メインメニューを開く

ニコラウ・デ(ジ)・フィゲイレド(Nicolau de Figueiredo,1960年 - 2016年 )はブラジルサンパウロ出身のチェンバロオルガン奏者。心臓発作のため生地サンパウロで死亡。[1]

ピアノ、オルガン、チェンバロ、室内楽を学んだ後、ヴェネツィアクリソンジュネーヴでオルガンをライオネル・ロッグ、チェンバロをケネス・ギルバートクリスティアヌ・ジャコテに師事した。1984年ナント国際チェンバロコンクールで優勝。その後グスタフ・レオンハルトスコット・ロスに教えをうけている。ヴォーカル・コーチとしてルネ・ヤコーブスオペラ・プロダクションに参加する他、ソロ活動も行った。

1990年 - 2000年にはバーゼル・スコラ・カントルムオペラバロック音楽解釈を教え、2004年 - 2007年にはパリ音楽院チェンバロ科の教授として在籍。

指揮者としても活躍し、2011年にはセビリア・バロック・オーケストラを指揮してカウンター・テナー歌手のカルロス・メーナと共にドメニコ・スカルラッティの作品を録音した。

脚注編集