メインメニューを開く

ノゼマ病(のぜまびょう、英:Nosema disease)とはNosema apis感染を原因とするミツバチ感染症。日本では家畜伝染病予防法において届出伝染病に指定されており、対象動物はミツバチ。

概要編集

ミツバチノゼマ原虫(ノゼマ・アピス)の胞子(芽胞)に汚染された貯蜜が感染源で、罹患した蜂は糞中に原虫を排泄する為、巣箱内を汚染し感染が拡大する。春と秋に発生が多く発生する。症状は腹部膨満、飛翔不能、また寿命の短縮や感染群での卵の孵化率が悪化による巣群の弱小化を引き起こす。診断には消化管内原虫の存在を確認する。 エチレンオキシド酢酸による巣箱の燻蒸消毒による予防が行われるが、認可された有効な薬剤はない。

関連項目編集

脚注編集


参考文献編集

  • 小沼操ほか編 『動物の感染症 第二版』 近代出版 2006年 ISBN 4874021239

外部リンク編集

  • ノゼマ病家畜疾病総合情報システム 監視伝染病診断指針