ノート:異端

書籍から定義部分を転載しているような記述ですが、著作権放棄を明言された文章なんでしょうか?Sampo 19:02 2004年2月21日 (UTC)

転載ではなく引用とみえるが?
アンチクリスト


イスラム教の異端のセクションが増えたようですが、かなり古い説明によっておられるではないでしょうか。シーア派がイラン民族主義である云々のくだりとか、スンナ派がアラブの正統派だとか(高校の歴史の先生など今も堂々とこうやって教えてそうな気がしますが)。ちょっと今は時間がないので、指摘のみ。Safkan

推敲不足であったので削除致しました。正確な最新知識に基づく、正しい説明の文書を起草してください。Maris stella
上に僕の書いたコメントのせいで気を悪くされて差し戻されてしまったのでしょうか。スケッチ草稿との注記の意図をきちんと玩味せず、早とちりでコメントをくだしてしまいましたことをお詫びします。棘のあるような言い方をしてしまいまして、大変申し訳ありませんでした。Safkan 2004年8月6日 (金) 12:53 (UTC)

編集の要約部分が誤操作により「キリスト教において異端とみなされた主要な諸派・思想no」という文になってしまいました。正しくは「キリスト教において異端とみなされた主要な諸派・思想に地動説を追加」です。申し訳ありません。--DK 2006年12月27日 (水) 12:38 (UTC)(署名付け忘れです。重ね重ね申し訳ない。)

プロテスタント編集

プロテスタントの節に「単にプロテスタンティズムに反するに過ぎない「聖書のみに基づく信仰からの逸脱」とあるのは、プロテスタントの説明になっておらず、もしこれを記述するとすればローマ教会からのプロテスタントへの批判、自由主義神学(リベラル派)からのプロテスタント正統主義に対する批判の項目に書くべきでしょう。訂正しました。--Evangelical 2010年2月6日 (土) 02:25 (UTC)

異端が「ニカイア信条ニカイア・コンスタンティノポリス信条カルケドン信条使徒信条など基本信条からの逸脱である。」とうのは、当然のことで、この基本信条に反するならばキリスト教ではなく、基本信条からの逸脱はキリスト教にとっての異端の定義であり、これだけならば、ローマ・カトリック教会とプロテスタントとの区別が明確ではありません。ローマ教会とプロテスタントの分離は「聖書のみ」の信仰にあります。--Evangelical 2010年2月6日 (土) 02:33 (UTC)

異端について編集

この編集についてイザヤさんに伺いたいと思うのですが、ドナトゥス派については正教でも異端と看做されていますし…、どうなんでしょうか。アウグスティヌスと対決した同派が「ローマカトリックのみの異端であって、プロテスタントにおいては異端ではない」というのは、プロテスタントでの共通認識なのでしょうか?

あと、もしローマカトリックのみで異端と看做されているにしても、ローマカトリックの欄に移動するなどして対処して残した方が、理解の助けになると思うのですが。--Kinno Angel 2011年1月1日 (土) 12:44 (UTC)

日本語で異端の語の用いられ方に対する混乱があって、まったくキリスト教でないという意味で使われることもあれば、異端的な思想や立場、他の教派に対して言われることもあります。自由主義神学(リベラル)の教義史における主流と異端の考えは、聖書に教理が啓示されているという正統主義を否定し、聖書ではなく、他の政治的な理由、多数派によって異端が決められたと主張します。ローマ・カトリック教会や、正教会から異端という意味で用いるのなら、ドナティストは確かに異端と認定されているでしょう。でもその意味ならば使徒継承の無いプロテスタントが「異端」という意味と同様の意味ではないですか。教界では常識なのでKinno Angelさんには説明しなくてもいいかと思いますが、ローマ・カトリックのドン・ボスコ社の『ゆがめられたキリスト』を見ると、ものみやモルモン教、統一協会をキリスト教ではないとみなしています。こういった三位一体を否定する団体がキリスト教でないというのは共通認識です。信条信仰告白で異端、誤りを判断しますが、プロテスタントにおいて信条、信仰告白はあくまで聖書に従属する基準です。リベラルのヴァルター・バウアーは初代教会で信じられていたことは、後の異端だと主張しますが、福音派は当然そのようには考えず、教会が会議で判断したから「異端になった」のではなくて、聖書に啓示された聖書の教理に反する思想は最初から異端なのです。福音派がリベラルや他の異端をキリスト教でないという事はありますが、ドナティストについては今日のプロテスタントにおいて、キリスト教でないとまでは言い切る主張を見たことはありません。--イザヤ 2011年1月1日 (土) 15:31 (UTC)
  コメント うーーーん…
イザヤさんは御存知かもしれませんが、正教会においてはローマカトリックからものみの塔に至るまで、まとめて一緒くたに「異端」と呼びますからね…でも正教会において、「ローマカトリックの洗礼は有効、聖公会についても洗礼はまず有効、プロテスタントの洗礼も教派によるが一定程度有効」…
つまり「キリスト教だけど異端」「カルトではない異端」というのが有り得るのが、正教会における「異端」の語義です。
他教派では「異端」について、「キリスト教ではない」もしくは「カルト」と同義として使うところもありますよね…難しいところです…
つまりこういうことです。
「異端」の定義そのもののレベルで、教派ごとに運用が異なることを考慮しなければならないかもしれません…--Kinno Angel 2011年1月1日 (土) 15:38 (UTC)
福音派でもバルトの救済論や死後の回心の様に、異端視される思想もあります。これを異端視する立場からすれば、これも「キリスト教だけれども異端」に含まれるかもしれません。上にあげた3団体については「カルトで異端」とみなしてきましたが、キリスト教系の宗教の中に「カルトでない異端」も存在することは認識されています。異端の語のほかに「キリスト教を自称するがキリスト教ではないと断定されているグループ」を一言で表す語があれば便利なのですが、難しいでしょう。教派ごとに説明を入れていくしかないのでしょうか。--イザヤ 2011年1月1日 (土) 16:26 (UTC)
教派ごとに説明するしかないとは思うのですが、恐縮ですが具体的方策についてうまい代替案が現時点で見つかりません…聖人の一覧のように教派ごとに表にして「×」をつけていくというのも考えましたが、これですと正教会の欄については自教派以外は全て×になってしまうかと思います。そもそも語義の違う「異端」につき、同列に扱うのに無理があるのであって、しかし文章で作るのは難点があり…。悩んでいます。良い具体案があれば伺いたく思います。--Kinno Angel 2011年1月4日 (火) 05:16 (UTC)

プロテスタント諸派の異端規定について編集

「プロテスタント諸派の異端規定」の節に観点タグを貼り付けました。改革派教会福音派による書籍等をもとにした記述ばかりが目立ちますが、(個人的には門外漢なので、よくわかりませんが、)プロテスタントといっても教派・教会によって様々な規定・考え方があるのではないでしょうか。--Lorettibarrend会話) 2016年1月31日 (日) 06:28 (UTC)

ページ「異端」に戻る