ネクステージ中国

株式会社ネクステージ中国(ネクステージちゅうごく)は、三菱商事石油(現・三菱商事エネルギー)と三菱石油(現・ENEOS)が合弁で設立した会社で、石油販売(ガソリンスタンドの運営)などを行っていた日本企業。法人格は現在の株式会社ネクステージが継承。

株式会社ネクステージ中国
NEXTAGE CHUGOKU
種類 株式会社
本社所在地 733-0842
広島県広島市西区井口三丁目8番20号
設立 1999年3月1日
業種 卸売業
事業内容 石油製品の販売
代表者 林 芳喜雄(代表取締役社長
資本金 1億円
従業員数 118名
主要株主 三菱商事石油 51%
新日本石油 49%
テンプレートを表示

概要編集

広島県に17か所、岡山県に8か所、鳥取県に1か所、合計26か所のガソリンスタンドを運営し、JX日鉱日石エネルギーとフランチャイズ契約を結んでいた(SSのブランド名はENEOS)。

事業所編集

沿革編集

  • 1961年(昭和36年)9月 - 新菱石油株式会社を設立。
  • 1999年(平成11年)3月1日 - 新菱石油株式会社が、中国菱商石油株式会社及び広島エム・シーオイル株式会社を吸収合併し、社名を株式会社ネクステージ中国とする。
  • 2009年(平成21年)
    • 6月30日 - ENEOS Dr.Drive中山SSを閉店。
    • 7月1日 - 高速道路上のガソリンスタンド(安佐SA下り線・大佐SA下り線・蒜山高原SA下り線)を一光へ移管(ブランドはENEOSのまま変更なし。大佐SA下り線・蒜山高原SA下り線は24時間営業から7:00 - 22:00へ変更)。
    • 8月1日 - ENEOS Dr.Driveセルフ西風新都インターSSを開店。
  • 2010年(平成22年)7月1日 - ネクステージ中部、ネクステージ関西、ネクステージ九州を吸収合併。社名を株式会社ネクステージとする。

関連項目編集

外部リンク編集