メインメニューを開く

ストーリー編集

ニッキーとレオはトロントリトル・イタリー地区で生まれ育った。ニッキーの父親(サル)とレオの父親(ヴィンス)は同地でピザ店を共同で経営していたが、ちょっとしたことが原因で大喧嘩になり、そのまま決裂してしまった。それぞれ独自のピザ店を構えることになったが、店は隣同士であり、相手が商売敵になるという構図になってしまった。それが原因で、仲違いは一層悪化することになった。その結果、ニッキーはトロントを離れてロンドンで修行を積むことになった。そんなある日、ニッキーは師匠のコリーヌから料理コンテストへの出場を命じられ、そのための準備期間として2週間の休暇が与えられた。

帰省したニッキーはバーでレオと再会した。雨が降っていたにも拘わらず、酔っ払った2人はサッカーに興じた。翌日、ヴィンスの店のスタッフ(レオを含む)がパーティー用のピザにマリファナをふりかけた件で逮捕されたが、すぐに釈放された。ニッキーとレオは子供の頃を思い出しながら町を回った。そうしているうちに、2人の関係は深まっていき、ついにはベッドを共にするに至った。次の日、ニッキーはコリーヌから新メニューを催促された。あれこれ考えをめぐらせるものの、ニッキーは上手いアイデアを思いつけなかった。その頃、ニッキーの祖母(フランカ)とレオの祖父(カルロ)は婚約していた。フランカは亡き夫に「絶対に再婚しない」と誓ったこともあって、再婚に躊躇していたが、カルロの熱意に心を打たれたのである。

フランカとカルロが家族を招いて婚約報告をしたところ、サルとヴィンスは大喧嘩になった。挙げ句の果てに、2人はピザコンテストで負けた方がリトル・イタリーから出て行くという約束まで交わした。ところが、2人は前回のコンテストで一悶着を起こしたため、出場禁止を言い渡された。気が済まない2人は子供たちを対決させることにした。当初、2人は出場を拒んでいたが、些細なことから口論に発展してしまい、結局コンテストに出場することになった。

ピザ・コンテストで優勝したのはレオだった。敗れたニッキーはそのまま空港に向かい、ロンドンに帰ることにした。ほどなくして、レオはある事実に気が付いた。

キャスト編集

製作編集

2017年7月6日、ドナルド・ペトリ監督の新作映画にエマ・ロバーツとヘイデン・クリステンセンが出演するとの報道があった[3]。11月1日、ヴォルテージ・ピクチャーズが本作の製作に携わることになったと報じられた[4]

マーケティング・興行収入編集

2018年7月12日、本作のオフィシャル・トレイラーが公開された[5]

2018年8月24日、本作は北米133館で公開され、公開初週末に28万3399ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場25位となった[6]

評価編集

本作に対する批評家からの評価は芳しいものではない。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには16件のレビューがあり、批評家支持率は19%、平均点は10点満点で4.24点となっている[7]。また、Metacriticには4件のレビューがあり、加重平均値は28/100となっている[8]

出典編集

  1. ^ ハッピーシェフ! 恋するライバル”. 映画.com. 2019年7月7日閲覧。
  2. ^ Little Italy”. Box Office Mojo. 2019年7月7日閲覧。
  3. ^ Emma Roberts and Hayden Christensen star in romantic comedy "Little Italy" directed by Donald Petrie”. PR Newswire (2017年7月6日). 2019年7月7日閲覧。
  4. ^ Emma Roberts, Hayden Christensen rom-com 'Little Italy' lands at Voltage”. Screendaily (2017年11月1日). 2019年7月7日閲覧。
  5. ^ Emma Roberts and Hayden Christensen Are the Romeo and Juliet of Pizza in 'Little Italy' Trailer (Exclusive)”. Entertainment Tonight (2018年7月12日). 2019年7月7日閲覧。
  6. ^ August 24-26, 2018”. Box Office Mojo. 2019年7月7日閲覧。
  7. ^ Little Italy”. Rotten Tomatoes. 2019年7月7日閲覧。
  8. ^ Little Italy (2018)”. Metacritic. 2019年7月7日閲覧。

外部リンク編集