メインメニューを開く
事故現場に設置された慰霊碑

ハットフィールド脱線事故(ハットフィールドだっせんじこ、英語:Hatfield rail crash)は、2000年10月17日イギリスハートフォードシャーハットフィールド東海岸本線で発生した列車脱線事故である。グレート・ノース・イースタン・レイルウェイ(GNER)の高速列車インターシティー225が脱線し、死者4名、負傷者70名以上を出した事故となった[1]

目次

事故の概要編集

2000年10月17日12時23分[2]、ロンドンのキングス・クロスリーズ行の特急列車が、ウェルハムグリーン-ハットフィールド間の緩やかな曲線を通過中に列車の一部が脱線・横転した[1]。場所はロンドンから北に27kmの地点で[3]、脱線時の速度は約毎時117マイル(時速188km)[1]、曲線半径1460mの緩やかなカーブを走行中であった[4]

事故を起こした列車の編成は、インターシティー22591形電気機関車英語版1両、マーク4客車9両(前から8両目は食堂車)、制御荷物車(DVT)英語版1両の11両編成で、機関車側が走行方向であった[5]。先頭機関車と続く2両の客車は脱線を免れたが、残り9両はすべて脱線し、その内の7、8両目が転倒までに至った[5]

原因編集

脱線の原因は、レールに既に発生していた疲労亀裂からレールが破断したことである[5]。事故の調査で、事故現場から300個のレールの破片が採取された。採取された破片の調査により、レール頭部から垂直方向に進展していた疲労亀裂が存在していたことが確認され、これがレールの破断をもたらしたと推定された[3]

脚注編集

参考文献編集

  • Independent Investigation Board (2006-7) (pdf). Train Derailment at Hatfield: A Final Report by the Independent Investigation Board, July 2006 (Report). Office of Rail Regulation. オリジナルの2013年10月1日時点によるアーカイブ。. http://webarchive.nationalarchives.gov.uk/20131001175041/http://www.rail-reg.gov.uk/upload/pdf/297.pdf 2013年6月22日閲覧。. 
  • クリスチャン・ウルマー『折れたレール イギリス国鉄民営化の失敗』坂本憲一訳、ウェッジ、2002年。ISBN 978-4900594562
  • 平川賢爾『英国高速鉄道ハットフィールド脱線事故の真相 ―レールの金属疲労は何故起こったか―』慧分社、2008年、1。ISBN 978-4-86330-004-0

外部リンク編集