メインメニューを開く

ノー・ルッキング・バック

ノー・ルッキング・バック』(No Looking Back)は、エドワード・バーンズ監督の1998年の映画。

ノー・ルッキング・バック
No Looking Back
監督 エドワード・バーンズ
脚本 エドワード・バーンズ
製作 エドワード・バーンズ
テッド・ホープ
マイケル・ノジック
製作総指揮 ロバート・レッドフォード
出演者 ローレン・ホリー
音楽 ジョー・デリア
撮影 フランク・プリンツィ
制作会社 ポリグラム・フィルムド・エンターテインメント
配給 アメリカ合衆国の旗グラマシー・ピクチャーズ
日本の旗20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗1998年3月27日
日本の旗2000年5月13日
上映時間 95分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $5 million
興行収入 $222,099
テンプレートを表示

概要編集

2人の男への恋愛感情で悩む女性を描くドラマ映画。「マクマレン兄弟」で成功したエドワード・バーンズの、監督3作目の作品。

ニューヨークのジョン・F・ケネディ空港に近い、映画の舞台と同じロックアウェイ・ビーチでロケーションが敢行された。

音楽では、ブルース・スプリングスティーンの「バレンタイン・デイ」「アイム・オン・ファイアー」などの既成曲が使われている。

ストーリー編集

ニューヨーク州ロックアウェイ・ビーチの食堂でウエイトレスとして働くクローディアは、幼馴染のマイケルと同棲していて、彼に結婚を迫られるが、離婚した姉ケリーや、夫に家を出て行かれてショックを受けている母のことを考えると、彼女はなかなか結婚に踏み出せない。

また、街のバーで会う仲間らとの会話など、凡庸な日常にも疑問を抱いていた。そんなある日、クローディアの前にかつてのボーイフレンドのチャーリーがやってきた。

チャーリーは昔と変わらず魅力的で「一緒に街を出よう」と誘われるが、彼は一度クローディアを捨てて街から出て行ったことがあり、彼女は彼を完全に信頼できない。

クローディアの気持ちが揺れ動く中、彼女に実家の母親が倒れたという電話が入ってきて・・・

キャスト編集

スタッフ編集

外部リンク編集