メインメニューを開く

頭端式ホームの一覧というものは果たして必要なのでしょうか。まず第一にこれを一覧にする必要性があるとは思えず、またこの一覧は日本国内のものに限られておりその点においても有用だとは言いがたくあります。

さらに世界中の頭端式ホームをすべて網羅するなどということは不可能でありその面でもこの一覧は作っても仕方ないような気がいたします。如何でしょうか。--Kouchiumi 2005年11月13日 (日) 07:12 (UTC)

最も大規模なもの、もっとも古いものなど理由付けを施せば数個に収まるでしょうね。---Redattore 2005年11月13日 (日) 08:30 (UTC)
ケーブルカーの駅はほとんど入ってしまいますね(現在のところ一部しかリストアップされていませんが)。そこまで必要か、といえば必要ないと考えますし、Redattore様のように特記すべき数事例で良いのではないでしょうか?--Sara-minori 2010年2月17日 (水) 09:17 (UTC)
とはいいながら、せっかくのリストですので、チェックしておきました。--Sara-minori 2010年2月17日 (水) 12:58 (UTC)

「櫛形ホーム」の方が通りが良いのでは?編集

「同一平面上に2本以上のプラットホームが存在し、それぞれの一端が1つにつながっている形状のものをいう。」という定義のもと、加筆・修正してきましたが、「櫛形ホーム」に改名した方が通りが良い気がするのですが・・・。1面2線の駅でも線路の終端で、プラットホーム端に駅舎や駅出入り口があれば「頭端式ホーム」であると思います(例:JR北海道室蘭本線室蘭駅、東急大井町線大井町駅など)。これらの駅を含めると膨大な量になりかねません。(--210.229.180.122 2008年4月24日 (木) 04:53 (UTC)

逆に、ホーム先端を単に繋げただけで改札口へは階段等での移動が必要な駅もあります(阪急宝塚駅や近鉄奈良駅など)。列車に乗り遅れたときに別ホームへの移動が容易というメリット位しかなく、「概要」の内容があまり当てはまらなくなりますので、この辺りも説明が必要ではと思います。--Sara-minori 2010年2月17日 (水) 09:17 (UTC)
久しぶりの書き込みです。今見ると、1面2線の駅でも阪急伊丹駅とJR宇野駅が挙がっています。基準が曖昧のままリストアップを続けても収拾がつかないので、1番目の項目にも関連しますが、数駅だけ残して削除というのもありかと思います。皆様がこのリストをどこまで有用かと考えているかにもよりますが。--Sara-minori会話) 2014年11月26日 (水) 14:14 (UTC)

阪神三宮駅ホームは頭端式か島式か編集

阪神三宮駅は駅改良工事の進捗により、中央の線路が折り返し線となった2面3線のホームに生まれ変わりました。ただ、同駅は終着駅ではなく中間駅です。そのためホームは島式でもありながら頭端式でもあるという特殊な形態になりました。同項目では「島式ホーム」として扱っていますが…?本項目の条件の中には『終着駅であること』は触れられてません。--暇・カキコ会話) 2012年9月3日 (月) 17:27 (UTC)

1面2線は頭端式ホームか(再度、定義が必要)編集

以前、1面2線の駅として阪急伊丹駅JR宇野駅が挙がっている(本投稿現在では削除されています)という指摘をさせていただきましたが、両駅の駅記事を見ると、「頭端式ホーム」と書かれています。同様の構造の東急大井町駅あき亀山駅なども見ましたが、やはり「頭端式ホーム」と書かれています。したがって本記事(の一覧)ではウィキペディアの本記事内で独自に定義した内容が独り歩きしているようですが、いかがでしょうか。

「広義においては、プラットホームが1面のみであっても線路が行き止まりになっており、なおかつプラットホームの一端が同一平面上で改札口もしくは他のプラットホームなどとつながっている切欠きホームも含まれる」という記述もありますが、「切欠きホーム」のリンク先を見てわかる通り、1面2線の頭端式ホームとは別のものです。(切欠きホームはホーム全長が少なくとも2分割されていることが前提となる。)

記事作成以来約13年経過していますが、まずは、頭端式ホームの定義を信頼できる情報源から集めてくるのが望ましいと思います。--Sara-minori会話) 2018年7月14日 (土) 03:10 (UTC)

ページ「頭端式ホーム」に戻る。