ネオルネッサンス建築

ネオルネッサンス建築(Neo-Renaissance)は、ルネッサンス・リバイバル建築(Renaissance Revival)とも呼ばれていて、19世紀前半からヨーロッパで始まり、日本を含む世界へ波及した建築様式で、ずっと以前のルネサンス建築に基づきながら当時の荘厳さや各地の新しい建築方式を織り交ぜたもの。

代表的な建築には、オーストリアウィーン国立歌劇場スイスチューリッヒ中央駅ハンガリー国立歌劇場チェコ国民劇場イギリスロスチャイルド家ウォデスドン・マナーWaddesdon Manor)、米国テキサス州会議事堂ロシアサンクトペテルブルクモスコーフスキー駅日本京都市中京郵便局[1]、東京・銀座服部時計店本社ビル(1932年竣工、現・和光本館)[2]などがある。

ギャラリー

脚注編集

  1. ^ ネオ・ルネサンス様式(Kotobank)
  2. ^ 『日経マガジンスタイル WAKO Special』2021年4月8日(企画・制作/日本経済新聞社 企画協力/和光)p.12-13「和光と時計塔の歴史を繙く」。

関連項目編集