ニューマーケット・フィルムズ

ニューマーケット・フィルムズ はかつて存在したアメリカ合衆国の映画製作・配給会社で、ニューマーケット・キャピタル・グループの子会社にあたる。 この会社は個人が所有するインディペント映画の製作・配給会社であり、様々な映画の取得・製作・配給に向けて力を注いできた。 製作に携わった作品にはクリストファー・ノーラン監督の『メメント』や『プレステージなどがあり、北米での配給に携わった作品には 『パッション』、『クジラの島の少女』、『モンスター』、『ドニー・ダーコ』などがある。 1994年クリス・ボールとウィル・タイアによって設立され、重役としてクリス・カルフーン、レネ・コーガン、ジョン・クリューとロバート・フィヴォメントが採用された。2009年この会社はEMGに買収された[1]

Newmarket Films
子会社
業種 映画
設立 1994
本社
カリフォルニア州ロサンゼルス
アメリカ合衆国の旗
親会社 ニューマーケット・キャピタル・グループ
ウェブサイト www.newmarketfilms.com ウィキデータを編集

かかわった作品編集

脚注編集