メインメニューを開く

ニコニコニュース(英語:Niconico News)とは、株式会社ドワンゴが提供するニュースサイト及び同社のニュース事業である。

ニコニコニュース
URL https://news.nicovideo.jp/
使用言語 日本語
運営者 株式会社ドワンゴ
設立者 株式会社ニワンゴ
編集者 平信一(編集長)[1]
収益 広告収入ほか
設立日 2007年10月10日
現状 ユニークユーザー260万人/月
ページビュー2600万/月
(2012年4月)[2]

目次

概要編集

ニコニコニュースは、ニュースをきっかけにユーザーとのコミュニケーションを楽しむことができるサービスである[3]。約189の配信メディア(2018年7月現在[4])からニュース提供を受けている。niconicoポータルサイトやニコニコニュースのトップページで閲覧することが出来る。コンテンツは「ゲーム・アニメ」「政治・社会」「ビジネス」「海外」「スポーツ」「スポーツ」「エンタメ」「ネット・科学」と7つのカテゴリに分かれている。

読者の半数は高校生以下のようで[5]、そのせいか「トピックス」「かため」「やわめ」というニュース分類も提供している。

ニコニコニュースオリジナルでは、オリジナル記事を製作し、livedoor ニュースエキサイトニュースなど約10のメディアに配信している[6][7][8]。オリジナルコンテンツはニコニコ動画やニコニコ生放送の番組内容を要約した物が多いようである。

動画・生放送編集

主な番組編集

終了番組編集

  • 夕刊ニコニコニュース
  • ニコニコネット調査

歴史編集

ニコニコニュースが始まったのは2007年10月である。「ニコニコ割り込み(ニコ割)」を使って視聴中の動画を強制的に停止し、「マーキーエリア」(電光掲示板)に時報や緊急ニュースをプッシュ配信する試みが始まった[9]。2007年12月からは、ポータルサイトに「開発ニュース」やイベントの告知などの掲載を始めた[10]

ニコニコ動画は2008年9月に発足した麻生内閣の頃から、政治コンテンツを充実し始めた。番組に麻生太郎小沢一郎などの有力政治家が出演したり[11][12]、街頭中継を行ったりした[13]。ニコニコ動画は「ニコ割アンケート」を開発してネット世論調査を行い、結果を番組内やニコニコニュースで発表するようになった[14]。この試みは2009年9月の第45回衆議院議員総選挙でも継続し、視聴者に好評だった[15]

同月発足した鳩山由紀夫内閣記者会見オープン化を行ったので、ニコニコ動画は中央官庁の記者会見や事業仕分けの中継に参加できるようになった。ニコニコニュースなど[16]で募集した視聴者の質問を七尾功が記者会見で代読して、大臣が答える試みもなされた[17][18][19]2010年5月21日衆議院総務委員会放送法改正案審議)からは、ニコニコ生放送による国会中継にも参入。本会議予算委員会決算委員会・その他各種委員会も、NHK以上にフォローする体制を整備した。

第22回参議院議員通常選挙後の2010年10月、ニコニコニュースは大規模なリニューアルを行った。番組の告知を「ニコニコインフォ」に分離し、外部からのニュース配信を受け入れて、より本格的なニュースサイトとしての体制を整えた。朝日新聞の元記者で、J-CASTニュースの副編集長だった亀松太郎が活躍するようになったのも、この頃のようである。亀松は2010年4月に入社し[20]、2011年の東日本大震災の頃には、ニコニコニュースの編集長を名乗るようになった[21]

沿革編集

  • 2006年12月 - ニコニコ動画を開始
  • 2007年10月 - ニコニコ動画が「RC2」にバージョンアップし、動画表示ウィンドウの上部にニコニコニュースを開始[9]。同月、ドワンゴがニコニコ事業本部を設立[22]
  • 2007年12月 - ポータルサイトのトップページをリニューアルし、ニュースコーナーを開始[23]
  • 2008年5月 - ニコニコニュースメーカーを開始[24][25]
  • 2009年5月 - ニコニコニュースメーカーが終了[25]
  • 2009年10月 - ドワンゴが日本インターネット報道協会に加盟した[26]
  • 2010年10月 - 「ニコニコ動画(原宿)」にバージョンアップし、コンテンツを強化して本格的なニュースサイトになった[27]
  • 2010年10月 - ニコニコニュースちゃんねる(ch2525)を開設[28]
  • 2012年5月 - 「夕刊ニコニコニュース」を開始[29]
  • 2017年7月1日 - ニコニコニュース事業の記事コンテンツサービスを株式会社ドワンゴから株式会社大百科ニュース社(同年5月10日設立)に移譲[30]
  • 2019年6月1日 - 株式会社ドワンゴが株式会社大百科ニュース社を吸収合併し、ニコニコニュース事業をドワンゴに集約。

ニコニコインフォ(旧ニコニコニュース)編集

ニコニコ動画関連の告知・お知らせ専用のニュースサイト。基本的にニコニコ動画ニコニコ生放送関連の情報がほとんどである。

これ以外にもニコニコ読物リストが同時リンクされている

ニコニコラム
ニコニコでの流行などをニコニコ動画にアップロードされたものから紹介するサイト。
旧コラムも存在するが、そちらはどちらかといえば現ニコニコ開発者ブログに近い性質の記事が多数存在する。
ニコニコ動画開発者ブログ(新着情報)
ニコニコ動画専門の技術情報・プレイヤーリリース告知等を知らせるサイト。
ニコニコ市場ブログ
ニコニコ市場の売り上げランキングなどニコニコ市場専門のサイト。
ニワンゴニュース
現ニコニコニュースとは別物で携帯サイトを主戦場とした運営会社直属のニュースサイト。PCからも閲覧は可能だが、機能制限はかかっている。

出典編集

  1. ^ ジャンプ「伝説の編集長」がFGO誕生に関わった“黒子”、電ファミニコゲーマー編集長と考えた「ドラゴンボールの見つけ方」”. ITmedia ビジネスオンライン. 2019年5月31日閲覧。
  2. ^ DoubleClick Ad Planner、Unique visitors (users)、日本
  3. ^ ニコニコニュース(ニコニコニュースオリジナル)とは”. 2018年7月23日閲覧。
  4. ^ 配信媒体一覧”. 2018年7月23日閲覧。
  5. ^ doubleclick ad plannerで確認
  6. ^ 提供元一覧”. 2012年4月28日閲覧。
  7. ^ 配信社”. 2012年4月28日閲覧。
  8. ^ ニコニコ動画のニュース媒体『ニコニコニュース(オリジナル)』が、12 月19 日(月)より『mixi ニュース』へ提供開始~オリジナル記事提供メディアは10 媒体に~”. 2012年5月1日閲覧。
  9. ^ a b ニコニコ動画が「RC2」にバージョンアップ、投稿者専用機能など追加”. 2012年4月28日閲覧。
  10. ^ 2007年12月の記事一覧”. 2012年4月28日閲覧。
  11. ^ 麻生太郎氏ついに登場!”. 2012年4月28日閲覧。
  12. ^ 11月3日 生放送に民主党・小沢代表が登場”. 2012年4月28日閲覧。
  13. ^ 麻生首相の街頭演説を突撃生放送”. 2012年4月28日閲覧。
  14. ^ 第1回ニコ割アンケート8万人参加!”. 2012年4月28日閲覧。
  15. ^ 「ニコ動で政治の印象が変わった」約6割”. 2012年4月28日閲覧。
  16. ^ 【終了】9/24生放送 総裁候補者がユーザーの質問に答えます!”. 2012年5月1日閲覧。
  17. ^ 〈メディア激変87〉ネット企業の戦略―3 存在感高めるニコ動”. 2012年4月28日閲覧。
  18. ^ 現場記者の七尾氏が語る! ニコニコ動画が「政治」をやるワケ”. 2012年4月28日閲覧。
  19. ^ ニコニコ式をマネた? 朝日新聞記者、ユーザーの力を借りて質問”. 2012年4月28日閲覧。
  20. ^ メディアリポート【ネット】ニコニコニュースが挑むネットニュースの新しい可能性”. 2012年4月28日閲覧。
  21. ^ テレビが伝えない被災地の現実をジャーナリストが語る!”. 2012年4月28日閲覧。
  22. ^ ドワンゴが組織変更、「ニコニコ事業部」を新設”. 2012年4月24日閲覧。
  23. ^ 「ニコニコ動画」が1周年、トップページリニューアル実施”. 2012年4月28日閲覧。
  24. ^ 「ニコニコ動画(SP1)」公開、専用の動画生成ツールも配布”. 2012年4月28日閲覧。
  25. ^ a b ニコニコ動画、「ニコニコニュースメーカー」を終了”. 2012年4月28日閲覧。
  26. ^ 日本インターネット報道協会にメールしてみた。”. 2012年4月28日閲覧。
  27. ^ 「ニコニコ動画(原宿)」にバージョンアップ--マイページから動画を投稿可能に”. 2012年4月28日閲覧。
  28. ^ 開設されたチャンネル > 2010年10月”. ニコニコチャンネル. 2019年5月31日閲覧。
  29. ^ 「夕刊ニコニコニュース」月~金18時開始”. 2012年6月19日閲覧。
  30. ^ 子会社に対する第三者割当による自己株式の処分に関するお知らせ,カドカワ株式会社,2017年5月25日

外部リンク編集