ニシオジロビタキ

ニシオジロビタキ(西尾白鶲、学名:Ficedula parva)はスズメ目ヒタキ科ノビタキ亜科に分類される鳥類の一種である。

ニシオジロビタキ
ニシオジロビタキ
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
: ヒタキ科 Muscicapidae
: キビタキ属 Ficedula
: ニシオジロビタキ F. parva
学名
Ficedula parva
(Bechstein, 1792)
和名
ニシオジロビタキ
英名
Red-breasted flycatcher

分布編集

ヨーロッパ東部で繫殖し、冬期は中東インドへ渡り越冬する。

日本では稀な旅鳥または冬鳥として全国各地で観察されているがほとんどが雌か若鳥とされている。

形態編集

全長約12cm。 近似種のオジロビタキに酷似しているが本種は下嘴が淡黄褐色である点、上尾筒が灰色である点、成鳥雄の場合は喉から胸の橙色がぼんやりと広がっている点などで識別できるとされる。

生態編集

主に落葉樹林に生息し樹洞などに枯葉や草で巣を作り、5~6月に4~7個の卵を産む。

近似種編集

オジロビタキ 英名 Taiga flycatcher (学名:F.albicilla)

ロシア東部からシベリアモンゴルまでのユーラシア北部で繫殖し中国や東南アジア、南アジア方面に渡り越冬する。

日本では稀な旅鳥または冬鳥として観察されるがニシオジロビタキよりも少ないとされる。

脚注編集

[脚注の使い方]

参考文献編集

  • 『日本の野鳥識別図鑑』 誠文堂新光社出版