ロバート・レッドフォード

アメリカの俳優、映画監督 (1936 - )

チャールズ・ロバート・レッドフォード・ジュニアCharles Robert Redford Jr., 1936年8月18日 - )[1][2] は、カリフォルニア州サンタモニカ出身のアメリカ合衆国俳優映画監督映画プロデューサーサンダンス・インスティテュート英語版主宰。1970年代に、ハリウッド屈指の美男俳優として数多くの映画に出演。1980年、自身が監督した映画『普通の人々』でアカデミー監督賞を受賞、作品もアカデミー作品賞を受賞し、ハリウッドで初めて「演技と製作の双方で地位を確立した映画人」といわれた。

ロバート・レッドフォード
Robert Redford
Robert Redford
1971年撮影
本名 Charles Robert Redford Jr.
生年月日 (1936-08-18) 1936年8月18日(87歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州サンタモニカ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 俳優映画監督プロデューサー
ジャンル 映画
活動期間 1959年 -
活動内容 1959年:舞台初出演
1962年:映画初出演
1980年:初監督『普通の人々』でアカデミー賞受賞
2002年:アカデミー名誉賞
2018年:俳優業引退
配偶者 ローラ・ヴァン・ワーグネン(1958年 – 1985年)
シビル・ザガーズ(2009年 - )
主な作品
出演
サンセット物語』(1965年)
雨のニューオリンズ』(1966年)
明日に向って撃て!』(1969年)
白銀のレーサー』(1969年)
夕陽に向って走れ』(1969年)
大いなる勇者』(1972年)
候補者ビル・マッケイ』(1972年)
追憶』(1973年)
スティング』(1973年)
華麗なるギャツビー』(1974年)
コンドル』(1975年)
大統領の陰謀』(1976年)
遠すぎた橋』(1977年)
出逢い』(1979年)
ナチュラル』(1984年)
愛と哀しみの果て』(1985年)
スニーカーズ』(1992年)
アンカーウーマン』(1996年)
スパイ・ゲーム』(2001年)
オール・イズ・ロスト 〜最後の手紙〜』(2013年)
キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(2014年)
ニュースの真相』(2015年)
夜が明けるまで』(2017年)
さらば愛しきアウトロー』(2018年)
監督
普通の人々』(1980年)
リバー・ランズ・スルー・イット』(1992年)
クイズ・ショウ』(1994年)
モンタナの風に抱かれて』(1998年)
製作・製作総指揮
モーターサイクル・ダイアリーズ
 
受賞
アカデミー賞
監督賞
1980年普通の人々
名誉賞
2001年
ヴェネツィア国際映画祭
栄誉金獅子賞
2017年
ニューヨーク映画批評家協会賞
主演男優賞
2013年オール・イズ・ロスト 〜最後の手紙〜
AFI賞
アメリカ映画100年のヒーローと悪役ベスト100(ヒーロー部門第20位)
2003年明日に向って撃て!
英国アカデミー賞
主演男優賞
1970年『明日に向って撃て!』『夕陽に向って走れ』『白銀のレーサー
ゴールデングローブ賞
監督賞
1980年『普通の人々』
新人俳優賞
1965年サンセット物語
セシル・B・デミル賞
1993年
セザール賞
名誉賞
2019年
全米映画俳優組合賞
生涯功労賞
1995年
その他の賞
全米監督協会賞
長編映画監督賞
1980年『普通の人々』
テンプレートを表示

経歴 編集

カリフォルニア州ロサンゼルス郡サンタ・モニカ出身。父親の仕事の都合で同ロサンゼルス郡バン・ナイズ(Van Nuys)に移る[3]。バンナイズ高校に入学。クラスメイトにメジャーリーグ投手のドン・ドライスデールがいた[3]

高校を卒業後、野球特待生としてコロラド大学に進学。投手として活躍するも、未成年での飲酒が発覚し特待生の資格を失ったことを機に中退[3]。その後画家の道を志しヨーロッパに渡り放浪生活を送る[3] も挫折しアメリカに戻る。ユタ州に移住してアメリカ演劇アカデミーで舞台美術を学ぶ[3] が途中から俳優に転向し1959年ブロードウェイでデビューした。

テレビドラマ舞台で小さな役を経験し1962年には初の映画出演を果たすも大きな役に恵まれず長年に及ぶ下積み生活を余儀なくされた。1969年アメリカン・ニューシネマの傑作『明日に向って撃て!』に出演。ポール・ニューマンとの共演で話題を呼んだ本作は興業的に大成功を収め、レッドフォード自身も知的で信頼性があり、時に冷淡な雰囲気を醸し出す俳優として一躍スターダムに上り詰めた。

1970年代に入ると、ハリウッド屈指の美男俳優として数多くの作品に出演するようになり、1973年にはニューマンと再びタッグを組んだ映画『スティング』で主役の詐欺師を演じた。本作での軽妙な演技は高い評価を獲得し、第48回アカデミー賞では主演男優賞にノミネートされた上に作品自体は作品賞を受賞。その他にも、男女の哀しき恋愛を描いた映画『追憶』ではバーバラ・ストライサンド演じる理想主義な女性と恋に落ちる男を、ウォーターゲート事件を描いた政治サスペンス映画『大統領の陰謀』ではダスティン・ホフマン演じる若手記者と共に事件の究明を目指す後輩記者を熱演し、高い評価と人気を更に獲得していった。

1980年には監督業にも進出。初監督作品『普通の人々』で、処女作にもかかわらず、アカデミー監督賞を受賞。ハリウッドで初めて「演技と製作の双方で成功を収めた映画人」の地位を確立した。翌1981年ユタ州パークシティに若手映画人の育成を目的としてサンダンス・インスティテュートを設立。優秀なインディペンデント映画とその製作者を世に送り出すためにサンダンス映画祭を開催。現在は出演、監督、製作の面から映画に携わっている。

2013年、第66回カンヌ国際映画祭のコンペティション外で上映された『オール・イズ・ロスト 〜最後の手紙〜』(J・C・チャンダー監督)における演技が批評家と観客の双方から絶賛された。

同年、サンタバーバラ映画祭においてアメリカン・リヴィエラ賞を受賞した[4]

2016年、大統領自由勲章を受章[5]

2018年8月6日、俳優を引退すると表明したと報じられた[6]

政治的スタンス 編集

リベラル派で民主党支持者として知られ、環境問題ネイティヴ・アメリカンLGBTの権利[7]芸術活動などに取り組んでいる。議会にはたらきかけるアドヴォカシー団体も支援した。同じリベラル派のポール・ニューマンとは、政治的スタンスも一致していた。

私生活 編集

1959年に結婚し4人の子供をもうけるが(一人は乳児の時に死去)1985年に離婚。1990年代から同棲していた[8]女性と2009年に再婚した[9]

ギャラリー 編集

代表作品 編集

出演 編集

公開年 邦題
原題
役名 備考 吹替
1962 戦争狩り
Warhunt
ロイ
1965 サンセット物語
Inside Daisy Clover
ウエイド・ルイス 井上真樹夫(テレビ東京版)
戦場はどこだ!
Situation Hopeless but not serious
ハンク・ウィルソン
1966 雨のニューオリンズ
This Property is Condemned
オーウェン 広川太一郎
逃亡地帯
The Chase
チャーリー・リーヴス 伊武雅刀(TBS版)
山端零(VOD版)
1967 裸足で散歩
Barefoot in The Park
ポール 野沢那智(東京12ch版、テレビ朝日版)
三上哲(VOD版)
1969 明日に向って撃て!
Butch Cassidy and the Sundance Kid
サンダンス・キッド 英国アカデミー賞 主演男優賞 受賞 広川太一郎(LD版)
久富惟晴(フジテレビ版)
東地宏樹(オンデマンド版)
野沢那智(機内上映版)
夕陽に向って走れ
Tell Them Willie Boy Is Here
クリストファー・クーパー(クープ) 野沢那智(テレビ朝日版)
白銀のレーサー
Downhill Racer
デヴィッド 仲村秀生
1970 お前と俺
Little Fauss and Big Halsy
ハルシー・ノックス
1972 大いなる勇者
Jeremiah Johnson
ジェレマイア・ジョンソン 日下武史
候補者ビル・マッケイ
The Candidate
ビル・マッケイ 野沢那智
ホット・ロック
The Hot Rock
ジョン 野沢那智
1973 スティング
Sting
ジョニー・フッカー 内田夕夜(ソフト版)
柴田恭兵(日本テレビ版)
山寺宏一(テレビ朝日版)
広川太一郎(機内上映版)
追憶
The Way We Were
ハベル・ガードナー 有川博(テレビ版)
野沢那智(機内上映版)
1974 華麗なるギャツビー
The Great Gatsby
ジェイ・ギャツビー 森川智之(ソフト版)
北村総一朗(日本テレビ版)
広川太一郎(TBS版)
1975 華麗なるヒコーキ野郎
The Great Waldo Pepper
ウォルド・ペッパー 広川太一郎
コンドル
The three days of the Condor
ジョー・ターナー(コンドル) 野沢那智
1976 大統領の陰謀
All the President's Men
ボブ・ウッドワード 広川太一郎(TBS版)
1977 遠すぎた橋
A Bridge Too Far
クック少佐 川島得愛(ソフト版)
広川太一郎(日本テレビ版)
1979 出逢い
The Electric Horseman
ノーマン・スティール(サニー) 野沢那智
平田広明(補完部分)
1980 ブルベイカー
Brubaker
ヘンリー・ブルベイカー 野沢那智
1984 ナチュラル
The Natural
ロイ・ホブス 野沢那智
1985 愛と哀しみの果て
Out of Africa
デニス・フィンチ・ハットン 野沢那智(日本テレビ版)
古川登志夫(ソフト版)
1986 夜霧のマンハッタン
Legal Eagles
トム・ローガン 広川太一郎(テレビ東京版)
野沢那智(機内上映版)
1990 ハバナ
Havana
ジャック・ウェイル 野沢那智
1992 スニーカーズ
Sneakers
マーティン・ビショップ 野沢那智(ソフト版)
安原義人(日本テレビ版)
リバー・ランズ・スルー・イット
A River Runs Through It
ナレーター ノンクレジット 谷口節
1993 幸福の条件
Indecent Proposal
ジョン・ゲージ 野沢那智
1996 アンカーウーマン
Up Close & Personal
ウォーレン 野沢那智
1998 モンタナの風に抱かれて
The Horse Whisperer
トム・ブッカー 監督・製作・主演 磯部勉
2001 スパイ・ゲーム
Spy Game
ネイサン・D・ミュアー 野沢那智(ソフト版)
磯部勉(フジテレビ版)
広川太一郎(テレビ東京版)
ラスト・キャッスル
The Last Castle
アーウィン陸軍中将 野沢那智
2004 二重誘拐
The Clearing
ウェイン・ヘイズ 野沢那智
2005 アンフィニッシュ・ライフ
An Unfinished Life
アイナー 菅生隆之
2006 シャーロットのおくりもの
Charlotte's Web
馬のアイク 声の出演 高橋英樹
2007 大いなる陰謀
Lions for Lambs
スティーブン・マレー教授 監督・製作・主演 菅生隆之
2012 ランナウェイ/逃亡者
The Company You Keep
ジム・グラント / ニック・スローン 監督・製作・主演 石塚運昇
2013 オール・イズ・ロスト 〜最後の手紙〜
All Is Lost
我らの男 ゴールデングローブ賞 主演男優賞 (ドラマ部門)ノミネート 市川海老蔵
2014 キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー
Captain America: The Winter Soldier
アレクサンダー・ピアース 田中秀幸
2015 ロング・トレイル!
A Walk in the Woods
ビル・ブライソン 製作・主演 堀勝之祐
ニュースの真相
Truth
ダン・ラザー 日本公開は2016年8月 [10] 菅生隆之
2016 アメリカ・ワイルド
National Parks Adventure
ナレーター
ピートと秘密の友達
Pete's Dragon
ミーチャム 勝部演之
2017 ザ・ディスカバリー
The Discovery
トーマス・ハーバー 佐々木敏
夜が明けるまで
Our Souls at Night
ルイス・ウォーター 製作・出演 勝部演之
2018 さらば愛しきアウトロー
The Old Man and the Gun
フォレスト・タッカー 製作・出演 (吹き替え版なし)
2019 アベンジャーズ/エンドゲーム
Avengers: Endgame
アレクサンダー・ピアース 田中秀幸

監督・製作 編集

公開年 邦題
原題
担当 備考
1980 普通の人々
Ordinary People
監督 アカデミー監督賞 受賞
ゴールデングローブ賞 監督賞 受賞
1987 プロミスト・ランド/青春の絆
The Promised Land
製作総指揮
1988 ミラグロ/奇跡の地
The Milagro Beanfield War
監督
ダルク家の三姉妹
Some Girls
製作総指揮
1991 ダーク・ウィンド
The Dark Wind
製作総指揮
1992 リバー・ランズ・スルー・イット
A River Runs Through It
監督・製作・出演 出演はノンクレジット
インシデント・アット・オグララ
Incident At Oglala
製作総指揮 ドキュメンタリー
1994 クイズ・ショウ
Quiz Show
監督・製作
1996 彼女は最高
She's the One
製作
1998 モンタナの風に抱かれて
The Horse Whisperer
監督・出演
Fカップの憂うつ
Slums of Beverly Hills
製作総指揮
1999 ノー・ルッキング・バック
No Looking Back
製作
シビル・アクション
A Civil Action
製作
2000 バガー・ヴァンスの伝説
The Legend of Bagger Vance
監督・製作
舞台よりすてきな生活
How to Kill Your Neighbor's Dog
製作
2002 ニューヨーク 最後の日々
People I Know
製作総指揮
2003 モーターサイクル・ダイアリーズ
Diarios de motocicleta
製作総指揮
2007 大いなる陰謀
Lions for Lambs
監督・製作・出演
2010 声をかくす人
The Conspirator
監督・製作
2012 ランナウェイ/逃亡者
The Company You Keep
監督・製作・出演
2015 サスペクツ・ダイアリー すり替えられた記憶
The Adderall Diaries
製作総指揮
2019 ムスタング
The Mustang
製作総指揮

受賞歴 編集

アカデミー賞 編集

受賞
1980年度 アカデミー監督賞:『普通の人々
2001年度 アカデミー名誉賞
ノミネート
1973年度 アカデミー主演男優賞:『スティング
1994年度 アカデミー作品賞、アカデミー監督賞:『クイズ・ショウ

英国アカデミー賞 編集

受賞
1971年 主演男優賞:『明日に向って撃て!』、『白銀のレーサー』、『夕陽に向って走れ
ノミネート
1995年 作品賞:『クイズ・ショウ

ゴールデングローブ賞 編集

受賞
1966年 有望若手男優賞:『サンセット物語
1975年 ヘンリエッタ賞
1977年 ヘンリエッタ賞
1978年 ヘンリエッタ賞
1981年 監督賞:『普通の人々
1994年 セシル・B・デミル賞
ノミネート
1993年 監督賞:『リバー・ランズ・スルー・イット
1995年 監督賞:『クイズ・ショウ
1999年 監督賞:『モンタナの風に抱かれて
2013年 主演男優賞(ドラマ部門):『オール・イズ・ロスト 〜最後の手紙〜
2018年 主演男優賞 (ミュージカル・コメディ部門)さらば愛しきアウトロー

日本語吹き替え 編集

主に担当したのは、以下の二人である。

野沢那智
裸足で散歩』(東京12ch版)で初担当。最も多く吹き替えており、「(日本語吹き替え版の)レッドフォード役といえばこの人」と評されている[11]
生前の野沢はレッドフォードについて「顔がきれいで印象を壊しちゃいけないから、タッチの強い台詞が言えない。いちばん難しい」と吹き替える上での難しさを度々語っており[12]、吹き替える際には「(マイクが4本あったら)一番右のマイクに行き、共演者の皆が見える所で演じると、フランクな気持ちになって、楽になってやりやすい」と野沢流の“作法”を明かしており、吹き替える上では独自のこだわりを持って務めていたという[13]
広川太一郎
雨のニューオリンズ』(日本テレビ版)で初担当。野沢の次に多く吹き替えている。
後年は担当する機会が減ったものの、『大統領の陰謀』(TBS版、先述の野沢も自身の持ち役の一人であるダスティン・ホフマンの吹き替えで広川と共演している)での“ダンディ広川”とも評される名演から「またもう一度、広川さんにあのダンディなお声でロバート・レッドフォードをアテて頂きたい」という当時のテレビ東京のプロデューサーの希望から『スパイ・ゲーム』は広川による新録吹替が制作されることもあった[14]。なお、同作はシリアスな作品であるにもかかわらず広川はいざという時のアドリブに備えて台本に多数のダジャレを書き込んでいたといい、共演者は「やっぱりすごいなぁと思いましたね」とそのプロ意識に驚嘆したとのこと[15][16]
アニメ『キャプテン・フューチャー』ではレッドフォードをモデルにした主人公カーティス・ニュートンの声を担当した。

このほかにも、菅生隆之磯部勉田中秀幸勝部演之なども複数回、声を当てている。

関連書籍 編集

  • アンドリュー・アルバネーゼ/ブランドン・トリスラー編/佐々田雅子訳『グラデュエーションデイ ~未来を変える24のメッセージ』2007年4月。ISBN 9784903825007。本書にスピーチが収録。

脚注 編集

  1. ^ Charles Robert Redford”. California Birth Index, 1905–1995. Ancestry.com. 2011年6月16日閲覧。 “Name: Charles Robert Redford; Birth Date: 18 Aug 1936; Gender: Male; Mother's Maiden Name: Hart; Birth County: Los Angeles” ( 要購読契約)
  2. ^ “Monitor”. Entertainment Weekly (1220/1221): p. 28. (Aug 17–24, 2012) 
  3. ^ a b c d e Stated on Inside the Actors Studio, 2005
  4. ^ Santa Barbara Film Fest: 'All Is Lost' Star Robert Redford to Receive Special Honor”. 2013年12月17日閲覧。
  5. ^ “米大統領自由勲章にデニーロさん”. 共同通信. 47NEWS. (2016年11月17日). オリジナルの2016年11月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161117150331/http://this.kiji.is/171754995940409350?c=39546741839462401 2016年11月17日閲覧。 
  6. ^ ロバート・レッドフォードが俳優業からの引退を表明”. シネマトゥデイ (2018年8月6日21時12分). 2018年8月7日閲覧。
  7. ^ Robert Redford stands up for equal rights at Equality Utah Allies dinner”. 2020年3月28日閲覧。
  8. ^ Robert Redford marries long-term girlfriend Telegraph 2009年7月15日公開 2012年1月6日閲覧
  9. ^ “お相手は? 72歳のロバート・レッドフォードが再婚”. MSN産経ニュース. (2009年7月16日). オリジナルの2009年7月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090719072221/http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/090716/tnr0907161054002-n1.htm 2022年11月2日閲覧。 
  10. ^ 米大統領の経歴詐称は誤報だった!?ケイト・ブランシェット出演社会派ドラマ新予告”. 映画ナタリー. ナターシャ (2016年6月24日). 2016年6月24日閲覧。
  11. ^ 名匠トニー・スコットの本領発揮、痛快なスパイ映画の傑作『スパイ・ゲーム』を吹替えでもいかが?~12月字幕+吹替え3バージョン”. ザ・シネマ (2017年12月10日). 2023年9月18日閲覧。
  12. ^ とり・みき『とり・みきの映画吹替王』洋泉社、2004年、138- 147頁。ISBN 4896918371 
  13. ^ 『太陽がいっぱい スペシャル・エディション』(ジェネオン エンタテインメント)より
  14. ^ 久保一郎 (2011年9月3日). “ダークボの偏愛コラム”. シネ通!. テレビ東京. 2023年4月26日閲覧。
  15. ^ 今井敏行. “森川智之 J:COMスペシャルフォト・インタビュー”. MYJCOM. J:COM. 2023年8月25日閲覧。
  16. ^ 森川智之さんインタビュー – 吹替キングダム 日本語吹替え専門”. 吹替キングダム (2016年10月1日). 2023年8月25日閲覧。

参考文献 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集