thoroughbred Heritage. 2011年12月23日閲覧。

外部リンク編集