ナガサキツノゴケAnthoceros punctatus)は、ツノゴケ植物門に属する種の一つ。

ナガサキツノゴケ
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 陸上植物 Embryophyta
: ツノゴケ植物門
Anthocerotophyta
: ツノゴケ綱
Anthocerotopsida
: ツノゴケ目 Anthocerotales
: ツノゴケ科 Anthocerotaceae
: ツノゴケ属 Anthoceros
: ナガサキツノゴケ 'A. punctatus
学名
Anthoceros punctatus L.
英名
Dotted Hornworts

分布編集

日本を含む北半球アフリカに広く分布する[1]

特徴編集

庭先や畑などに、直径1cmほどの黄緑色のロゼットを形成して生育している[1]。植物体内には空洞があり、そこにネンジュモ属の種のコロニーが形成され、共生関係を構築している[2]。雌雄同体で、胞子体は円柱形で長さ1-2cm[1]。胞子は黒色で直径約40μm、弾糸は暗褐色[1]

近縁種編集

 
近縁種の Anthoceros agrestis

同属の Anthoceros agrestis と極めて類似する。ナガサキツノゴケと A. agrestis は、有性器官のサイズの違いだけで区別されている[3]

脚注編集

  1. ^ a b c d 岩月善之助、水谷正美『原色日本蘚苔類図鑑』(1972年、保育社)p.370
  2. ^ ELSIE LIN CAMPBELL AND JOHN C. MEEKS 1989. Characteristics of Hormogonia Formation by Symbiotic Nostoc spp. in Response to the Presence of Anthoceros punctatus or Its Extracellular Products. APPLIED AND ENVIRONMENTAL MICROBIOLOGY, pp.125-131
  3. ^ Atherton et al. (2010) p.272

参考文献編集

  • Ian D.M. Atherton, Sam D. S. Bosanquet, Mark Llawley (2010) Mosses and Liverworts of Britain and Ireland: A Field Guide. British Bryological Society ISBN 978-0-95613101-0