メインメニューを開く

ニューヨーク街物語(にゅーよーくまちものかたり)は、NHK衛星第1テレビジョン衛星ハイビジョンにて2006年4月~2009年3月まで放映されていたニューヨークに住んでいる人々の多彩な活動を追ったドキュメンタリー番組。2009年1月にDVDを発売した。

地球ウォーカー(2003年4月9日~2004年10月)→地球街角アングル(2004年10月~2006年4月)の後継番組として放送していた。当番組終了後はニューヨークウェーブが放送された。

目次

放送日時編集

  • BS1:毎月土曜日 18:30 - 18:50
    ※ 野球などで中止・翌週午前に再放送することがある。 また過去の回を再放送する場合がある。
  • BShi:毎月土曜日 1:40 - 2:00

これまで放送された内容編集

括弧内は初回放送日 太字はDVDに収録された回

2006年編集

  • 「街を見つめるラジオ局」(4月9日)
  • 「売れるバンドを探し出せ」(4月16日)
  • 「名もなき俳優たちの夢」(4月23日)
  • 「パイプの音色に魅せられて」(4月30日)
  • 「摩天楼を守る」(5月7日)
  • 「動物スターを育てる」(5月14日)
  • 「詩で闘え」(5月21日)
  • 「わが家の選択 ホームスクール」(5月28日)
  • 「デザイナーズ家具を売り込め」(6月4日)
  • 「メキシコ移民事情」(7月2日)
  • 「広がるアメリカ流コスプレ」(7月16日)
  • 「アポロ劇場に夢をかけて」(7月23日)
  • 「わたしの青空市場」(7月30日)
  • 「伝統の花火 夏に輝いて」(8月6日)
  • 「モダンダンスの革命児」(8月27日)
  • 同時多発テロから5年 (1) 忘れられた被害者たち」(9月3日)
  • 「同時多発テロから5年 (2) 悲劇を伝えてゆくために」(9月10日)
  • 「馬と子どもたち ふれあいの夏」(9月17日)
  • 「古本ワンダーランド」(9月24日)
  • 「男たちの“至福の場”」(10月1日)
  • 「デザイナーは新進気鋭!」(10月8日)
  • 「現代アート ブームを追え」(10月15日)
  • 「サリバン先生の平和教室」(10月29日)
  • 「テロリストの母との対話」(11月5日)
  • 「魅惑の音色!リサイクル楽器」(11月12日)
  • 増える“新世代”シングルマザー」(11月19日)
  • 「グルメも満足!屋台料理」(11月26日)
  • 「街頭に響くオペラの歌声」(12月3日)
  • 「ようこそ“アートの王国”へ」(12月10日)
  • 「天使が舞うクリスマス」(12月17日)

2007年編集

  • 「剣で人生を切り開け」(1月14日)
  • 「マンハッタン マージャンクラブ」(1月21日)
  • 「コメディアンは14歳!」(1月28日)
  • 「手作り!ヘルシー!チョコ最前線」(2月11日)
  • 「冬の海が元気をくれる」(2月18日)
  • 「ふたりで写した下町の風景」(2月25日)
  • 「あなたの笑顔が見たくて」(3月4日)
  • 「企業イベントの新しい風」(3月18日)
  • 「みんなで働くスーパーマーケット」(3月25日)
  • 「“アパート劇場”へようこそ」(4月7日)
  • 「ケーキで勝負!めざせナンバーワン」(4月14日)
  • 調香師の工房」(4月21日)
  • 「モダンジャズが生まれた町で」(4月28日)
  • 「頑張れ!おばぁちゃん」(5月5日)
  • 「拳で成り上がれ!」(5月12日)
  • 「流行は“クラシック”」(5月19日)
  • 「海が教えてくれる」(5月26日)
  • 防げ温暖化“始めの一歩”」(6月9日)
  • 「ブロードウェーにかける誇り」(6月30日)
  • 「“心の国境”をなくすために」(7月14日)
  • 「デジタルアートの挑戦」(7月21日)
  • 「伝統のセルツァーマン」(7月28日)
  • 「これが僕のミュージカルだ!」(8月25日)
  • 「時代を刻んだレコードたち」(9月1日)
  • 「屋台村は故郷の味」(9月8日)
  • 「チャンスはキッチンにあり!」(9月15日)
  • 「輝け!建設現場の女たち」(9月22日)
  • 風船でボランティア!」(9月29日)
  • ゴミで生きてみませんか」(10月6日)
  • 「スクラッチから始めよう」(10月14日)
  • 「時代は“ソーシャライツ”」(10月27日)
  • すべてのペットを救うまで」(11月3日)
  • 「人気作家は警察官」(11月10日)
  • おもちゃのアイデア募集中」(11月17日)
  • 「古ピアノの音色ひびいて」(11月24日)
  • 「日本人も元気です!」(12月1日)
  • 「老後は自分たちの手で」(12月8日)
  • 「パンクで歌舞伎」(12月15日)
  • 「教室はメトロポリタン美術館」(12月22日)

2008年編集

  • 「心の病をいやす工場」(1月12日)
  • 「ボランティア救急隊がゆく」(1月19日)
  • ヨガに安らぎを求めて」(1月26日)
  • 「パンクロッカーは12歳!」(2月2日)
  • 「出稼ぎたちの天使」(2月9日)
  • 「トレンドは手描きビルボード」(2月16日)
  • "食ビジネス" エリートたちの挑戦」(2月23日)
  • 注目はエコ!おしゃれ新時代」(3月1日)
  • 「韓流ブームを巻き起こせ!」(4月5日)
  • 「カメロ先生の“楽しい理科”」(4月12日)
  • 「平和の一歩は笑いから」(4月19日)
  • 「金曜の夜はミュージアムで!」(4月26日)
  • 歌が力をくれる」(5月10日)
  • 「アートを育てる空き店舗」(5月17日)
  • 「「はるかなるチベットへ」」(5月24日)
  • 「希望をくれるラジオ局」(5月31日)
  • パパはスーパー主夫」(6月14日)
  • 「“自転車主義”でいこう!」(6月28日)
  • 投資マネーから芸術を守れ」(7月5日)
  • フリーマーケットで会おう!」(7月12日)
  • 「虐待の過去を乗り越えて」(7月26日) ※10月18日に再放送
  • 「瀬戸際のタクシードライバー」(8月2日)
  • 「3つの“グラウンドゼロ”」(8月30日)
  • 「9.11 生きた証しを残したい」(9月6日)
  • 「栄光の海をめざして」(9月13日)
  • 「おいしい野菜は“支え合い”から」(9月20日)
  • 「“心の補助犬”に救われて」(9月27日)
  • 「自分らしく生きたい」(10月4日)
  • 「“高級化”が押し寄せる街で」(10月11日)
  • 「市民が伝える大統領選」(11月1日)
  • 「オレたち動物救助隊」(11月8日)
  • 「行き場のない難病患者たち」(11月15日)
  • 「大都会に流れ込む老人たち」(11月22日)
  • 「ようこそ“理想の学校”へ」(11月29日)
  • 「守れ! 12,000の屋台」(12月6日)
  • 「マンハッタンは“お受験”ブーム!」(12月13日)
  • 「ここが僕らの“芸術の都”」(12月20日)

2009年編集

  • 「ピエロが病院にやってきた!」(1月10日) ※3月28日に再放送
  • 「めざせ!ミスター・タイムズスクエア」(1月17日)
  • 「どうする?増える野生動物」(1月24日)
  • 「いつかは僕もオバマに!」(1月31日)
  • 「希望の調べ ハーレムに響いて」(2月7日)
  • 「故郷パレスチナのために」(2月14日)
  • 「ブロードウェイ 夢の仕掛人」(2月21日)
  • 「派遣します!熱血先生」(2月28日)
  • 「人生の師はウォール街で」(3月7日)
  • 「ヨガで紡ぎあう心」(3月14日)

外部リンク編集