メインメニューを開く

ナジュド及びハッサ王国

ナジュド及びハッサ王国
إمارة نجد والأحساء
ジャバル・シャンマル王国 1902年 - 1921年 ナジュド・スルタン国
ナジュド及びハッサ王国の国旗
(国旗)
公用語 アラビア語オスマン語ペルシア語
首都 リヤド
国王
1902 - 1921 アブドゥルアズィーズ・イブン=サウード
変遷
設立 1902年
改名1921年


ナジュド及びハッサ王国ナジュド及びハサー首長国(ナジュドおよびハッサおうこく、Emirate of Nejd and Hasa)はサウジアラビアに1902年から1921年まで存在した国家である[1]。 三番目のサウード家の国家で絶対君主制であった[1][2]。 歴史家によってはリヤド首長国とも呼ばれる[2]

歴史編集

この国は1902年、サウード軍がリヤドの戦い英語版ラシード家英語版のジャバル・シャンマル王国から 第二次サウード王国の本拠地リヤドを奪還した時に設立された[2]。 そして、この国家はさらに征服をしていき、その後1921年ナジュド・スルタン国(英語版)となった。

出典編集

  1. ^ a b J. A. Hammerton. Peoples Of All Nations: Their Life Today And Story Of Their Past (in 14 Volumes). Concept Publishing Company, 2007. Pp. 193.
  2. ^ a b c Madawi Al-Rasheed. A History of Saudi Arabia. Cambridge, England, UK: Cambridge University Press, 2002. Pp. 40.