ノース・サンダー演習

ノース・サンダー演習(ノース・サンダーえんしゅう、アラビア語: مناورات رعد الشمالMunāwarāt Raʿad aš-Šamāl[1] ムナーワラート・ラアド・アッ=シャマール英語: Exercise North Thunder)は、サウジアラビア王国で開催され約20ヶ国のアラブイスラーム諸国が参加した合同軍事演習である。2016年の2月から3月にかけて、特にアラブ首長国連邦トルコエジプトバーレーンスーダンヨルダンパキスタンカタールクウェートモロッコチャドコモロチュニジアオマーンマレーシアイエメンなどが参加した[2]

ノース・サンダー演習
作戦種類 軍事演習
場所 サウジアラビアの旗 サウジアラビア
目的/目標 技術と戦闘能力の向上
練度の異なる参加国部隊が合同作戦を実施するための戦闘即応性
実行組織 サウジアラビアの旗 サウジアラビア軍
トルコの旗 トルコ軍
エジプトの旗 エジプト軍
スーダンの旗 スーダン軍アラビア語版英語版
アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦軍
ヨルダンの旗 ヨルダン軍
クウェートの旗 クウェート軍
バーレーンの旗 バーレーン国防軍
イエメンの旗 イエメン軍
チュニジアの旗 チュニジア軍
パキスタンの旗 パキスタン軍
オマーンの旗 オマーン軍
マレーシアの旗 マレーシア軍
モロッコの旗 モロッコ軍アラビア語版英語版
年月日 2016年2月~3月
テンプレートを表示

目的編集

本演習は中東北アフリカ地域、特にシリアにおいて、複数で行動する部隊の技術と戦闘能力の向上、および兵站と合同安全保障・安定作戦を実施するに当たっての即応率の改善を目的としている[3]。アラブ連合軍のスポークスマンを務めるアフマド・アッ=スィーリーアラビア語版英語版は、この演習の目的は最高レベルの戦争準備、専門技術の交換、および21の参加国間における協調の向上を達成することである、と言った[4]

参加人員、兵器編集

非公式の情報源によると、軍人およそ15万人、軍用機2540、戦車2万、ヘリコプター460が、中東・北アフリカ地域で史上最大規模となる本軍事演習に参加する予定であるとのこと[4][5][6]

ジェーン・ディフェンス・ウィークリー(JDW)は、複数の公式発表によると、本演習は1999年にエジプトで開催され11ヶ国から成る軍勢およそ7万3000が参加した軍事演習ブライト・スター2000アラビア語版英語版よりも小規模であると見られると言及した[7]

出典編集

  1. ^ 他に、「演習」に相当する語句を省略してダイアクリティカルマークを使わずスペリングを重視した転写 “Raad al-Shamal” なども英字メディアで散見される。
  2. ^ Saudi attack on Syria and threats ahead”. sachtimes (2016年2月14日). 2016年2月17日閲覧。 (英語)
  3. ^ Planned ‘North Thunder’ a clear message to Tehran” (英語). Arabnews (2016年2月14日). 2016年2月17日閲覧。
  4. ^ a b 'North Thunder' sends a message of unity, power” (英語). Arabnews (2016年2月17日). 2016年2月17日閲覧。
  5. ^ Saudi Arabia says war games will boost military ties with Muslim allies” (英語). Reuters (2016年2月22日). 2016年2月17日閲覧。
  6. ^ A nervous Saudi Arabia just launched a massive military exercise” (英語). Business Insider (2016年2月18日). 2016年2月17日閲覧。
  7. ^ Saudi 'Raad al-Shamal' exercise looks smaller than billed” (英語). Janes's Defense Weekly (2016年2月25日). 2016年2月17日閲覧。

関連項目編集