ハッピーフッカー3/風俗軍団首都侵攻

ハッピーフッカー3/風俗軍団首都侵攻』(ハッピーフッカー3/ふうぞくぐんだんしゅとしんこう、The Happy Hooker Goes to Washington)は、ウィリアム・A・レヴィ監督による1977年のアメリカ合衆国コメディ映画。1975年に公開された『ハッピーフッカー/陽気な娼婦』(The Happy Hooker)の続編。邦題では「3」となっているが、三部作の2作目である。ジョーイ・ヘザートンリン・レッドグレイヴに代わって主人公のザヴィエラ・ホランダーを演じた。

ハッピーフッカー3/風俗軍団首都侵攻
The Happy Hooker Goes to Washington
監督 ウィリアム・A・レヴィ
脚本 ロバート・カウフマン
製作 ウィリアム・A・レヴィ
出演者 ジョーイ・ヘザートン
ジョージ・ハミルトン
音楽 ルディ・マリネッリ
撮影 ロバート・カラミコ
編集 ラリー・マリネッリ
配給 キャノン・フィルムズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1977年7月15日
上映時間 89分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

映画のキャッチフレーズは、「She served her country... the only way she knew how!」(彼女は故国に尽くした...彼女が知る唯一の方法で!)であった[1]

ジョージ・ハミルトンジョー・E・ロス英語版ラリー・ストーチリップ・テイラーカメオ出演している。

あらすじ 編集

世界的に有名な娼婦であるザヴィエラ・ホランダーが、アメリカ合衆国議会で証言するよう求められる。

主なキャスト 編集

俳優 役名
ジョーイ・ヘザートン ザヴィエラ・ホランダー
ジョージ・ハミルトン ワード・トンプソン
レイ・ウォルストン スタージェス上院議員
ジャック・カーター英語版 カルーソー上院議員
ルイザ・モリッツ英語版 ナタリー・ナスバウム
リップ・テイラー 写真家
フィル・フォスター英語版 クラウス上院議員
デヴィッド・ホワイト ローリングス上院議員
ジョー・E・ロス英語版 夜警
ビリー・バーティ 小さな男
ハロルド坂田 ウォン
エディ・ウィリアムズ シモンズ教授
ラリー・ストーチ ロビー・ボッグス
ウィル・ハッチンス英語版 ランドール・ピータースドルフ
シセ・キャメロン英語版 ミス・グッドボディ

関連作品 編集

脚注 編集

  1. ^ The Happy Hooker Goes to Washington - Rotten Tomatoes(英語)2023年3月4日閲覧。

外部リンク 編集