メインメニューを開く

ハニフ・クレイシ (Hanif Kureishi) はイギリス出身の作家、脚本家、映画監督。

ハニフ・クレイシ
Hanif Kureishi
Hanif Kureishi.jpg
2008年9月8日、エモリー大学のマイケル・カルロス美術館で講演するハニフ・クレイシ
誕生 (1954-12-05) 1954年12月5日(64歳)
ブロムリー
国籍 イギリスの旗 イギリス
最終学歴 キングス・カレッジ・ロンドン
活動期間 1976年 -
ジャンル 作家、脚本家、映画監督
文学活動 ポストコロニアル
公式サイト http://hanifkureishi.co.uk/
テンプレートを表示

略歴編集

父親はボンベイの名家出身のインド人(イスラム教徒のため、後にパキスタン国籍)、母親はイギリス人。ロンドン大学で哲学を学び、1975年(21歳)からロンドンのロイヤル・コート劇場に勤務しながら、脚本を書き始めた。「The Mother Country」(1980)でテムズ・テレビ戯曲賞を受賞。

1985年、スティーヴン・フリアーズ監督と組み、テレビ映画用として脚本を書いた「マイ・ビューティフル・ランドレット」(1985)が劇場公開され、数々の脚本賞を受賞し、アカデミー賞にもノミネートされた。

1990年、初の長編小説「郊外のブッダ」で、ウィットブレッド賞(現コスタ賞)の処女小説部門を受賞し、英国文壇に華々しいデビューを飾った。

翌91年には、アナーキックな怒れる若者たちを描いた「ロンドン・キルズ・ミー」で自ら監督を務め、93年には「郊外のブッダ」が英国放送協会によりテレビドラマ化され、デヴィッド・ボウイの主題歌とともに話題となった。99年、大人のための恋愛短編集「ミッドナイト・オールデイ」を発表。

そして2001年、彼の著書「ぼくは静かに揺れ動く」(1998)を基に、パトリス・シェロー監督により映画化された「インティマシー/親密」は、その年のベルリン国際映画祭で、最優秀作品賞、最優秀主演女優賞、最優秀ヨーロッパ映画賞の三部門を受賞し、翌2002年には日本でも公開された。

2008年に大英帝国勲章(CBE)受賞。最新作は「The Last Word」(2014)。

主な作品編集

長編小説編集

短編小説編集

映画編集

外部リンク編集