ナワト語(ナワトご、Nawat)はエルサルバドル西部および中部の先住民であるピピルによって話される言語。ピピル語(Pipil)と呼ばれることも多いが、エルサルバドルでは一般的に民族について「ピピル」を、言語について「ナワト」を使う[2]

ナワト語
ピピル語
話される国 エルサルバドル
話者数 約200人
言語系統
言語コード
ISO 639-3 ppl – Pipil
Linguist List ppl Pipil
Glottolog pipi1250  Pipil[1]
消滅危険度評価
Critically endangered (UNESCO)
Status-unesco-critically.svg
テンプレートを表示

ユト・アステカ語族ナワ語群に属する。メキシコナワトル語と近い関係にあり、ナワトル語の方言とされることもある[3]

音声上ナワトル語の無声歯茎側面破擦音/t͡ɬ/にはナワト語の/t/が対応する。また、ナワトル語の/u, w/にナワト語の/g/が対応することがあり、たとえば「年」を意味する語はナワトル語ではxihuitlであるが、ナワト語ではxiguitになる[4]

現在ではピピルの大部分はナワト語を話さない。2008年段階でナワト語話者の数は約200人とされ、UNESCOは「極めて深刻」(critically endangered)な危機に瀕する言語としている[5]

ピピルは後古典期にメキシコの中央高原・南部から移住してきた[6]。スペイン人の到来以前、ピピルはエルサルバドルにクスカトラン英語版王国を作った[7]。1524年にペドロ・デ・アルバラードが到来し、スペイン人に征服されてから伝統的な文化が衰退した。1821年にスペインから独立した後もスペイン系のクリオージョメスティーソが高い地位にあり、先住民の生活はさらに悪化した。さらに1932年のピピル大反乱が鎮圧されて以降、先住民に対する迫害が続いたため、ピピルはナワト語を話さなくなった[8]

1985年にライル・キャンベルによってナワト語の巨大な研究書が出版された。

1992年にエルサルバドル内戦が終結した後、2003年からドン・ボスコ大学 (es:Universidad Don Boscoを中心としてナワト語復興プロジェクトが進められている。しかしナワト語話者がほとんどいないためにまず教師を養成するところから始めなければならず、事業は難航している[9]

脚注編集

  1. ^ Hammarström, Harald; Forkel, Robert; Haspelmath, Martin et al., eds (2016). “Pipil”. Glottolog 2.7. Jena: Max Planck Institute for the Science of Human History. http://glottolog.org/resource/languoid/id/pipi1250 
  2. ^ カステジャノス他(2012) p.15
  3. ^ 小池(1989) p.1483
  4. ^ カステジャノス他(2012) pp.124-125
  5. ^ Pipil, UNESCO Languages Atlas, http://www.unesco.org/culture/languages-atlas/en/atlasmap/language-id-1860.html 
  6. ^ カステジャノス他(2012) p.23
  7. ^ Olson (1991) pp.293-294
  8. ^ カステジャノス他(2012) pp.23-25
  9. ^ カステジャノス他(2012) pp.26-30

参考文献編集

  • Lyle Campbell (1985). The Pipil Language of El Salvador. Berlin: Mouton. ISBN 0899250408 
  • James Stuart Olson (1991). “Pipil”. The Indians of Central and South America: An Ethnohistorical Dictionary. Greenwood Press. pp. 293-294. ISBN 0313263876 
  • 小池佑二「ナワトル語」 『言語学大辞典』 2巻、三省堂、1989年、1479-1485頁。ISBN 4385152160 
  • マリア・カステジャノス、佐野直子、敦賀公子 『たちあがる言語・ナワト語 エルサルバドルにおける言語復興運動』新泉社、2012年。ISBN 9784787712080