メインメニューを開く

ハリー・ハーグ・ジェイムス(Harry Haag James、1916年3月15日1983年7月5日)は、アメリカ合衆国ジャズ・ミュージシャン、トランペット奏者、ビッグ・バンド・リーダーである。1930年代から1970年代にかけて、アメリカを中心に活動し、スウィング・ジャズ・スタイルによる華麗で甘美なトランペット演奏でジャズ、ポピュラー音楽界で人気を得た。1983年に、リンパ腺癌のため67歳で死去。

Harry James
Harry James in Best Foot Forward trailer.jpg
基本情報
出生名 Harry Haag James
生誕 1916年3月15日
ジョージア州オールバニ
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ジョージア州オールバニ
死没 (1983-07-05) 1983年7月5日(67歳没)
ネバダ州ラスベガス
ジャンル ジャズ
職業 バンドリーダー
担当楽器 トランペット
活動期間 1936-1983
レーベル コロムビア・レコード
キャピトル・レコード
MGM

目次

経歴編集

出生編集

ハリー・ハーグ・ジェイムスは1916年3月15日、アメリカ合衆国のジョージア州オールバニにて、サーカス団「マイティ・ハーグ・サーカス」のバンドリーダーでトランペット奏者である父、エヴェレット・ロバート・ジェイムスと、同じ団員で空中曲芸師の母、メイベル・スチュワート・クラーク・ジェイムスとの間に生まれた。ハリーは4歳の頃からサーカスの芸人として、両親が所属するサーカス団で働きはじめるが、まもなく音楽に興味を持つようになり、父親から音楽の手ほどきを受け、6歳の頃から小太鼓を叩くようになり、10歳の時に初めてトランペットを手にする。ハリーのトランペットの技量は、12歳の時には両親が所属していた「クリスティ・ブラザーズ・サーカス」のバンドの2番トランペットの座を手にするほど上達し、14歳の時、テキサス州で開催されたアマチュア音楽コンクールのトランペット部門で優勝。トランペット奏者として自信を深めたハリーは地方のダンス・バンドでアマチュア活動を始めた。

スウィング黄金時代編集

1935年、19歳のハリーはベン・ポラック英語版のビッグ・バンドに雇われ、プロとして活動を開始。同年5月には歌手であるルイーズ・トービンと結婚した。1936年6月には初録音を行なったが、間もなく、スウィング・ジャズの旗手として人気を集めていたベニー・グッドマンに誘われ、1937年1月に彼の楽団に引き抜かれた。楽団でもハリーのトランペットは人気を博し、同年12月には初のリーダー録音をブランズウィック・レコードに行なう。1938年1月16日にはグッドマン楽団の一員として、ジャズ史上名高いカーネギー・ホール・ジャズ・コンサート英語版に出演。1939年にはグッドマン楽団から独立、自身のバンド「ミュージック・メイカーズ」を結成し、コロムビア・レコードと契約した。ハリー・ジェイムスとミュージック・メイカーズは1940年2月にフィラデルフィアベン・フランクリン・ホテル英語版でステージ・デビュー。ハリーはカウント・ベイシー楽団を模倣したスタイルで演奏し、当時無名だったフランク・シナトラを見出した。ビッグバンド運営が経済的に行き詰まり始めた1941年、ハリーは単なるスウィング・スタイルではなく、より大衆に受け入れられやすいように、バンドにストリングスを加え、ムード音楽寄りのナンバーをレパートリーに加えた。1942年、第二次世界大戦の影響下にあって、活動の機会は減っていくが、ハリーは活動の場をラジオや映画などにも広げ、"Sleepy Lagoon"、"Strictly Instrumental"、"Velvet Moon"、キティ・カレン英語版を歌手に迎えた、"It's Been A Long,Long Time"、同じくヘレン・フォレスト英語版との"I Don't Want to Walk Without You"、"I Had Craziest Dream "、"I've Heard That Song Before"などのヒット曲を放つほか、俳優としてハリウッド映画にも出演。1943年には昨年最も顕著な活動をしたアメリカ人音楽家として、ビング・クロスビーに次いで2位にランクされた。6月に妻ルイーズと離婚し、翌月には映画女優のベティ・グレイブルと結婚し、2人の子供をもうける。まもなくハリーはニューヨークに移住し、1945年1月にはダニー・ケイが司会を務めるラジオ番組にレギュラー出演するが、再びビッグ・バンドの運営が難しくなり、1946年12月、ついに「ミュージック・メイカーズ」を解散した。

戦後編集

しかし、翌年にはストリングス奏者を減らし、ジャズ色を強く打ち出した編成で再びバンドを結成する。1951年には自身のテレビ・シリーズ、「ハリー・ジェイムス・ショー」を開始。1955年にはキャピトル・レコードと契約し、同年7月には1940年代にコロムビア・レコードから彼が放ったヒット曲を再演したアルバム「ハリー・ジェイムス・イン・ハイ・ファイ」を録音。すぐに続編が作られるほどの大ヒットとなる。また、同年に制作されたベニー・グッドマンの伝記映画、「ベニイ・グッドマン物語」には俳優としてハリー自身の役で出演し、キャピトル・レコードで制作された同名アルバムの録音にも参加した[1]。1957年10月には初のヨーロッパ・ツアーを敢行し、60年代以降にもビッグ・バンドを率いて活発に演奏活動を行なった。1965年10月には妻ベティと離婚するなど、アルコールなどによる私生活のトラブルがあったが、晩年に至るまでツアーやホテルなどでの活動を続けた。1983年にはリンパ腺癌と診断されたが演奏活動をやめず、同年7月5日に、ラスベガスにて67歳で死去。ハリーが最後の演奏を行なってから9日後のことであった。

演奏スタイル編集

ハリー・ジェイムスのトランペット演奏は、グッドマン楽団のトランペット奏者、バニー・ベリガン英語版などからの影響がみられ、派手な高音から落ち着いた低音まで、トランペットを完璧にコントロールし、安定した音量で吹き続けることができる優れた技量を持っていた。1955年に発表されたアルバム「ハリー・ジェイムス・イン・ハイ・ファイ」の裏ジャケットには録音マイクから1メートル以上離れてトランペットを吹くハリーの写真が使われており、その音量の大きさが推量できる。ハリーは1930年代から晩年に至るまで、その生涯の多くをビッグ・バンドのバンドリーダーとして活動したが、そのバンドはジミー・ランスフォード英語版や、カウント・ベイシーなどからの影響を聴き取ることができる。ハリーは演奏家としての資質に加え、眉目秀麗な容貌と、華のある天性のショーマンシップで、アメリカのショービジネス界を代表するトランペッター兼バンド・リーダーとして国民的人気を得た。

代表的な録音(アルバム)編集

  • 『カーネギー・ホール・ジャズ・コンサート』 ベニー・グッドマン 1938年 COLUMBIA
  • 『トランペット・タイム』 1950年 COLUMBIA (1940年~1949年までのヒット曲集)
  • ハリー・ジェイムス・イン・ハイ・ファイ』 1955年 CAPITOL
  • 『ゴールデン・トランペット』 1968年 DECCA
  • 『32nd Anniversary Night Vol.1&2』 1971年 HITCHCOCK MEDIA

フィルモグラフィー編集

出演編集

  • 『聖林ホテル』 1937年 日本公開1938年
  • 『ロッキーの春風』Springtime in the Rockies 1942年 日本公開1951年
  • 『Private Buckaroo』 1942年 日本未公開
  • 『Swing Fever』 1943年 日本未公開
  • 『Best Foot Forward』 1943年 日本未公開
  • 世紀の女王』Bathing Beauty 1944年 日本公開1952年
  • 『姉妹と水兵』Two Girls and a Sailor 1944年 日本公開1948年
  • 『Do You Love Me』 1946年 日本未公開
  • 『If I'm Lucky』 1946年 日本未公開
  • カーネギー・ホール』Carnegie Hall 1947年 日本公開1952年
  • 『I'll Get By』 1950年 日本未公開
  • ベニイ・グッドマン物語』The Benny Goodman Story 1956年 日本公開1956年
  • 『The Opposite Sex』 1956年 日本未公開
  • 『Outlaw Queen』 1957年 日本未公開
  • 『Riot in Rhythm』 1957年 日本未公開
  • 『底抜けもててもてて』The ladies man 1961年 日本公開1961年
  • 『スティング2』The Sting II 1983年 日本未公開ビデオ発売1989年

吹き替え編集

脚注編集

  1. ^ これは映画で使用されたMCA制作のサウンドトラックとは別録音である

外部リンク編集