ドリス・ジェトゥー

ドリス・ジェトゥー: Driss Jettouアラビア語: إدريس جطو‎、1945年5月24日 - )はモロッコの政治家。2002年から2007年まで同国の首相を務めた。アル・ジャディーダ出身。

ドリス・ジェトゥー
إدريس جطو
Driss Jettou.jpg
2004年1月8日、アメリカのペンタゴンにて
生年月日 (1945-05-24) 1945年5月24日(77歳)
出生地 モロッコ、アル・ジャディーダ
出身校 アル・フワーリズミー大学
前職 コードウェイナー同業者組合代表
モロッコ皮革業連盟理事長
モロッコ企業連盟メンバー
モロッコ輸出業協会副会長
所属政党 無所属

モロッコの旗 第15代 モロッコ王国首相
在任期間 2002年10月9日 - 2007年9月19日
国王 ムハンマド6世
テンプレートを表示

教育編集

カサブランカアル・フワーリズミー大学で中等教育を受けた後、1964年数学の専門バカロレア資格を取得した。その後ラバト理学を学び、1966年物理学化学で卒業した。その後、1968年にはロンドンコードウェイナーズの同業者組合の経営を担った。

民間でのキャリア編集

1968年から1993年の間、ジェトゥーはモロッコの企業で多くの管理職に就いた。同国の皮革業連盟を統括したり、企業連盟の一員にもなった。さらに輸出業協会の副会長にも就任した。

首相として編集

2002年10月9日に彼は国王ムハンマド6世から首相に任ぜられた。無所属であることから異論が相次いだが、人民勢力社会主義同盟 (USFP) やイスティクラル党から成る連立政権を組み議会の過半数を確保した。彼は1997年から1998年まで財務大臣を、2001年から首相に任命されるまで内務大臣をそれぞれ務めていたため、政治経験はあった。

2004年にはアメリカ合衆国との間で自由貿易協定 (FTA) を締結し、功績をあげた。

2007年9月の議会選挙を受け、ムハンマド6世はイスティクラル党代表のアッバス・エル=ファッシを首相に任命したため、ジェトゥーは首相を辞任した[1]

脚注編集

  1. ^ "Morocco's king names new PM", Xinhua (People's Daily Online), 20 September 2007.
先代
アブデラマン・ユースーフィ英語版
モロッコ王国首相
第15代:2002年 - 2007年
次代
アッバス・エル=ファッシ