メインメニューを開く

アラブ首長国連邦軍(アラブしゅちょうこくれんぽうぐん、英語: Union Defence Force)は、アラブ首長国連邦陸軍英語版アラブ首長国連邦海軍英語版アラブ首長国連邦空軍英語版を含むアラブ首長国連邦軍隊である。

アラブ首長国連邦軍
派生組織 アラブ首長国連邦陸軍英語版
アラブ首長国連邦海軍英語版
アラブ首長国連邦空軍英語版
総人員
徴兵制度 なし
財政
予算 157億ドル(公称,2010年)
軍費/GDP 8.2%
テンプレートを表示

陸軍、海軍、空軍、防空軍、準軍事組織の警察軍を含む連邦軍は国防軍と呼ばれ、アブダビドバイラアス・アル=ハイマの3首長国は首長国軍を保有しており、UDFから地域コマンドと呼ばれている。これらを総称して連邦軍と呼ばれる。

目次

歴史編集

2015年にアラブ首長国連邦軍にとって初の海外基地を設置することでエリトリアと合意し[1]2015年イエメン内戦への介入拠点ともされ、これによりアッサブにUAEの保有するフランス製のミラージュ2000戦闘機や中国製の翼竜Ⅱ英語版無人攻撃機などが展開された[2]

2016年からリビア東部のアル・カディムにも2014年リビア内戦に介入するために駐留し、基地にはUAEの保有するCOIN機エアトラクターAT-802英語版と翼竜無人機などが展開された[3]

2017年にはソマリランドとも海外基地の開設で合意した[1]

組織編集

 
クウェート防衛に派遣されるBMP-3
 
空軍のF-16戦闘機

連邦軍編集

アラブ首長国連邦陸軍編集

アラブ首長国連邦陸軍英語版は3,250人の兵力を保有する。陸軍の主な任務は国の防衛である。

アラブ首長国連邦海軍編集

アラブ首長国連邦海軍英語版海兵隊と沿岸警備隊を傘下においておりこれらを含めて2,500人の兵力を保有している。

アラブ首長国連邦空軍編集

アラブ首長国連邦空軍英語版は4,000人の人員を保有する。装備する航空機はアメリカフランスイギリスなどさまざまな国から購入している。

アラブ首長国連邦防空軍編集

準軍事組織編集

アラブ首長国連邦警察軍編集

アラブ首長国連邦警察軍は、国境警備や国内の治安維持にあたっている。

首長国軍編集

  • アブダビ国防軍
  • ドバイ国防軍
  • ラアス・アル=ハイマ国防軍

脚注編集