クリストファー・ノーラン

イギリスの映画監督、脚本家、映画プロデューサー

クリストファー・ノーランChristopher Nolan, 1970年7月30日 -)は、イギリス出身の映画監督映画プロデューサー脚本家

クリストファー・ノーラン
Christopher Nolan
Christopher Nolan
2018年
生年月日 (1970-07-30) 1970年7月30日(51歳)
出生地 イングランドの旗 イングランドロンドン
国籍 イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 映画監督
ジャンル 映画監督映画プロデューサー脚本家
活動期間 1989年 -
配偶者 エマ・トーマス(1997年 - )
著名な家族 ジョナサン・ノーラン(弟)
主な作品
メメント
ダークナイト トリロジー
インセプション
インターステラー
ダンケルク
TENET テネット
 
受賞
ロサンゼルス映画批評家協会賞
脚本賞
2001年メメント
放送映画批評家協会賞
オリジナル脚本賞
2001年『メメント』
アクション映画賞
2008年ダークナイト
2010年インセプション
MTVムービー・アワード
新人監督賞
2002年『メメント』
AFI賞
脚本賞
2001年『メメント』
日本アカデミー賞
最優秀外国語作品賞
2008年『ダークナイト』
ブルーリボン賞
外国語作品賞
2008年『ダークナイト』
その他の賞
テンプレートを表示

プロフィール編集

ロンドンコピーライターの父と客室乗務員の母のもとに生まれる[1][2]。父親はイングランド人、母親はアメリカ人であるため、イギリスアメリカの国籍を持つ。幼少の頃はロンドンシカゴの両方で過ごした。その後ハートフォードシャーインデペンデント・スクールであるヘイリーベリー・アンド・インペリアル・サービス・カレッジを卒業後、ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン大学に入学。英文学を学ぶ傍ら、短編映画の制作をはじめる。映画製作ではなく英文学を専攻した理由については「視野を広げるため」と語っている。大学を選んだ理由は映画製作施設の整っていることも挙げており、同大学の映画ソサエティの部長を務めた。

1998年、『フォロウィング』で初めて長編映画の監督を務める。2作目となった『メメント』の脚本は、弟のジョナサン・ノーランが書いた短編を基にしている。この作品で一気に注目されるようになり、ロサンゼルス映画批評家協会賞インディペンデント・スピリット賞などを受賞、アカデミー脚本賞にもノミネートされる。

2000年代には新生『バットマン』シリーズの監督に抜擢される。2005年公開の『バットマン ビギンズ』では期待に反し平凡な興行成績に留まるも、2008年公開の続編『ダークナイト』は公開6日で『バットマン ビギンズ』の興行収入を超えて『バットマン』シリーズ最大のヒットとなり、最終的に全米興行収入歴代2位、世界興行収入歴代4位を記録した(全て公開時)。また、悪役「ジョーカー」を演じたヒース・レジャー第81回アカデミー賞助演男優賞を受賞。この作品の成功によりノーランが監督した『バットマン』シリーズはアメリカでは『ダークナイト トリロジー』と呼ばれるようになった。2012年公開の完結作『ダークナイト ライジング』でも監督を務めた。

 
2013年

以降も製作費1億ドル超(所謂ビッグバジェット)のオリジナル作品である『インセプション』(2010年)、『インターステラー』(2014年)、『ダンケルク』(2017年)がいずれも全米興収1億8000万ドルを超えており、アカデミー賞複数部門ノミネートとなるなど、作家主義と大作主義の両立に最も成功している一人と評される[3]

2019年1月25日には、次回作『TENET テネット』の公開日が2020年7月17日であるとワーナー・ブラザースが発表した。しかし新型コロナウィルス感染拡大の影響でアメリカ国内では映画館が閉鎖されている状況を受け、公開日は7月31日、8月12日と延期され、最終的には8月26日に欧州から段階的に世界で公開し、全米公開は9月2日となった(日本国内公開は当初の予定通り9月18日)。この影響で、『TENET テネット』の全米興収は約5700万ドルと大きく低迷、興行としては失敗に終わった(ただし2020年の全世界興行収入としては5位である[4])。

私生活では、1997年に大学の同級生であり映画プロデューサーのエマ・トーマスと結婚。4人の子供と共にロサンゼルス在住。また、左利きである。

2021年9月、ノーランは次回作の製作と配給をこれまでのワーナーからユニバーサル・ピクチャーズに変えることが決まったと報じられた。これにより、ノーランは2002年公開の『インソムニア』から約20年間続いてきたワーナーとの関係が解消することになる[5]

作風編集

フィルモグラフィ編集

長編映画(監督作品)編集

公開年 タイトル 配給会社 RTスコア IMDbスコア 興行収入 クレジット
1998 フォロウィング
Following
モメンタム・ピクチャーズ 76% 7.6 $48,482 監督/製作/脚本/撮影/編集
2000 メメント
Memento
ニューマーケット・フィルムズ 93% 8.6 $39,723,096 監督/脚本
2002 インソムニア
Insomnia
ワーナー・ブラザース 93% 7.2 $113,714,830 監督
2005 バットマン ビギンズ
Batman Begins
85% 8.3 $374,218,673 監督/脚本
2006 プレステージ
The Prestige
タッチストーン・ピクチャーズ
ワーナー・ブラザーズ
76% 8.5 $109,676,311 監督/製作/脚本
2008 ダークナイト
The Dark Knight
ワーナー・ブラザーズ 94% 9.0 $1,004,558,444 監督/製作/原案/脚本
2010 インセプション
Inception
87% 8.8 $825,532,764 監督/製作/原案/脚本
2012 ダークナイト ライジング
The Dark Knight Rises
87%[13] 8.8 $1,084,939,099 監督/製作/原案/脚本
2014 インターステラー
Interstellar
ワーナー・ブラザーズ
パラマウント映画
70% 8.6 $701,729,127 監督/製作/脚本
2017 ダンケルク
Dunkirk
ワーナー・ブラザーズ 92% 7.9 $526,940,665 監督[14]/製作/脚本
2020 TENET テネット
Tenet
70% 7.5 $363,129,000 監督/脚本/製作
2023
Oppenheimer
ユニバーサル・ピクチャーズ 監督

短編映画編集

  • Tarantella (1989年、監督・脚本・製作) - 未公開
  • Larceny (1995年、監督・脚本・製作) - 未公開
  • Doodlebug (1997年、監督・脚本・撮影・編集・美術) - 初監督作品
  • Quay (2015年、監督) - ドキュメンタリー

製作編集

出演編集

参考文献編集

  1. ^ http://www.theage.com.au/articles/2002/09/07/1031115958092.html
  2. ^ http://www.ariel-leve.com/st_interviews/christophernolan.html
  3. ^ “大監督”クリストファー・ノーランの作家性ーー映像作家と劇作家、ふたつの側面から徹底考察” (日本語). Real Sound|リアルサウンド 映画部. 2019年1月13日閲覧。
  4. ^ 2020 Worldwide Box Office” (英語). Box Office Mojo. 2021年11月12日閲覧。
  5. ^ 「映画館での上映」にこだわるC・ノーラン監督、新作では20年にわたるワーナーとの関係を解消”. MOVIE WALKER PRESS (2021年9月20日). 2021年9月21日閲覧。
  6. ^ 町山智浩著『映画と本の意外な関係!』集英社、2017年1月。ISBN 978-4-7976-8005-8
  7. ^ http://www.slashfilm.com/christopher-nolan-installed-an-imax-camera-on-a-lear-jet-for-interstellar/
  8. ^ J・J・エイブラムス監督、クリストファー・ノーラン監督らがフィルムを救う : 映画ニュース - 映画.com
  9. ^ Jolin, Dan (2010年7月). “Crime of the Century”. Empire: pp. 91 
  10. ^ クリストファー・ノーラン、ボンド映画監督への意欲に再言及
  11. ^ C・ノーラン監督、故ヒース・レジャーにバットマン役をオファーしていた
  12. ^ クリストファー・ノーラン監督、大島渚監督「戦場のメリークリスマス」を6位に選出 : 映画ニュース - 映画.com
  13. ^ "T-Meter Rating of 'The Dark Knight Rises'". Rotten Tomatoes. Retrieved August 24, 2012.
  14. ^ “クリストファー・ノーラン×トム・ハーディ「ダンケルク」2017年に日本公開”. 映画ナタリー. (2016年8月24日). http://natalie.mu/eiga/news/199180 2016年8月24日閲覧。 

関連項目編集

関連文献編集

  • トッド・マガウアン『クリストファー・ノーランの嘘/思想で読む映画論』(フィルムアート社、2017年)
  • Telegraph.co.uk Interview with Christopher Nolan and Christian Bale

外部リンク編集