ドワンゴ

日本のIT企業

KADOKAWA > ドワンゴ

株式会社ドワンゴDWANGO Co., Ltd.)は、日本IT関連企業KADOKAWAの完全子会社。

株式会社ドワンゴ
DWANGO Co., Ltd.
本社が入る歌舞伎座タワー
本社が入る歌舞伎座タワー
種類 株式会社
市場情報
本社所在地
設立 1997年8月6日
業種 情報・通信業
法人番号 7010001052628 ウィキデータを編集
事業内容 ネットワーク・エンタテインメント・サービスおよびコンテンツの企画・開発・運営・配信・コンサルティング
代表者 夏野剛代表取締役社長
資本金 1億円
発行済株式総数 40,810,440株(2013年10月1日現在)
売上高 280億67百万円(2018年3月期)[1]
純利益 53億54百万円(2020年3月期)[2]
純資産 57億18百万円(2020年3月期)[2]
総資産 227億60百万円(2020年3月期)[2]
従業員数 連結:1,273名
(2018年1月1日時点)
主要株主 株式会社KADOKAWA 100%
主要子会社 株式会社スパイク・チュンソフト
株式会社バンタン
関係する人物 横澤大輔(専務取締役)
栗田穣崇(専務取締役、COO)
山中伸一(取締役)
Robert E. Huntley(共同創業者、初代会長)
森栄樹(共同創業者、元代表取締役副社長)
川上量生(創業者、初代代表取締役社長、顧問)
太田豊紀(創業役員、元取締役副社長)
小林宏(元代表取締役社長)
佐藤辰男(元監査役、元取締役)
荒木隆司(元代表取締役社長)
川影幸久(元取締役、顧問)
大井川和彦(元取締役)
松原眞樹(元取締役)
外部リンク https://www.dwango.co.jp/
テンプレートを表示

DWANGOは「Dial-up Wide Area Network Gaming Operation」の頭文字をとったものである。元々は米Interactive Visual Systems(IVS)社が運営していたオンラインゲームサービスの名称であり、IVS社から権利を譲り受けたものである[3]

沿革編集

1994年12月、 Robert E. Huntley(ロバート・E・ハントレー)[注 1]のInteractive Visual Systems社(IVS)によりUSAテキサス州ヒューストンで動画研修やオンラインゲーム接続環境を提供するサービス"DWANGO (Dial-up Wide Area Network Gaming Operation)"として始められた[4]。インターネット普及前でパソコン通信かつWindows3.1をDOSモードで起動して単独で動かさねばならないアプリケーションソフトウェアであったにも関わらず、id Software社の協力を得てDoomに代表される初期の代表的なFPSの対戦を可能にし、翌1995年初頭までには月額8.95$を支払う登録者が一万人を越える好評を博す[5][注 2]

1996年、サービスを日本、韓国、シンガポールに拡張。日本では、株式会社ソフトウェアジャパンが運営権およびマスターフランチャイズ権を取得[6]。しかし、11月にソフトウェアジャパンは倒産。同社に勤めていた川上量生が、ジェイムズ・スパーンの薦めによりIVS社のRobert E. Huntleyと、1997年4月にIVS社の子会社として、有限会社ドワンゴジャパン[注 3]を設立[7][8]

1997年8月、川上量生とRobert E. Huntley[9]、ゲーム作成団体のBio_100%森栄樹[10][11]によりIVS社の子会社として株式会社ドワンゴを設立[12]

1998年、IVS社は、昨年12月より急速に拡大するインターネット市場に対応するためMicrosoft社のInternet Gaming Zoneに参加し、DWANGO Zoneを立ち上げていたが[13][14][15]、DWANGO参加者を増やそうとしたことに起因する技術的問題や、時間課金制を取ったために支持を失い、DWANGOサービスそのものを停止し、資金調達にも失敗して倒産した[16][17]

  • 1997年(平成9年)
    • 8月6日 - コンピュータゲームネットワークの接続サービスを目的として、Interactive Visual Systems Corporation、ランドポート株式会社他3名の出資により、東京都品川区東五反田一丁目10番9号に株式会社ドワンゴ(資本金1700万円)を設立[注 4]
  • 1998年(平成10年)
    • 2月 - 本社を東京都中央区日本橋人形町二丁目13番9号に移転。
    • 10月 - 米国MicrosoftからDreamcast用カスタムWindows CEの日本国内でのサードパーティへの技術サポート業務を受託。
    • 11月 - 有限会社ディシーエル(現 株式会社インフォーエス)、ランドポート株式会社他3名を割当先とした第三者割当増資を実施。
  • 1999年(平成11年)
    • 2月 - 本社を東京都中央区日本橋人形町二丁目14番6号に移転。
    • 8月 - Interactive Visual Systems Corporationより『DWANGO』の全世界における商標、知的所有権、その他すべての権利を譲受。
    • 8月 - 有限会社バイオ百パーセント(旧・有限会社ドワンゴジャパン)、森栄樹、川上量生を割当先とした第三者割当増資を実施。
    • 11月 - i-mode向けゲームサイト「ドワンゴかもね」をサービス開始。第一弾ゲームとして釣りシミュレーションゲーム「釣りバカ気分」の配信を開始。
  • 2000年(平成12年)
    • 4月 - コナミ株式会社、株式会社エヌ・エヌ・エムイー情報流通(現・エヌ・ティ・ティレゾナント株式会社)を割当先とした第三者割当増資を実施。
    • 5月 - Intel Pacific, Incを割当先とした第三者割当増資を実施。
    • 6月 - ネットワークゲームのコンテンツとシステムを統合的に開発することを目的として、株式会社フロム・ソフトウェアと合弁で株式会社フロム・ネットワークスを設立。
    • 6月 - 小林宏が代表取締役社長に、川上量生が代表取締役会長に、森栄樹が代表取締役副社長に就任[18]
    • 8月 - 株式会社イサオ、株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントなどを割当先とした第三者割当増資を実施。
    • 8月 - 株式会社エヌ・ティ・ティエックス(現・エヌ・ティ・ティレゾナント株式会社)、株式会社サイタスマネジメントと共同で、携帯端末向けコンテンツ事業者向けの高付加価値プラットフォーム「XnetBooster」の提供を開始[19]
    • 9月 - 本社を東京都中央区日本橋蛎殻町一丁目39番5号に移転。
    • 11月 - 大阪市西区西本町に大阪開発部を開設。
    • 12月 - アジア市場開拓を目的として、中華民国に多玩國股份有限公司を設立。
  • 2001年(平成13年)
    • 2月 - 資本金を4億4,000万円に増資。
    • 4月 - 携帯電話向けコンテンツ開発・運営を目的として、株式会社コンポジットを設立。
    • 5月 - 携帯電話向けゲームパックサイト「ドワンゴ7」(いろメロゲームズ、携帯ゲーム百選)を開設。
    • 6月 - 株式会社コンポジットとの共同事業でi-mode向け着信メロディサイト「16メロミックス(現・dwango.jp)」の配信を開始。
    • 10月 - 携帯電話向けコンテンツの企画・開発・運営を目的として、株式会社マリアス(現・株式会社エンティス)を設立。
  • 2002年(平成14年)
    • 2月 - 着信ボイス配信サイト「16メロボイス」(後のいろメロと~く、dwango.jpボイス)サービス開始。
    • 5月 - ドイツE-Plusが運営するiモードに「Traders Odyssey」を配信[20]
    • 7月 - 携帯電話コンテンツを軸にしたコンセプトショップ「ドワンゴショップ」を7月18日から8月25日の期間限定で裏原宿にオープン[21]
    • 8月 - Dwango North America, Inc.との商標使用許諾契約および技術ライセンス契約を締結。
    • 11月 - 「40メロミックス(現・dwango.jp)」をはじめとした携帯電話向けコンテンツサービスにおける協業体制の一層の強化を目指し、株式会社コンポジットを完全子会社化。
  • 2003年(平成15年)
    • 2月 - 本社を東京都中央区日本橋浜町二丁目31番1号に移転。
    • 7月 - 東京証券取引所マザーズに株式上場(資本金8億8,625万円)。証券コード 3715
    • 8月 - いろメロミックス(現・dwango.jp)の人気コーナー「アニメロミックス」を独立させ、アニメに特化した着信メロディサイト「アニメロミックス」を開始。
    • 9月 - Dwango North America, Inc.とWoodland Hatchery, Inc. (OTCBB: WLDH)が、株式交換を行い、Woodland Hatchery, Inc. がDwango North America Corp.(別名:Dwango Wireless、OTCBB:DWGN)に商号変更。
    • 11月 - いろメロミックス(現・dwango.jp)にて、着信ボイス&動画が融合したオリジナルムービーが楽しめるサービス「着と~く」を開始
    • 12月 - いろメロミックス(現・dwango.jp)にて、番組形式の情報コーナー「いろメロ生放送」を開始。
  • 2004年(平成16年)
    • 2月 - 次世代携帯電話機向けコンテンツの制作・供給業務を目的として株式会社モバイルコンテンツを設立し、同社を通じて株式会社エクシングと携帯電話機向けのコンテンツの制作と利用に関して提携。
    • 4月 - いろメロミックス(現・dwango.jp)の着うたコーナー「CDサウンド」を独立させ、着うたサイト「いろメロCDサウンド(後のdwango.jpうた)」を開始
    • 8月 - タワーレコード株式会社の株式の一部を取得すると共に、同社及び株式会社NMNLと業務提携。
    • 9月 - 東京証券取引所市場第一部に市場変更(資本金48億6,855万円)。
  • 2005年(平成17年)
    • 2月25日 - いろメロミックス(現・dwango.jp)にて、携帯電話向けのストリーミング放送サービス「パケットラジオ(通称:パケラジ)」を開始。
    • 4月21日 - ゲームソフトウェアの企画・制作・販売を行う株式会社チュンソフト(現・スパイク・チュンソフト)を子会社化。
    • 7月10日 - 文化放送と共同で、アニメソングの祭典「Animelo Summer Live 2005 ‒THE BRIDGE-」を開催。
    • 10月16日 - 株式会社コンポジット(子会社)を吸収合併。
    • 10月28日 - Dwango North America Corp.(別名:Dwango Wireless、OTCBB:DWGN)との商標使用許諾契約および技術ライセンス契約を終了[注 5]
    • 11月14日 - 各種コンテンツや情報サービス等を携帯電話メールを利用して提供するサービスの企画・制作及び供給業務を目的として株式会社ニワンゴを設立。
    • 11月16日 - 株式会社スパイキーから株式を取得し、ゲームソフトウェアの企画・制作・販売を行う株式会社スパイクを子会社化。
    • 12月8日 - 株式会社チュンソフト、株式会社スパイクを子会社とする中間共同持株会社、株式会社ゲームズアリーナを設立。
    • 12月26日 - 音楽著作権の管理を目的として株式会社ドワンゴ・ミュージックパブリッシングを設立。
  • 2006年(平成18年)
    • 1月16日 - 株式会社ニワンゴ、無料メールポータル「ニワンゴ」のサービスを開始。
    • 3月15日 - エイベックス・グループ・ホールディングス(AGHD)と業務・資本提携を開始。AGHDを割当先とする第三者割当増資を実施し、これによりAGHDの関連会社となる。
    • 7月 - 株式会社文化放送、株式会社ピクチャーマジック、株式会社セントラルミュージックとの合弁会社、株式会社AG-ONE(現・MAGES.)を設立。
    • 8月 - 株式会社魔法のiらんどと資本・業務提携。
    • 10月 - モバイル向け広告販売を目的として株式会社スカイスクレイパーを設立。
    • 11月 - アニメ分野に特化した声優・歌手の発掘・育成を目的として株式会社ドワンゴ プランニング アンド ディベロップメントを設立。
    • 12月12日 - 再生中の動画にリアルタイムコメントを付けられる「ニコニコ動画」のサービスを開始。
  • 2007年(平成19年)
    • 1月 - セガ、ドコモ・ドットコム、電通ドットコム、博報堂DYメディアパートナーズからの株式譲渡により、持分法適用関連会社の株式会社モバイルコンテンツを再子会社化。
    • 2月 - レコード制作及び出版管理を行う株式会社evolutionを子会社し、株式会社ドワンゴ・エージー・エンタテインメントに商号変更。
    • 4月 - 第三者割当増資引受により、タクシー手配システムの構築及び手配業務受託を主な事業とする株式会社トランを子会社化。
  • 2008年(平成20年)
    • 1月 - 子会社である株式会社ゲームズアリーナが、新たなブランド追加と企画開発力の強化を目的に、株式会社ティーアンドイーソフトを子会社化。
    • 10月 - 株式会社ヘッドロック、株式会社ブシロード等と共同によるai sp@ce製作委員会が、3D生活空間サービス「ai sp@ce」の正式サービスを開始。
  • 2009年(平成21年)
    • 12月 - 子会社である株式会社ドワンゴ・ミュージックパブリッシングと株式会社ドワンゴ・エージー・エンタテインメントを合併し、商号を株式会社ドワンゴ・ミュージックエンタテインメントに変更。
  • 2010年(平成22年)
    • 4月 - 株式会社ドワンゴ プランニング アンド ディベロップメントが、持分法適用関連会社である株式会社AG-ONEを存続会社とする吸収合併により解散。
    • 10月28日 - 株式会社角川グループホールディングス(現・株式会社KADOKAWA Future Publishing)と電子書籍や各種コンテンツの配信に関して包括業務提携。
  • 2011年(平成23年)
    • 2月 - 株式会社CELLを子会社化。
    • 4月 - アンテナショップ「ニコニコ本社」が原宿にオープン。
    • 6月 - 持分法適用会社である株式会社AG-ONEと株式会社5pb.が合併し、商号を株式会社MAGES.に商号変更。
    • 6月 - 株式会社角川グループホールディングス(現・株式会社KADOKAWA Future Publishing)と業務・資本提携。
    • 6月 - ライブハウス「ニコファーレ」が六本木にオープン。
  • 2012年(平成24年)
    • 1月 - モバイル事業を会社分割し、株式会社ドワンゴモバイルを設立。
    • 2月 - niconico事業のコンシューマーエレクトロニクス分野におけるサービス企画開発業務の強化を目的として株式会社キテラスを設立。
    • 3月 - 株式交換により株式会社CELLを完全子会社化[22]
    • 4月 - 連結子会社の株式会社チュンソフトと株式会社スパイクが合併し、商号を株式会社スパイク・チュンソフトに変更。
    • 4月 - 「ニコニコ超会議」を幕張メッセで開催。
    • 6月 - 株式会社ゲームズアリーナが解散。
    • 12月 - COO最高執行責任者の荒木隆司が代表取締役社長に就任[23]
  • 2013年(平成25年)
    • 1月 - ポータル事業及びライブ事業の一部を株式会社CELLに吸収分割し、株式会社CELLは株式会社ドワンゴコンテンツに商号変更。
    • 3月 - 株式会社スカイスクレイパーの株式の60%を株式会社角川グループホールディングスに譲渡し、合弁会社として商号を株式会社スマイルエッジに変更
    • 3月8日 - AGHDが保有株式の一部を角川グループホールディングスと日本テレビ放送網に売却し、出資比率が15%を下回ったため、同社の関連会社でなくなる。
    • 7月16日 - 本社を中央区日本橋浜町明治座から、中央区銀座歌舞伎座タワーに移転した。
    • 7月29日 - 日本電信電話株式会社と業務提携開始、エイベックス・グループ・ホールディングスからドワンゴ株4.99%取得[24]
    • 12月2日 - 株式会社MAGES.の株式を全取得し完全子会社化[25]
  • 2014年(平成26年)
    • 3月 - 株式会社KADOKAWA、株式会社ハーツユナイテッドグループとの共同出資でゲーム情報サービス会社株式会社リインフォースを設立。
    • 4月1日 - アニメ製作出資事業を分割しMAGES.に統合[26]
    • 5月14日 - 株式会社KADOKAWA(現・株式会社KADOKAWA Future Publishing)との経営統合契約書を締結[27][28]
    • 9月25日 - NagisaWorksが運営していた「i文庫」を譲り受けることを発表[29][30][31]
    • 9月26日 - KADOKAWAと同時に上場廃止。
    • 9月26日 - 日本最大級の読書コミュニティーである「読書メーター」を運営している株式会社トリスタの全ての株式を17億円で取得して、完全子会社化すると発表[32][33]
    • 10月1日 - 株式会社KADOKAWA・DWANGO(現・株式会社KADOKAWA)を設立し、株式移転を実施、同社の完全子会社となる。
    • 10月1日 - 子会社のドワンゴモバイル(子会社)、ドワンゴコンテンツ(子会社)、キテラス(子会社)の3社を吸収合併。
    • 10月 - ドワンゴ 人工知能研究所を設立。
    • 10月 - アンテナショップ「ニコニコ本社」を原宿より池袋に移転。
    • 10月24日 - LINE株式会社のlivedoor Readerに関係する資産を譲り受けることを発表し[34]10月30日付でサービスを移管した後に「Live Dwango Reader(ライブドワンゴリーダー)」と名称を変更することを発表。12月1日付で移管と名称の変更を実施[35]
    • 11月1日 - ドワンゴ・ユーザーエンタテインメント(子会社)を吸収合併。レーベル名は「U&R records」へ変更した。
    • 12月16日 - 株式会社ニワンゴの発行済み全株式を取得し完全子会社化[36]
    • 12月24日 - KADOKAWAとの経営統合をきっかけにした「シナジー事業」の一環として、KADOKAWAアスキー・メディアワークスBCでアスキーブランドのIT技術書発行を手がけてきたハイエンド書籍部の移管を受けるとともに、KADOKAWAとドワンゴの共同技術書レーベル「アスキードワンゴ」を発足させると発表[37]
    • 12月25日 - 株式会社バンタンを完全子会社化[38]
    • 12月 - KADOKAWAとの合弁会社、株式会社スマイルエッジを完全子会社にし、2015年1月ドワンゴに事業移管した上で解散[39]
  • 2015年(平成27年)
    • 1月 - ゲーム大会とゲーム実況の祭典「闘会議2015」を幕張メッセで開催。
    • 7月1日 - カラースタジオポノックと共同で背景美術制作会社株式会社でほぎゃらりーを設立[40]
    • 8月3日 - 株式会社ユビキタスエンターテインメントより、コンピュータグラフィックス研究所「UEIリサーチ(現・ドワンゴCGリサーチ)」を弊社に移管[41]
    • 10月1日 - 株式会社ニワンゴ(子会社)を吸収合併[42]。また、親会社のKADOKAWA・DWANGOが商号をカドカワに変更したことに伴い、経営統合を表現する意味合いでコーポレートロゴのデザインを変更[43]
    • 10月 - 株式会社アニメイトと共同による池袋ハロウィンコスプレフェス実行委員会が、イベント「池袋ハロウィンコスプレフェス2015」を開催[44]
  • 2016年(平成28年)
    • 1月 - 日本電信電話株式会社との共同開発でスマートフォン用イベントアプリ「niconico event+」をリリース
    • 2月12日 - ワタナベエンターテインメントとの合弁によるゲーム実況者等のマネジメント会社として株式会社ワタナベアマダクションを設立[45]
    • 3月18日 - イタリア・ローマのDigitalVideo社が独自開発したアニメーション制作ソフト「Toonz」の買収を発表し、オープンソースソフトウェア「OpenToonz」として改良。
    • 8月1日 - 株式会社リインフォースを吸収合併し、ニュース事業部門と統合。
    • 12月 - NHN PlayArt株式会社との共同ゲームプロジェクト「#コンパス~戦闘摂理解析システム~」を提供開始。
  • 2017年(平成29年)
    • 1月 - 競馬・ゲーム・ネットが融合したプロジェクト「リアルダービースタリオン」を開始。
    • 5月20日 - 自社が主催する将棋叡王戦がタイトル戦に昇格することを発表。新聞社・通信社以外が将棋のタイトル戦を主催するのは史上初となる。
    • 7月1日 - 吸収分割よりニコニコニュース事業の記事コンテンツサービスをドワンゴから株式会社大百科ニュース社(同年5月10日設立。カドカワ株式会社子会社)に移譲[46]
    • 7月2日 - niconicoにおける提供サービスの一つであるニコニコ大百科について、それまで有限会社未来検索ブラジルにより運営が行われてきたニコニコ大百科事業がカドカワ株式会社の普通株式を吸収分割の対価とする三角吸収分割により大百科ニュース社に譲渡される[47][48]。(ドワンゴはニコニコ大百科について大百科ニュース社と共同管理責任者の立場。)
    • 7月3日 - カラー麻生専門学校グループと共同でアニメ・CG制作会社株式会社プロジェクトスタジオQを設立[49]
    • 12月21日 - 川上量生会長が代表取締役を退任し、IT全般の最高責任者として取締役CTOに就任する人事を発表[50]
  • 2018年(平成30年)
    • 2月15日 - カラーとの共同出資で株式会社バカーを設立。
    • 4月1日 - 吸収分割によりニコニコ漫画事業を株式会社トリスタへ継承[51]
    • 4月1日 - 子会社株式会社トリスタの全株式を株式会社ブックウォーカーに譲渡し、カドカワグループの書籍関連サービスを集約[52]
    • 4月5日 - コスプレイヤー専用エージェンシーサービス「COSPLAY AGENCY」を開始[53]
    • 4月16日 - VR向け3Dアバターファイル形式「VRM」を提供開始。
    • 4月16日 - 株式会社インフィニットループと共同開発したVRライブ・コミュニケーションサービス「バーチャルキャスト」を提供開始。東京・品川にモーション収録と生放送が可能な大型モーションキャプチャースタジオを新設。ニコニコ本社「ニコぶくろスタジオ」がバーチャルキャラクター出演に対応[54]
    • 7月27日 - 株式会社インフィニットループと合弁会社株式会社バーチャルキャストを設立。
    • 8月17日 - dwango発(初)のオリジナルIPブランド「IIV」を開始[55]
    • 10月2日 - 株式会社テクテック(子会社)を吸収合併[56]
    • 11月29日 - スマートフォン向けゲームアプリ一生歩けるRPG「テクテクテクテク」を配信開始[57]
    • 12月14日 - 株式会社KADOKAWA・ 株式会社カラー・株式会社インクストゥエンターアソビシステムホールディングス株式会社との共同出資で株式会社リドを設立。
    • 12月18日 - 人工生命観察プロジェクト「ARTILIFE」提供開始[58]
    • 12月25日 - 株式会社S-courtとの共同出資で株式会社カスタムキャストを設立。
  • 2019年(平成31年・令和元年)
    • 2月13日 - 同日付で夏野剛が代表取締役社長に就任[59]
    • 3月29日 - 資本金を1億円に減資[60]
    • 4月1日
      • 株式会社カドカワ吸収分割により株式会社KADOKAWA(初代法人)の子会社となる[61]
      • ドワンゴ人工知能研究所を閉所[62]
      • プロメテック・ソフトウェア株式会社に、コンピュータグラフィックス研究所「ドワンゴCGリサーチ」を譲渡[63]
      • 電撃文庫×niconicoによるPCブラウザゲーム『エンゲージプリンセス』をサービス開始。
      • サイバーエージェントと提携し、niconico内にAbemaTVチャンネルが開設され、同日のAbemaPrimeではドワンゴ社長の夏野がゲスト出演[64]
    • 4月5日 - 子会社の株式会社MAGES.よりアニメロサマーライブ事業を吸収分割にて継承する旨を官報で公告[65]
    • 4月22日 - CG映像制作を行う事業ブランド「TUNEDiD(チューンディッド)」 の開始および、制作スタジオ「TUNEDiD film」、大型モーションキャプチャースタジオ「TUNEDiD studio」を開設[66]
    • 6月1日 - 株式会社大百科ニュース社を吸収合併[67]
    • 7月1日
      • カドカワとKADOKAWA間の吸収分割に伴い、株式会社KADOKAWA(旧・カドカワ。KADOKAWA二代目法人)の子会社となる[68]
      • 電ファミニコゲーマーのゲーム攻略サイト事業「電ファミWiki」を株式会社Gzブレインに、ニュースメディア事業「電ファミニコゲーマー」を平信一が社長を務める株式会社マレにそれぞれ事業移管[69]
    • 7月12日 - 株式会社MAGES.の全株式を志倉千代丸が代表を務める株式会社CHIYOMARU STUDIOに売却[70]
    • 10月 - 株式会社バカーの保有株式を経営陣に売却
    • 12月18日 - ライブビューイング事業を開始[71]
    • 11月1日
      • 新設分割により新設する株式会社リアルタイムビジュアルラボ(現:株式会社LOGIC&MAGIC)に対して、当社の映像制作事業及びバーチャルキャラクター事業に関する権利義務を承継[72]
      • サテライトスタジオ「ハレスタ」が東京・池袋にオープン[73]
  • 2020年(令和2年)
    • 2月 - 結婚相談所「Ncon(エヌコン)」のサービスを開始[74]
    • 4月 - 「ニコニコネット超会議2020」を開催

niconico事業編集

niconico編集

niconico関連ソフト編集

  • N Air
  • niconico(iOS/Android)
  • ニコニコ生放送(iOS/Android)
  • NicoBox(ニコボックス)(iOS/Android)

ゲーム関連事業編集

バーチャルリアリティ事業編集

モバイルコンテンツ事業編集

dwango.jp編集

  • ドワンゴジェイピー - ジャニーズやJ-POPの音楽配信サイト。
  • ビルボード公式
  • K-POP Life
  • ドワンゴジェイピーストア(株式会社ECホールディングスに業務委託)
  • ドワンゴジェイピーnews

animelo mix編集

大相撲編集

ライブ事業編集

運営施設編集

  • ハレスタ

教育事業編集

その他事業編集

  • アスキードワンゴ(IT技術書の出版。発売元KADOKAWA
  • IIV(オリジナルIPブランド)
  • OpenToonz
  • i文庫S(iOS) /i文庫HD(iOS)
  • Re-mo(リーモ)(iOS)[75]

映像制作編集

アニメ企画・制作・製作編集

映画製作編集

音楽出版編集

U&R records編集

発売日 タイトル 規格品番 備考
2014年10月15日 ササノマリイ『シノニムとヒポクリト』 DGUR-10001
2014年12月10日 MASOCHISTIC ONO BAND『Masochistic Over Beat』 DGUR-10003
2015年01月01日 96猫『Brand New...』 DGUR-10002
2015年03月14日 黒田亜津『浪漫主義』 DUED-1014
2015年03月14日 ねじ式『Hydrangean Diva』 DUED-1013
2015年03月14日 鹿乃『グッドハロー』 DUED-1015 商品記載の規格品番はBBCL-0006
2015年07月22日 n-buna『花と水飴、最終電車』 DGUR-10005
2015年08月26日 vip店長『シカクバツ』 DGUR-10006
2015年08月26日 鬱P×赤飯『IDOLATRY』 MSIS-011 MY SONG IS SHITから受託
2015年09月10日 ねじ式『nostalgic diva』 DUED-1127
2015年10月02日 M.S.S Project『M.S.S.Party』 MSSP-1001

MSSP-1002

M.S.S Projectから受託
2015年12月09日 神谷浩史小野大輔『Monster's Show』 DUED-1154
2016年03月09日 『ニコラボ』 DUED-1155
2016年05月25日 M.S.S Project『Egoist Unfair』 MSSP-1003

MSSP-1004

M.S.S Projectから受託
2016年06月14日 ねじ式『Sad Dancer』 DUED-1198
2016年07月06日 n-buna『月を歩いている』 DUED-1174

DUED-1175

2016年09月07日 鬱P『Post-Traumatic Stress Disorder』 MSIS-013 MY SONG IS SHITから受託
2016年11月09日 EasyPop『Web Dance』 DUED-1201
2016年11月15日 ねじ式『TYING THE MOON』 DUED-1202
2017年01月18日 Orangestar『SEASIDE SOLILOQUIES』 DUED-1206
2017年01月18日 Orangestar『未収録OSC』 DUED-1207
2017年02月08日 M.S.S Project『M.S.S.Phantasia』 MSSP-1005 M.S.S Projectから受託
2017年05月17日 バルーン『Marble』 DUED-1227
2017年05月25日 バルーン×有機酸『facsimile』 DUED-1226
2017年06月28日 ヨルシカ『夏草が邪魔をする』 DUED-1223
2017年08月23日 バルーン『Corridor』 DUED-1231
2017年08月30日 HATSUNE MIKU 10th Anniversary Album 「Re:Start」 DUED-1228

DUED-1229

2017年09月06日 鬱P『GARAPAGOS』 MSIS-015 MY SONG IS SHITから受託
2017年09月06日 ねじ式『sissy songs』 DUED-1232
2017年09月27日 ナユタン星人+Sou『ナユタン星への快爽列車』 NYSO-001
2017年12月13日 EasyPop『Self RemiXes』 DUED-1235
2017年12月20日 有機酸『troy』 DUED-1237
2018年01月24日 ねじ式『satellite』 DUED-1238
2018年01月24日 ぬゆり『plotoplan』 DUED-1240
2018年01月31日 須田景凪『Quote』 DUED-1234
2018年02月07日 和田たけあき (くらげP)『わたしが人間になったら』 DUED-1239
2018年02月07日 Omoi『ファーストワルツ』 DUED-1241
2018年03月14日 M.S.S Project『M.S.S.Phoenix』 MSSP-1006
2018年05月09日 ヨルシカ『負け犬にアンコールはいらない DUED-1242

DUED-1243

2018年06月20日 ねじ式『INDICTOR』 DUED-1245
2018年06月27日 中村獅童『超歌舞伎 花街詞合鏡』(Blu-ray Disc) DUED-1252
2018年09月05日 鬱P『GREATEST SHITS』 MSIS-018 MY SONG IS SHITから受託
2018年09月26日 和田たけあき (くらげP)『かおなしスタンプ』 DUED-1253
2018年10月24日 R Sound Design『Replica』 RSDA-01000
2018年11月07日 Omoi『ガーデンツアー』 OCD-0002
2018年11月21日 EasyPop『ジャストフォーユー』 DUED-1254
2018年12月12日 ぬゆり『Outer Sample』 DUED-1262
2018年12月12日 ROOT FIVE『ROOTS』 DUED-1257
DUED-1258
DUED-1260
ソニー・ミュージックマーケティングに委託
2018年12月19日 ユリイ・カノン『Kardia』 DUED-1264
2019年01月16日 ねじ式『INDICTOR』 DUED-1265
2019年02月06日 ドンツーミュージック3 DTM-40003
2019年02月20日 「#コンパス 戦闘摂理解析システム」 オリジナルサウンドトラック Vol.1 DUED-1225
2019年02月20日 「#コンパス 戦闘摂理解析システム」 オリジナルサウンドトラック Vol.2 DUED-1263
2019年04月10日 ヨルシカ『だから僕は音楽を辞めた DUED-1266
DUED-1267
2019年04月24日 M.S.S Project『アスヘノBRAVE』 MSSP-1008 M.S.S Projectから受託
2019年05月22日 syudou『最悪』 DUED-1273
2019年06月05日 ちいたな『アリアノート』 DUED-1274
2019年08月28日 ROOT FIVE『Re:paint』 DUED-1269
DUED-1268
2019年09月11日 DIVELA『ミライコレクション』 MRCL-3939
2019年09月18日 鬱P『RENAISSANCE』 MSIS-019
2019年09月25日 和田たけあき『デッドマン・タイムズ』 DUED-1276
2019年10月09日 ねじ式『nevertheless』 DUED-1275
2019年10月16日 R Sound Design『Delights』 RSDA-21100
2019年12月25日 ちいたな『ASSAULT』 DUED-1277
2020年01月29日 煮ル果実『NOMAN』 NLFR-1
2020年02月05日 ドンツーミュージック4 DTM4-4
2020年02月05日 TaKU.K『189g』 DUED-1278
2020年02月05日 ねじ式『last painter』 DUED-1279
2020年04月29日 アメノセイ『Log』 DUED-1281
2020年08月26日 柊キライ『ヘイトフル』 DUED-1282

終了したサービス編集

  • DWANGO - 対戦ゲーム専用パソコン通信ネットワーク(ゲームサーバー)
  • IWANGO - 対戦ゲーム専用のインターネットサービス(ゲームサーバー)
  • GigaArena - ターン制ネットワークゲームサーバー
  • DWANGO Lobby Center AP[76] - ターン制ネットワークゲームサーバー。「みんなのGOLF オンライン」「オンラインゲームズ 大ぐるぐる温泉」で採用。
  • LobbyCenter RT - P2P通信対応リアルタイム型ゲーム向けサーバー[77]
  • DWANGO ApplicationCenter NE - 最大1000人規模のリアルタイム対戦が可能なゲームサーバー
  • ApplicaitonCenter AD - HTTP通信対応ターン制ゲームサーバー
  • ApplicationCenter MM - Massive Multi Playerゲームサーバー。「クロスゲート」で採用。
  • ApplicationCenter BR - 更新型ゲームサーバー
  • DWANGO MobileBooster - 携帯電話端末向けゲームサーバー
  • DWANGO MessageBooster - インスタントメッセージ機能を提供するツール
  • IPatcher - インターネット経由でクライアントソフトを自動更新するソフト[78]
  • ネットワークRPGメーカー2000[79](ドワンゴ開発)
  • Niconico Live Encoder[80]
  • SmartySmile[81]
  • Live Dwango Reader
  • friends.nico(マストドン)

モバイルサイト編集

モバイルアプリ編集

  • シーマン~待受型人間関係修復保全ペット~[85]
  • ニコルソン(iOS/Android)[86] - 音声コミュニケーションアプリ。
  • niconicoコメントビューア (iOS)
  • nicocas(ニコキャス) (iOS)[87] - ライブ動画配信サービス。
  • にじたび (iOS)[88][89]
  • LOVE LOCK (iOS/Android)[90]
  • ニコニコスマホSDK[91]
  • niconico event+[92] - niconico公式リアルイベントアプリ。
  • ニコルン (iOS) [93]
  • ニコナレ (iOS/Android)[94]
  • 【配信専用】ニコニコ生放送 (iOS/Android)[95]
  • ニコナレ (iOS)
  • ニコニコニュース (iOS/Android)
  • ARTILIFE (iOS/Android)[58] - 人工生命観察プロジェクト。
  • osoba(オソバ) (iOS) - 本田技研工業と共同開発[96]

モバイルゲーム編集

  • 釣りバカ気分[97]
  • 釣りバカ気分 Second Stage
  • 米ポコ[98]
  • 海運ジェネレーション(Traders Odyssey)
  • ドキパクきのこ?![99]
  • キュン!旅ごっこ[100]
  • サムライロマネスク[101]
  • 対戦!がんこ盤[102]
  • 誰でもスパイ気分[103]
  • ドワンゴレーシング(dwango Racing)[104]
  • 梅沢由香里の碁[105]
  • ぐるもじパニック[106]
  • 爆弾掃海艇Z
  • クイズオリオンQ
  • STAR EXCEED(スターエクシード)
  • ジャンプヨン[107]
  • 特捜フーリガン24時
  • 16(いろ)パズ~ル
  • カワグチ探検隊
  • STAR DIVERSION
  • ボムット(BOMBT)
  • ウルティマ オンライン モバイル版
  • I・QUIZ
  • カスタムゾンビ
  • クイズみんなの学園
  • FORMATION ELEVEN
  • いろメロダービー(VictoryHorse Online)
  • カルドセプトモバイル
  • ビジュアルクイズ
  • La.Fay~英雄の卵と魔女~[108]
  • クサカリ村
  • でびるbox
  • メルルーの秘宝[109]
  • 双魔の書
  • ひぐらしのなく頃に 贄捜し編
  • ひぐらしのなく頃に解 心崩し編
  • ひぐらしのなく頃に解 喰荒し編
  • 富竹シャッターチャンス レナ編
  • 富竹シャッターチャンス 梨花編
  • ひぐらし麻雀
  • インストールメアリー[110]
  • ぺそぎんの大冒険
  • リズムビート
  • スノーボード3D
  • Lets!パターゴルフ
  • 悠久の騎士団ONLINE
  • ハイパー消防士-FIREMAN-
  • サムライフィーバ
  • ウッーウッーウマウマ(゚∀゚)
  • フィギュアスケート -Beautiful Spin-
  • 勇者の母親
  • ニコニコの塔(仮)
  • ニコニコ運動会(陸)
  • ニコニコイライラ[111]
  • ゴールデンフィンガー[112]
  • アークファンタズムオンライン[113]
  • 明治東亰恋伽
  • M.S.SPELUNKER[114]
  • 実況!ねこ式戦闘機~激ムズ無料シューティングアクション~[115]
  • ゲーマガ
  • Cafe Cuillere ~カフェ キュイエール~[116]
  • テクテクテクテク[57]

PCゲーム編集

グループ企業編集

連結子会社編集

  • 株式会社スパイク・チュンソフト - ゲームコンテンツの企画・開発・販売・運営。2012年4月に チュンソフトスパイクを吸収合併し、商号変更した。
    • Spike Chunsoft, Inc. - スパイク・チュンソフトの米国現地法人
  • 株式会社バンタン - クリエイティブ分野に特化したスクール運営(全日制・キャリア・高等学院)。
  • 株式会社カスタムキャスト - S-courtとの共同出資会社。3Dアバター作成アプリ「カスタムキャスト」の開発・運営事業。

関連会社編集

過去の関係会社編集

  • 株式会社エンティス
    2001年10月に携帯向けコンテンツの企画運営子会社、株式会社マリアスとして設立。2003年10月、占いサイト「マリー★オリギンのMarry's Angels」の運営終了に伴い株式会社エンティスへ商号変更。2005年(平成17年)8月並びに9月に第三者割当増資を実施し、ドワンゴの出資比率が低下したためにグループから除外。
  • 株式会社コンポジット
    いろメロミックスの共同運営会社。 2005年(平成17年)10月ドワンゴに吸収合併され解散。
  • 株式会社フロム・ネットワークス
    フロム・ソフトウェアとの合弁、ゲームズアリーナ設立の影響で2006年12月に解散し、2007年7月に清算完了。「ストラガーデン」を開発。
  • 株式会社ドワンゴ・エージー・エンタテインメント(レコード会社)
    2007年2月に奥井雅美設立の株式会社evolutionをドワンゴが子会社し、ドワンゴ・エージー・エンタテインメントに商号変更。2009年12月ドワンゴ・ミュージックパブリッシングに吸収合併され解散。
  • 株式会社ドワンゴ プランニング アンド ディベロップメント
    子会社。「ドワンゴクリエイティブスクール」と「ドワンゴアーティストプロダクション」の運営会社。2010年(平成22年)4月にAG-ONE(現MAGES.)に吸収合併され解散。
  • ai sp@ce製作委員会
    子会社。ドワンゴ、ヘッドロックブシロードビジュアルアーツサーカスが出資。2011年(平成23年)9月期に解散。
  • 株式会社5pb.(レコード会社・ゲーム会社)
    持分法適用関連会社(間接出資)。2011年(平成23年)6月にAG-ONEに吸収合併され解散(AG-ONEは合併時に、MAGES.に商号変更)。
  • 株式会社スパイク(ゲーム会社)
    2012年4月にチュンソフトに吸収合併され解散。
  • 株式会社ゲームズアリーナ
    2012年6月解散。
    • ゲームズアリーナ有限責任事業組合1号
      2008年(平成20年)4月ごろ解散。「アミーゴ・アミーガ」の開発。
    • ゲームズアリーナ有限責任事業組合2号
      2011年(平成23年)9月期に解散。「Blade Chronicle: Samurai Online」の開発。
  • 株式会社ティーアンドイーソフト(ゲーム会社)
    2013年1月7日株式会社スパイク・チュンソフトに吸収合併され解散。
  • 株式会社トラン(タクシー予約サイト)
    2005年(平成17年)10月傘下入り、2007年(平成19年)4月子会社化。2008年(平成20年)6月30日付で同社取締役に全保有株式を譲渡。現在はモバイルクリエイト株式会社の子会社。
  • 株式会社魔法のiらんどケータイ小説の大手)
    2007年(平成19年)3月に持分法適用関連会社とする。2009年(平成21年)9月期に他社に対する第三者割当増資が実施され、ドワンゴの出資比率が低下したためにグループから除外(最終的に全資本が引き上げられ、アスキー・メディアワークス(現・KADOKAWA)傘下となり、2011年(平成23年)1月に同社に吸収合併され消滅)。
  • 株式会社Realize Records(レコード会社)
    役員の太田豊紀が100%株式を所有していたり、同社所属の高橋直純がドワンゴ プランニング アンド ディベロップメントと契約していた(吸収合併したAG-ONEとは契約していない)などの理由から、一時的に非連結子会社としていた時期がある。
  • 株式会社ホーゲット(ゲーム会社)
    非連結子会社としていた時期がある。旧・ゲームズアリーナグループ。2008年8月に全株式を譲渡。
  • 株式会社モバイルコンテンツ
    2004年(平成16年)2月に子会社として設立。2007年(平成19年)1月に再び子会社となったが、2013年(平成25年)2月に解散。新作CD等の情報を携帯電話向けコンテンツとして配信するツール「モバイルコンテンツウィンドウ」の運営会社[117]
  • 多玩國股有限公司
    台湾子会社。2013年(平成25年)9月に解散。
  • Nico Nico Inc.
    米国子会社。2014年(平成26年)1月に清算[118]。同社のCEOだったジェイムズ・スパーンが設立していたNico Nico Douga, Incとは別会社である。
  • 株式会社ドワンゴモバイル
    携帯向けコンテンツの企画運営子会社。2014年10月1日付でドワンゴに吸収合併され解散。
  • 株式会社ドワンゴコンテンツ
    生放送番組等の制作・運営子会社。旧・CELL。横澤大輔が創業。2011年2月子会社化。2014年10月1日付でドワンゴに吸収合併され解散。
  • 株式会社キテラス
    コンシューマーエレクトロニクス向けネットワークサービスの企画・開発子会社。2014年10月1日付でドワンゴに吸収合併され解散。
  • 株式会社ドワンゴ・ユーザーエンタテインメント(レコード会社)
    子会社。旧・ドワンゴ・ミュージックパブリッシング、旧・ドワンゴ・ミュージックエンタテインメント。2014年11月1日付でドワンゴに吸収合併され解散。
  • 株式会社スマイルエッジ
    株式会社スカイスクレイパーとして設立後、角川グループホールディングスが資本参加したことに伴い社名変更[119]。KADOKAWAとの経営統合が行われたのを機にドワンゴの完全子会社化した後、広告営業業務をドワンゴに移管し解散。2015年7月に清算完了。
  • 株式会社ニワンゴ
    メールポータルやニコニコ動画を運営する子会社。2015年10月1日付でドワンゴに吸収合併され解散。
  • 株式会社N塾
    株式会社ビビッド(坪田塾)との合弁会社。2017年7月26日付で清算。
  • 株式会社トリスタ
    2014年10月に子会社化。2018年4月に同じカドカワグループの株式会社ブックウォーカーに譲渡。
  • 株式会社F'smile
    非連結子会社。インターネットを活用したタレントの発掘やプロデュースを行っていた。2018年4月清算。
  • 株式会社テクテック
    子会社。ゲーム「テクテクテクテク」の開発。2018年10月2日付でドワンゴに吸収合併され解散。
  • 株式会社リド
    関連会社。2019年に解散[120]
  • 株式会社ワタナベアマダクション
    50%出資のワタナベエンターテインメントとの合弁会社。ゲーム実況者をはじめとするネットタレントのマネジメント。2019年に解散[120]
  • 株式会社MAGES.
    2011年6月にAG-ONE5pb.を吸収合併し、商号変更。2019年7月に志倉千代丸によるMBOにより独立。現在はコロプラの完全子会社。
    • 株式会社MAGES.Lab
      株式会社MAGES.の子会社。
  • 株式会社バカー
    カラーとの共同出資会社。「ゲームマガジン」を運営。2019年10月にMBO

提供番組(終了したものを含む)編集

話題編集

  • 2005年(平成17年)7月から、2ちゃんねるアスキーアートと、アダルトゲームブランド「PSYCHO」の巫女みこナースのテーマ曲を起用したCMを展開した。また、2ちゃんねる発祥の「ちんこ音頭」という猥歌(インストゥルメンタル)までCMに起用した。このCM中のナレーションは当時の2ちゃんねるとニコニコ動画管理人である西村博之の声である。なお、西村はドワンゴの社員ではない。
  • 2007年2月、 2ちゃんねるのスレッド上に於いて「2ちゃんねらー限定」とした求人活動を行ったことで話題となる。この結果、4月に3名を正社員として採用したが、採用予定の10名に達しないことから再度募集を開始している。採用条件は17歳から22歳まで(再募集の際に0x17〜0x22歳(16進数)を追加)かつ、中卒または高卒のみ(大学在学者は卒業の意志がないこと)というものだった[121]
  • 2007年12月17日、ニコニコ動画で流行した初音ミクを使ったオリジナル曲をJASRACに登録していたことが話題になる[122]。この登録において、初音ミクの販売元であるクリプトン・フューチャー・メディアの規定した、「登録するアーティスト名は作成者と初音ミクの名前を併記する」という条件を無視し、「初音ミク」だけで登録されていた。アーティスト名の登録の修正はおこなわれたが、さらに着うた配信について、作者との契約がないまま行われたなどという内容の掲示板の書き込みが話題になっている[123]ことなどについて、両者それぞれが提供サービスブログ・自社事業部ブログのブログエントリおよびコメントで反論しあう事態となった。この際ドワンゴとの縁があった人物が解決策を提案、作品を公開、動画投稿サイトに投稿したとされる。 2007年(平成19年)12月25日には ドワンゴから「着うた配信及び今後の協業に関する共同コメント」を発表した。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 愛称は"bob"。のちの株式会社ドワンゴ初代取締役会長。現・Mason Software CompanyCEO
  2. ^ DWANGOの優位性は、この様な射撃対戦では一瞬でも早い通信環境が求められたのに対し、当時internet経由での対戦では通信に遅れが出たのを、直接サーバーに接続することで遅延を減らす点にあった。最初に配布されたのはHereticシェアウェア版に同梱して。ヒューストンまで電話回線で繋げなければならなかったにも関わらず、イタリアやオーストラリアから接続する者さえいた。
  3. ^ 株式会社ドワンゴとは別会社。1998年に有限会社バイオ百パーセント、2003年に有限会社パーセントに商号変更。2012年に清算結了。
  4. ^ 新株式発行並びに株式売出届出目論見書 平成15年6月、52頁
  5. ^ Dwango North America, Inc.親会社であるDwango North America Corp.(旧・Woodland Hatchery,Inc.)は、平成17年12月12日付でDijii Corporationに社名変更しその後清算(株式会社ドワンゴ、第9期&第10期有価証券報告書)

出典編集

  1. ^ 株式会社ドワンゴ 第22期決算公告(平成29年4月1日 ‐ 平成30年3月31日) (PDF, 株式会社ドワンゴ 2018年7月3日)
  2. ^ a b c 株式会社ドワンゴ 第24期決算公告(2019年4月1日 ‐ 2020年3月31日) (PDF, 株式会社ドワンゴ 2020年6月25日)
  3. ^ ASCII.jp:米DWANGO創始者・ボブさんが語る「ドワンゴ誕生秘話」
  4. ^ Silverman, Dwight (December 2, 1997). "Dwango coming to a Microsoft Web site near you". Houston Chronicle.
  5. ^ [1]』 Ziff Davis (October 22, 1996) p339
  6. ^ 7月より対戦ゲーム専用パソコン通信「DWANGO」サービス開始”. PC Watch (1996年6月12日). 2012年5月6日閲覧。
  7. ^ ASCII.jp:米DWANGO創始者・ボブさんが語る「ドワンゴ誕生秘話」 (2/2)
  8. ^ 『ニコニコ動画が未来をつくる ドワンゴ物語』
  9. ^ co-founder/chairman Dwango Co. Ltd.
    August 1997 – December 2001 (4 years 5 months)
    Robert E. Huntley along with partner Nobou Kawakami, co-founded Dwango Co., Ltd. (Nikkei Traded Stock #3715)
  10. ^ 変更報告書No.2 森栄樹 平成20年2月12日提出【保有目的】「発行会社の創業者であり」
  11. ^ 永井美智子 (2007年12月14日). “ネットの住人が心地良い居場所を作りたい--「ニコニコ動画」を生み出した企業文化”. 2007年12月14日閲覧。
  12. ^ Interactive Visual Systems社、日本法人設立と「DWANGO」のサービス開始を発表”. impress. 2019年1月8日閲覧。
  13. ^ Microsoft Unveils First Premium Games For Its Internet Gaming Zone” (英語). Stories (1997年6月16日). 2020年1月14日閲覧。
  14. ^ It takes two to Dwango - Houston Business Journal
  15. ^ In the Zone - DWANGO Zone offer
    DWANGO Zone To Be Featured on Microsoft's Internet Gaming Zone
  16. ^ Dwango Dies - IGN
  17. ^ Dwango has new game plan as public company - Houston Business Journal
  18. ^ ドワンゴの社長が交代,小林宏氏が新社長に”. Softbank Publishing. 2018年6月2日閲覧。
  19. ^ NTT-Xなどがデータセンター型のサービスを提供”. itmedia. 2019年1月3日閲覧。
  20. ^ ドワンゴ、ドイツ版iモードに参入、第一弾は「Traders Odyssey」”. impress. 2019年1月11日閲覧。
  21. ^ ドワンゴショップが裏原宿にオープン”. itmedia. 2019年1月4日閲覧。
  22. ^ 簡易株式交換による連結子会社の完全子会社化に関するお知らせ”. マジカルポケット. 2019年7月11日閲覧。
  23. ^ ドワンゴ 荒木隆司COOが代表取締役社長に就任”. musicman-net. 2018年6月2日閲覧。
  24. ^ NTTとドワンゴが映像&ソーシャルサービスの高度化に関する業務提携を開始”. NTT 公式ホームページ (2013年7月29日). 2014年3月23日閲覧。
  25. ^ 株式会社MAGES.の100%子会社化に関するお知らせ - 株式会社ドワンゴ(2013年12月2日)、2013年12月8日閲覧
  26. ^ ドワンゴ、アニメ製作出資事業を分割 ゲーム・音楽事業のMAGES.と統合、アニメ!アニメ!、2014年2月23日
  27. ^ 株式会社ドワンゴと株式会社KADOKAWAとの統合契約書の締結及び株式移転計画書の作成について (PDF)” (2014年5月14日). 2014年5月14日閲覧。
  28. ^ ドワンゴとKADOKAWA、経営統合を発表 新会社「KADOKAWA・DWANGO」10月設立”. ITmedia (2014年5月14日). 2014年5月14日閲覧。
  29. ^ 株式会社NagisaWorksの「i文庫」に係る資産譲受に関するお知らせ (PDF)”. ドワンゴ (2014年9月25日). 2014年9月27日閲覧。
  30. ^ “ドワンゴ、電子書籍ビューワー「i文庫」取得 開発者は電子書籍チームに”. ITmedia. (2014年9月26日). https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1409/25/news144.html 2014年9月27日閲覧。 
  31. ^ 盛田 諒 (2014年9月25日). “ドワンゴ「i文庫」取得 電子書籍を強化”. ASCII.jp. https://ascii.jp/elem/000/000/937/937009/ 2014年9月27日閲覧。 
  32. ^ “ドワンゴ、読書メーターのトリスタを17億円で取得”. ITmedia. (2014年9月26日). https://www.itmedia.co.jp/ebook/articles/1409/26/news148.html 2014年9月27日閲覧。 
  33. ^ 株式会社トリスタの株式取得による完全子会社化に関するお知らせ (PDF)”. ドワンゴ (2014年9月26日). 2014年9月27日閲覧。
  34. ^ LINE 株式会社の「livedoor Reader」に係る資産譲受に関するお知らせ (PDF)”. 株式会社KADOKAWA・DWANGO (2014年10月24日). 2014年10月30日閲覧。
  35. ^ 【重要】livedoor Reader 運営元変更のお知らせ” (2014年12月1日). 2015年1月7日閲覧。
  36. ^ 当社子会社(株式会社ドワンゴ)による株式会社ニワンゴの完全子会社化に関するお知らせ (PDF)”. KADOKAWA・DWANGO (2014年11月13日). 2014年11月13日閲覧。
  37. ^ ドワンゴ、IT技術書出版新ブランド「アスキードワンゴ」を設立、週アスPlus、2014年12月24日
  38. ^ 当社子会社(株式会社ドワンゴ)による株式会社バンタンの株式の取得(完全子会社化)に関するお知らせ (PDF)”. KADOKAWA・DWANGO (2014年11月13日). 2014年11月13日閲覧。
  39. ^ 当社連結子会社(株式会社スマイルエッジ)解散のお知らせ (PDF)”. KADOKAWA・DWANGO (2014年11月13日). 2014年11月13日閲覧。
  40. ^ ドワンゴ・カラー・ポノックの3社による 背景美術会社設立、株式会社ドワンゴ、2015年7月31日
  41. ^ コンピュータグラフィックス研究所「UEIリサーチ」移管のお知らせ”. 株式会社ドワンゴ. 2019年1月4日閲覧。
  42. ^ ドワンゴ、ニワンゴを吸収合併,ITmedia,2015年8月31日
  43. ^ ドワンゴ、企業ロゴのデザインを変更 - カドカワとの経営統合を表現、マイナビニュース、2015年10月1日
  44. ^ 「池袋ハロウィンコスプレフェス2015」イベント詳細決定!~コスプレイヤーが池袋から未来を変える!豊島区長もコスプレで参加~|株式会社ドワンゴ”. dwango. 2019年1月8日閲覧。
  45. ^ ドワンゴとワタナベエンタがマネジメント会社「ワタナベアマダクション」設立 ~ニコニコで活躍するゲーム実況者らをプロデュース~、株式会社ドワンゴ、2016年3月9日
  46. ^ 子会社に対する第三者割当による自己株式の処分に関するお知らせ、カドカワ株式会社、2017年5月25日
  47. ^ 子会社に対する第三者割当による自己株式の処分に関するお知らせ (PDF)”. カドカワ (2017年5月25日). 2018年7月23日閲覧。
  48. ^ ニコニコ大百科の運営元が大百科ニュース社へ変更されました”. ドワンゴ (2017年7月3日). 2018年7月23日閲覧。
  49. ^ ドワンゴ × カラ― × 麻生専門学校グループ アニメ・CG制作会社「スタジオQ」を福岡に設立、株式会社ドワンゴ、2017年7月12日
  50. ^ ドワンゴ・川上量生会長の退任を発表、ねとらぼ、2017年12月21日
  51. ^ 官報平成30年2月27日(本紙第7211号)24頁
  52. ^ ブックウォーカーがトリスタを子会社化”. PR TIMES. 2018年4月2日閲覧。
  53. ^ コスプレイヤーと企業を繋ぐコスプレイヤー専用エージェンシーサービス~「COSPLAY AGENCY」開始~”. 株式会社ドワンゴ. 2018年4月30日閲覧。
  54. ^ ~ドワンゴのVR事業に関するお知らせ~”. 株式会社ドワンゴ. 2018年4月30日閲覧。
  55. ^ ドワンゴ発のオリジナルIPブランド「IIV」誕生”. 株式会社ドワンゴ. 2018年8月20日閲覧。
  56. ^ 合併公告”. 株式会社ドワンゴ. 2018年9月3日閲覧。
  57. ^ a b スマートフォン向け新作ゲームアプリ “一生歩けるRPG”「テクテクテクテク」配信開始 「牧場」や「レイドバトル」など今後のアップデート予定を発表”. 株式会社ドワンゴ. 2019年1月3日閲覧。
  58. ^ a b 人工生命観察プロジェクト『ARTILIFE』本日提供開始”. 株式会社ドワンゴ. 2019年1月3日閲覧。
  59. ^ 特別損失の計上及び通期業績予想の修正、グループ経営体制刷新に伴う会社分割の実施、孫会社の異動、並びに代表取締役及び取締役の異動に関するお知らせ”. カドカワ. 2019年2月13日閲覧。
  60. ^ ドワンゴが減資 資本金を105億円減らして1億円に、Social Game Info、2019年2月25日
  61. ^ 特別損失の計上及び通期業績予想の修正、グループ経営体制刷新に伴う会社分割の実施、孫会社の異動、並びに代表取締役及び取締役の異動に関するお知らせ (PDF)”. カドカワ (2019年2月13日). 2019年3月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月16日閲覧。
  62. ^ 「ドワンゴ人工知能研究所」が閉鎖”. ITmedia NEWS. 2019年4月1日閲覧。
  63. ^ コンピュータグラフィックス研究所 「ドワンゴCGリサーチ」移管のお知らせ”. ドリームニュース. 2019年4月1日閲覧。
  64. ^ niconicoとAbemaTVが協業 「国内で競争している場合ではない」” (日本語). ITmedia NEWS. 2019年3月28日閲覧。
  65. ^ 官報 平成31年4月5日(第7482号)30頁 吸収分割公告
  66. ^ 3DCGアニメスタジオ「TUNEDiD film」始動カメラ54台 都内最大級のモーションキャプチャースタジオ「TUNEDiD studio」もオープン”. 株式会社ドワンゴ. 2019年4月29日閲覧。
  67. ^ 官報 平成31年4月5日(第7482号)29頁 合併公告
  68. ^ 会社分割(簡易吸収分割)の実施、商号変更及び定款一部変更、並びに代表取締役及び役員の異動に関するお知らせ”. E-IR. プロネクサス. 2019年5月20日閲覧。
  69. ^ 電ファミニコゲーマー:事業移管のお知らせ”. 電ファミニコゲーマー. 2019年6月30日閲覧。
  70. ^ 株式会社MAGES. マネジメント・バイアウト(MBO)実施のお知らせ”. PR TIMES. 2019年7月26日閲覧。
  71. ^ ドワンゴ、ライブビューイング事業に参入! 第1弾は韓国の5人組ボーイズグループ“AB6IX"のSPファンミ!”. Social Game Info. 2020年6月25日閲覧。
  72. ^ ドワンゴ、新設分割公告を官報に掲載 映像制作とバーチャルキャラクター事業に関する権利を新設する会社に継承”. オタク産業通信. 2020年1月14日閲覧。
  73. ^ VTuberやアイドルに会える「ハレスタ」池袋に。バイノーラルで声優ボイス体感”. AV Watch. 株式会社インプレス (2019年11月1日). 2020年1月14日閲覧。
  74. ^ ドワンゴ、サブカル好き男女を結ぶ結婚相談所「Ncon(エヌコン)」”. AV Watch. 株式会社インプレス (2020年2月27日). 2020年6月28日閲覧。
  75. ^ 株式会社インプレス (2020年9月4日). “ドワンゴが無料通話アプリ「Re-mo」公開。「生活シーンを共有」” (日本語). Impress Watch. 2020年9月6日閲覧。
  76. ^ ドワンゴが通信ゲーム用システム8ラインを発表”. itmedia. 2019年1月4日閲覧。
  77. ^ サイベースとドワンゴが次世代エンターテイメントで協業”. www.itmedia.co.jp. 2019年1月8日閲覧。
  78. ^ ドワンゴ、大規模ユーザー数の通信ゲーム用システムを発表”. ascii.jp. 2019年1月4日閲覧。
  79. ^ ネットワークRPGメーカー2000”. www.4gamer.net. 2019年1月4日閲覧。
  80. ^ 【11/30更新】Niconico Live Encoderのニコニコ生放送への接続終了について”. ニコニコインフォ. 2019年4月29日閲覧。
  81. ^ もう俺得情報を見逃さない!ドワンゴの新ソーシャルカレンダー『SmartySmile』”. 週刊アスキー. 2019年1月11日閲覧。
  82. ^ ドワンゴ、「いろメロゲームズ」を「携帯ゲーム百選」に名称変更。第1弾「カルドセプト モバイル アナザーチャプター」を配信”. GAME Watch. 2020年1月14日閲覧。
  83. ^ 「ドワンゴセブン」が「いろメロゲームズ」に名称変更” (日本語). ITmedia Mobile. 2020年1月14日閲覧。
  84. ^ ASCII. “ドワンゴ、携帯電話向けのラジオ放送サービス“パケットラジオ”を発表――音楽、グラビア、格闘技などの情報番組を配信” (日本語). ASCII.jp. 2020年1月14日閲覧。
  85. ^ ドワンゴ、シーマンを待受画面で飼える504i用エージェントアプリ”. impress. 2019年1月8日閲覧。
  86. ^ 音声でニコニコ的ライブ/非同期コミュニケーション ドワンゴがiPhoneアプリ「ニコルソン」” (日本語). ITmedia NEWS. 2019年4月29日閲覧。
  87. ^ ドワンゴ「ニコキャス」早くも終了 「出すのは早すぎた」「出直してまいります」”. ITmedia NEWS. 2019年4月29日閲覧。
  88. ^ アニメファンの“聖地巡礼”をサポートするアプリ『にじたび』。世界展開も視野にGoogle Maps API for Work を導入!”. Google. 2020年1月14日閲覧。
  89. ^ 『のうりん』関係者激白。コラボの実情と思わぬ波及効果とは?【アニ×サカ特集】” (日本語). [J論] - これを読めばJが見える Jリーグ系コラムサイト (2015年8月18日). 2020年1月14日閲覧。
  90. ^ 大切な人との「時間」「場所」「思い出」を、メッセージと写真を添えて地図上で共有できるアプリ「LOVE LOCK」が配信スタート”. PR TIMES. 2018年5月17日閲覧。
  91. ^ 「ニコニコスマホSDK」がニコ生に対応、ゲームアプリの実況機能などに活用可能”. INTERNET Watch. 株式会社インプレス (2015年4月16日). 2019年4月29日閲覧。
  92. ^ 公式リアルイベントアプリ【niconico event+】リリース”. ドワンゴ. 2018年5月17日閲覧。
  93. ^ イベントや生放送の“打ち上げ”はアプリ上で niconicoのチャットアプリ「ニコルン」リリース” (日本語). ITmedia NEWS. 2020年1月14日閲覧。
  94. ^ プレゼン共有サービス「ニコナレ」 音声付きでスライド投稿、聞きながらコメントも” (日本語). ITmedia NEWS. 2020年1月14日閲覧。
  95. ^ ニコニコ生放送の配信アプリをリリース”. ニコニコインフォ. 2019年4月29日閲覧。
  96. ^ ホンダ、初音ミクとドライブ感覚が味わえるアプリ「osoba」--車両情報を発話で提供” (日本語). CNET Japan (2018年11月15日). 2020年9月6日閲覧。
  97. ^ ドワンゴ、iモード対応の釣りゲームを提供開始”. KADOKAWA. 2017年8月19日閲覧。
  98. ^ iモードサイト「ドワンゴかもね」でカラー対応の新ゲーム2本”. impress. 2019年1月3日閲覧。
  99. ^ iモードでキノコ狩りゲーム”. 株式会社インプレス. 2017年8月19日閲覧。
  100. ^ iモードサイト「ドワンゴかもね」に新ゲーム”. 株式会社インプレス. 2017年8月19日閲覧。
  101. ^ Java搭載iモードではこんなことができる!ドワンゴ「サムライロマネスク」”. アイティメディア株式会社. 2017年8月19日閲覧。
  102. ^ ドワンゴ、iアプリの対戦ゲーム「対戦!がんこ盤」など”. 株式会社インプレス. 2017年8月19日閲覧。
  103. ^ ドワンゴ、J-スカイの「ステーション」でスパイゲーム開始”. .impress. 2019年1月4日閲覧。
  104. ^ ドワンゴ7にミニゲーム集追加、第1弾はレースゲーム”. 株式会社インプレス. 2018年5月26日閲覧。
  105. ^ ドワンゴ、iアプリで囲碁が楽しめる「梅沢由香里の碁」”. 株式会社インプレス. 2018年5月26日閲覧。
  106. ^ ドワンゴ、「ゲームスタジアム」にパズルゲームを追加”. 2019年1月4日閲覧。
  107. ^ コンポジット、EZweb用ゲームコンテンツを開始”. 株式会社インプレス. 2018年5月26日閲覧。
  108. ^ 異世界に召喚された少年の成長を描くRPG『La.Fay~英雄の卵と魔女~』が配信”. www.famitsu.com. 2019年1月3日閲覧。
  109. ^ ドワンゴ、iモード「メルルーの秘宝」を配信”. 株式会社インプレス. 2018年5月26日閲覧。
  110. ^ 「ケータイの中にロボット彼女、たまに“萌え”発言」、そんなiアプリ登場”. ITmedia Mobile. 2019年1月3日閲覧。
  111. ^ ニコニコ動画の「ニコニコイライラ」がiPhoneで遊べる”. 角川アスキー総合研究所. 2018年5月26日閲覧。
  112. ^ ロボシューティングなど,ついアツくなること請け合いの3作品”. www.4gamer.net. 2019年1月3日閲覧。
  113. ^ i-mode用MMORPG「アークファンタズムオンライン」のオープンβテストがついに始まる。携帯電話を片手に冒険に挑もう”. 4gamer.net. Aetas Inc. 2020年1月14日閲覧。
  114. ^ 「スペランカー」とM.S.S Projectがコラボしたスマホアプリ「M.S.SPELUNKER」が登場”. www.4gamer.net. 2019年1月3日閲覧。
  115. ^ ニコ生のコメントがプレイヤーの邪魔をするシューティングゲームアプリ「実況!ねこ式戦闘機」10月21日より配信開始”. ドワンゴ. 2018年5月26日閲覧。
  116. ^ ドワンゴ、『Cafe Cuillere ~カフェ キュイエール~』のサービスを2019年3月28日をもって終了”. Social Game Info. 2019年3月31日閲覧。
  117. ^ ケツメイシのニューシングル「涙」、着メロ・着うた先行配信”. ITmedia Mobile. 2019年1月3日閲覧。
  118. ^ カドカワ株式会社有価証券報告書第2期 (PDF)
  119. ^ 株式会社角川グループホールディングスと株式会社ドワンゴによる広告に関わる合弁事業展開の基本合意に関するお知らせ (PDF)
  120. ^ a b 官報 平成31年4月15日(号外第77号)40頁 解散公告
  121. ^ 三柳英樹 (2007年4月6日). “ドワンゴが2ちゃんねる上の求人で3人を採用、追加募集も開始”. 2008年1月16日閲覧。
  122. ^ 松尾公也 (2007年12月17日). “CloseBox and OpenPod > 初音ミク、JASRACデビュー : ITmedia オルタナティブ・ブログ”. 2008年1月16日閲覧。
  123. ^ ITmedia News (2007年12月21日). “「初音ミク作品」契約をめぐりドワンゴ・クリプトンが説明”. 2008年1月16日閲覧。

参考文献編集

  • ブラッド・キング,ジョン・ボーランド 『ダンジョンズ&ドリーマーズ』 ソフトバンククリエイティブ 2003年12月21日 pp194-213
  • 佐々木俊尚 『ニコニコ動画が未来をつくる ドワンゴ物語』 アスキー・メディアワークス 2009年10月9日 ISBN 978-4048679992

関連項目編集

  • セガラリー2 - ドリームキャスト版がドワンゴの通信サーバシステムを採用。

外部リンク編集