ノーマン・クラスナー

ノーマン・クラスナーNorman Krasna1909年11月7日 - 1984年11月1日)は、アメリカ合衆国劇作家脚本家

ノーマン・クラスナー
Norman Krasna
生年月日 (1909-11-07) 1909年11月7日
没年月日 (1984-11-01) 1984年11月1日(74歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーククイーンズ区
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ロサンゼルス
職業 劇作家、脚本家
活動期間 1932年 - 1964年
テンプレートを表示

ニューヨーククイーンズ区出身[1][2]コロンビア大学セント・ジョーンズ大学に学ぶ[1][2]。1930年代から劇作家・脚本家として活動し始め、1943年に映画『カナリヤ姫』で脚本を手がけると共に監督も務め、第16回アカデミー脚本賞を受賞した[1][2][3]

1984年11月1日心筋梗塞のため74歳で死去[1][2]

主な作品編集

  • アフリカは笑ふ So This Is Africa (1933)
  • からくり珍裁判 Love, Honor and Oh, Baby (1933) クレジットなし
  • 仮出獄の女 Parole Girl (1933) クレジットなし
  • 爆弾の頬紅 Bombshell (1933) 追加執筆、クレジットなし
  • 駄法螺男爵 Meet the Baron (1933)
  • 世界一の金持娘 The Richest Girl in the World (1934) 原案も
  • 恋のマンハッタン Romance in Manhattan (1935) 原案
  • 命の雑踏 4 Hours to Kill (1935)
  • 無軌道行進曲 Reckless (1935) クレジットなし
  • 春を手さぐる Hands Across the Table (1935)
  • 何が彼をそうさせたか It Had to Happen (1936) クレジットなし
  • 妻と女秘書 Wife vs. Secretary (1936)
  • 激怒 Fury (1936) 原案
  • 新妻はタイピストから As Good as Married (1937) 原案
  • 真人間 You and Me (1938) 原案
  • ママは独身 Bachelor Mother (1939)
  • ホノルル航路 It's a Date (1940)
  • スミス夫妻 Mr. & Mrs. Smith (1941) 原案も
  • 焔の女 The Flame of New Orleans (1941)
  • カナリヤ姫 Princess O'Rourke (1943) 監督も
  • パイロットの花嫁 Bride by Mistake (1944) 原案
  • 恋文騒動 Dear Ruth (1947) 原作
  • 恋の乱戦 John Loves Mary (1949) 原作
  • 青いヴェール The Blue Veil (1951) 製作
  • ブロードウェイへの2枚の切符 Two Tickets to Broadway (1951) 製作、クレジットなし
  • 熱い夜の疼き Clash by Night (1952) 製作、クレジットなし
  • ラスティ・メン/死のロデオ The Lusty Men (1952) 製作、クレジットなし
  • ホワイト・クリスマス White Christmas (1954)
  • 恋は巴里で The Ambassador's Daughter (1956) 監督、製作も
  • 歓びの街角 Bundle of Joy (1956)
  • 無分別 Indiscreet (1958)
  • 奥様ごめんなさい Who Was That Lady? (1960) 原作・製作も
  • 恋をしましょう Let's Make Love (1960)
  • 青い目の蝶々さん My Geisha (1962)
  • ニューヨークの休日 Sunday in New York (1963)
  • 彼女は億万長者 I'd Rather Be Rich (1964)

脚注編集

外部リンク編集