メインメニューを開く

ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア』(Knockin' on heaven's door)は、1997年公開のドイツ映画

ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア
Knockin' on heaven's door
監督 トーマス・ヤーン
脚本 トーマス・ヤーン
ティル・シュヴァイガー
出演者 ティル・シュヴァイガー
ヤン・ヨーゼフ・リーファース
撮影 ゲーロ・シュテフェン
配給 K2エンタテインメント
公開 ドイツの旗 1997年2月20日
日本の旗 1999年10月23日
上映時間 87分
製作国 ドイツの旗 ドイツ
言語 ドイツ語
テンプレートを表示

目次

概要編集

タクシードライバーで生計を立てていたトーマス・ヤーンがティル・シュヴァイガーに脚本を送ったところ、ティルがこの映画の脚本を気に入り、スポンサーを探し回った。 また、『ブレードランナー』などで大物となったルトガー・ハウアーにどうしても出演してもらいたいと考えていたティルに対し、ルトガーのマネジメントは1日10万ドルのギャラを要求。とても払えないと一旦はあきらめかけたが、ルトガー本人から「マネジメントの言うことは気にするな。出ると決めている」と出演を受諾したという逸話がある。 ティルはこの映画でモスクワ国際映画祭の最優秀主演男優賞を受賞。その後も監督・脚本なども手がけるティルの出世作となった。

ストーリー編集

とある病院で余命幾許もないと診断された2人の若者。天国で流行しているという海の話をするために、海を見たことがないルディとマーチンは車を盗み、病院を脱走し海へと走り出した。途中で犯した強盗の罪により警察と車を盗まれたギャングの双方から追われる立場となった二人が海で見たものとは―。

スタッフ編集

出演編集

関連項目編集

外部リンク編集