メインメニューを開く

ノルウェーの戦いは、第二次世界大戦中、ドイツ軍によるデンマークノルウェー侵攻(ヴェーザー演習作戦)後に、ドイツ軍と連合国軍との間でノルウェーで行われた戦い。イギリスフランスはノルウェー援護のため遠征部隊を派遣した。ドイツ軍によるフランス侵攻の結果、連合国軍は撤退を余儀なくされ、ノルウェー政府もロンドンへ逃れ、ドイツによるノルウェー占領という結果に終わった。戦闘は4月9日から6月10日まで続いた。ノルウェーは、ソ連を除けばドイツ軍の侵攻に最も長く抵抗した国であった。

ノルウェーの戦い
Operation Weserübung.jpg
戦争第二次世界大戦
年月日:1940年4月9日 - 1940年6月10日
場所ノルウェー
結果:ドイツ軍の勝利。ノルウェー政府はイギリスに亡命。
交戦勢力
ナチス・ドイツの旗 ドイツ イギリスの旗 イギリス
フランスの旗 フランス
ポーランドの旗ポーランド亡命政府
カナダの旗カナダ
ノルウェーの旗 ノルウェー
ノルウェーの戦い
北欧侵攻
鉄鉱山キルナ (Kiruna) と鉄鉱石積出港ナルヴィク、ルーレオの位置関係
北欧侵攻の攻撃対象 地図中央下のオスロのほか、中央上のナルヴィク (Narvik) と中央のトロンハイム (Trondheim) が重要な目標となった

目次

背景編集

1940年4月9日未明に、ドイツ軍は、ヴェーザー演習作戦で、ノルウェー、デンマーク両国に侵攻した。デンマークは、侵攻された日に降伏した。ノルウェー政府は、オスロから避難し英仏に軍事支援を求め抗戦することを決めた。ノルウェーでは、ドイツ軍は、オスロクリスチャンサンベルゲンエゲルセンスタバンゲルトロンハイムナルヴィクに侵攻した。これらの都市には、ノルウェー軍の師団司令部と動員センターが置かれていたが、ドイツ軍によって抑えられ、ノルウェー軍は、動員令を出していたが動員は不十分であった。ノルウェー南部および東部では、ドイツ軍は、動員が不十分なノルウェー軍を圧倒し、4月末までに東部および南部での戦闘は終了した。

トロンハイムおよびナルヴィクは、ノルウェー南部より離れており、それらの地区のドイツ軍は孤立しており、海域は優勢なイギリス海軍に封鎖されていた。

英仏の対応編集

トロンハイム周辺編集

ナルヴィク編集

連合軍の撤退編集

5月10日、西部戦線でドイツ軍のフランス侵攻が始まり、フランスにおいても連合軍の劣勢が続き、6月5日にイギリス軍のダンケルク脱出ダイナモ作戦)でベルギーに進出した英仏軍は、重装備を放棄してイギリス本土に撤退した。5月24日に、イギリスの戦時内閣はノルウェーからの撤退を決定した。

ホーカー ハリケーン Mk Iを装備する2個飛行隊を派遣し、ナルヴィクだけは死守していたイギリス軍だったが、もはや維持する力はなく、ナルヴィクは6月8日に陥落し、イギリス艦隊も撤退を始めた。勢いに乗るドイツはシャルンホルスト・グナイゼナウ・ヒッパーを中心とする追撃部隊を出航させ、同日再びナルヴィク沖で海戦となった(ノルウェー沖海戦)。空母2隻・戦艦3隻というイギリス海軍の圧倒的優位にも関わらず、各個撃破されたイギリス側は空母グローリアス以下6隻が沈没、ドイツ側は沈没無しという、イギリスにとっては悪夢の結果に終わった。ただしシャルンホルストはこの戦いで被雷、ヒッパーは機関故障、グナイゼナウも海戦後の6月20日に潜水艦に雷撃されて損傷し、結局三隻とも入渠している。

参加兵力編集

影響編集

イギリス軍は、なんとかノルウェー国王・政府をイギリス本国に連れ帰ることには成功したものの、翌日ノルウェー軍はドイツ軍に休戦を申し込み、ノルウェーはドイツの傀儡政権であるクヴィスリング政権の支配下に置かれることとなった。

ノルウェーは降伏したものの、王家と政府閣僚がロンドンに亡命した後、亡命政府レジスタンスはナチス支配に抵抗を続けた。また、この戦いでドイツ海軍は重巡ブリュッヒャー・軽巡ケーニヒスベルク・カールスルーエや駆逐艦10隻などを失う大損害を受け、また残存艦も戦艦シャルンホルスト・グナイゼナウ、装甲艦リュッツォウ(旧名ドイッチュラント)以下多くが損傷して戦列を離れ、ただでさえ不均衡であった海上戦力はよりイギリス優位に傾いた(この不均衡は、アシカ作戦にも影響を与えた)。また、磁鉄鉱の影響からUボートの魚雷の磁気式信管の欠陥が顕在化した。