ハリー・ポッターと炎のゴブレット

ハリー・ポッターシリーズ > ハリー・ポッターと炎のゴブレット

ハリー・ポッターと炎のゴブレット』(ハリー・ポッターとほのおのゴブレット、原題: Harry Potter and the Goblet of Fire)は、イギリス児童文学作家J・K・ローリング2000年に発表した、子供向けのファンタジー小説ハリー・ポッター』シリーズの第4巻。2001年ヒューゴー賞(長編小説)を受賞した。2005年に同じ題名で映画化された。

ハリー・ポッターと炎のゴブレット
Harry Potter and the Goblet of Fire
著者 J・K・ローリング
訳者 松岡佑子
イラスト イギリスの旗 ジャイルズ・グリーンフィールド
日本の旗 ダン・シュレシンジャー
発行日 イギリスの旗 2000年7月8日
日本の旗 2002年11月1日
発行元 イギリスの旗 Bloomsbury Publishing
日本の旗 静山社
ジャンル ファンタジー
イギリスの旗 イギリス
言語 英語
形態 上製本
ページ数 イギリスの旗 636
前作 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
次作 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
コード イギリスの旗 ISBN 0-7475-4624-X
日本の旗 ISBN 4-915512-45-2
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

概要編集

ホグワーツ魔法魔術学校の4年生となったハリー・ポッターが、望まないまま三大魔法学校対抗試合の選手となり、その裏に史上最悪の魔法使いヴォルデモートの謀略を感じつつ、厳しい試練に立ち向かう一年間を描く。

あらすじ編集

夏休み、ハリーは、奇妙な夢で目が覚める。その夢とは、リトル・ハングルトンにあるリドルの館でヴォルデモートピーター・ペティグリュー(ワームテール)が自分を殺す計画を立てていて、そこへ現れたマグルの老人フランク・ブライスがヴォルデモートに殺されるというものだった。

その後、ハリーはウィーズリー家からの招待を受け、上級生のセドリック・ディゴリー、その父エイモスとともにクィディッチ・ワールドカップの決勝を観戦しに行く。ハリーは会場で、魔法省の「魔法スポーツ・ゲーム部」部長、ルード・バグマンロン・ウィーズリーの兄であるパーシーの上司、バーテミウス(バーティ)・クラウチ、そして彼の屋敷しもべ妖精ウィンキーと出会う。ウィンキーはハリーの手で自由の身となった屋敷しもべ妖精ドビーの知り合いであり、ドビーは本来は無給で働かなければいけない屋敷しもべ妖精でありながら、給料をもらえる職場を探しているため、新しい職場が見つからないのだと語る。

アイルランド対ブルガリアのクィディッチの試合をアイルランドが制した激戦のその夜、仮面をつけた複数の魔法使い、通称「死喰い人」と呼ばれるヴォルデモート卿の配下たちによって13年ぶりにとある事件が起こる。そしてハリー、ロン、ハーマイオニーの3人が混乱から逃げる途中、13年ぶりに不気味な闇の印(ヴォルデモート卿と死喰い人の印)が打ち上げられる。事件現場の真下には魔法省の役員数十名が放った「失神呪文」に当たったウィンキーが、気づかないうちに失くしていたハリーの杖を持ち、失神していた。クラウチは自分が指示した場所にウィンキーがいなかったことに激怒し、ウィンキーを解雇する。ハーマイオニーはそんなクラウチの行動に納得がいかず腹を立てる。

新学期が始まり、元「闇祓い」アラスター・ムーディ(マッド-アイ)が「闇の魔術に対する防衛術」教授に就任する。そしてアルバス・ダンブルドア校長が、ホグワーツ魔法魔術学校ダームストラング専門学校ボーバトン魔法アカデミーの3校による「三大魔法学校対抗試合(トライ・ウィザード・トーナメント)」が約100年ぶりにこの一年間にわたって行われることになり、代表選手は各校の17歳以上の生徒からひとりずつ選ばれると発表する。

ハロウィーンの日、ダームストラングとボーバトンの生徒たちと各校長たちがホグワーツに到着する。その夜、ダンブルドアは代表選手を選び出す「炎のゴブレット」を紹介し、立候補する者は名前を書いた紙をゴブレットのなかに入れるよう告げる。代表選手の名前のみが、ゴブレットから出ることになっている。結果、ホグワーツからはセドリック・ディゴリー、ダームストラングからはビクトール・クラム、ボーバトンからはフラー・デラクールが出場することとなる。しかし、その3人が選ばれたあとも火は燃えつづけ、ゴブレットからハリーの名前が出てくる。ハリーは自分の名前を入れていなかったため困惑するが、魔法契約の拘束力により辞退できず、4人目の代表選手として三大魔法学校対抗試合に出場することになる。

規定外でありながらも代表となったハリーは、多くの生徒からひんしゅくを買うことになり、親友のロンにも疑われ、絶交状態になる。さらに記者のリータ・スキーターが悲劇的に脚色した中傷記事が「日刊予言者新聞」に掲載され、生徒たちからはより誤解を受ける。

第一の課題は、1頭のドラゴンから第二の課題についてのヒントが隠されている金色の卵を奪うことであった。ルビウス・ハグリッドの助けもあってこの課題を早く知ったハリーは、クラムとフラーの二人も課題の内容を知っていることに気付き、セドリックにも内容を教える。ハーマイオニーの助力を得てドラゴンを出し抜く方法を考えていたハリーは、ムーディからのアドバイスを参考に「呼び寄せ呪文」の練習を始める。

第一の課題で、ハリーは呼び寄せ呪文を使って、シリウス・ブラックからもらった箒(ほうき)、ファイアボルトでの飛行による陽動作戦で金の卵を奪う。肩を怪我するものの、結果はクラムと同点で1位になる。ロンの誤解も解け、ふたりは仲直りする。

ある日、ハリーがハーマイオニーに連れられホグワーツの厨房を訪れると、そこではドビーが働いていた。彼は、週給1ガリオン、1か月に1日の休日をもらっていると言い、ハーマイオニーは喜ぶ。一方、ドビーと一緒にダンブルドアに雇われたウィンキーは、クラウチを思って泣き続ける日々を送っていた。

三大魔法学校対抗試合にともない、クリスマスにダンスパーティが開かれることとなる。ハリーたち代表選手はパートナーと最初に踊ることが決められており、ハリーはパートナーを探さなくてはならなくなる。意を決して初恋の相手、チョウ・チャンに申し込むが、セドリックと行くことになっていると断られる。ロンもフラーに申し込むが断られ、ふたりは焦る。ロンは、最後の手段だとばかりにハーマイオニーを誘うが、彼女はすでにパートナーが決まっていると言われ、断られる。なんとか学年一の美女、パーバティ・パチルを誘うことに成功したハリーは、彼女の妹のパドマ・パチルをロンに紹介してもらえることになり、ふたりともパートナーが決まる。

パーティ当日、ハリーとロンは、美しくドレスアップしてクラムのパートナーとなっているハーマイオニーを見て驚く。パーバティとパドマに愛想をつかされたふたりが庭を歩いていると、セブルス・スネイプがダームストラングの校長イゴール・カルカロフにホグワーツから逃げるよう言っているのを聞く。さらに、ハグリッドがボーバトンの校長、オリンペ・マクシームに自分が半巨人であることを明かすのも聞き、ショックを受ける。

第二の課題が近づいているにもかかわらず、ハリーは金の卵のヒントの謎を解き明かせていなかった。ダンスパーティの帰りにセドリックから卵を持って監督生のバスルームに入るよう言われていたため、意を決し、それを実行する。そこでハリーは嘆きのマートルに出会い、その助言に従って卵を水の中に入れてみると、水中人(マーピープル)の歌が聞こえてくる。その歌の内容は「湖の深い底にいる自分にとって大切なものを時間内に取り戻せ」というものだった。風呂場から帰る途中、ハリーは「忍びの地図」に書かれているスネイプの研究室に、病気のため、クリスマスからホグワーツに姿を見せていない「バーテミウス・クラウチ」と書かれているのを見つけ、不思議に思う。

卵の中のヒントは分かったものの、どうやって水中で呼吸すれば良いのか分からないハリーは、ロンとハーマイオニーと図書室で本を調べるが、ふたりは途中でマクゴナガルから呼び出されたまま戻って来ない。ひとりで探しているうちに眠り、試合開始の10分前にドビーに起こされる。諦めかけたハリーはドビーから鰓昆布を使うアドバイスを受け、試合に参加する。

の底にはロン、ハーマイオニー、フラーの妹のガブリエル、チョウが水魔に捕らわれていた。チョウがセドリックに、ハーマイオニーがクラムに助けられ陸に向かうなか、フラーだけが現れない。ハリーはロンとガブリエルを連れて、棄権したフラーを除く3人のうちの最後に陸に戻る。ハリーは到着が一番遅かったがその行ないは非常に道徳的であるとの判断で、カルカロフを除くすべての審査員から高得点を受け、2戦の合計でセドリックと同点一位となる。

ホグズミード村に隠れ住んでいるシリウス・ブラックを訪ねたハリー、ロン、ハーマイオニーは、彼からクラウチの息子のことを聞かされる。死喰い人だったクラウチの息子は、父親に見捨てられアズカバンに送られたあとに死亡し、クラウチ自身も周りから息子の行状を監督できなかったことを批判され、魔法省での立場が悪くなり、今に至っているという。一方、リータ・スキーターに中傷の記事を書かれたハーマイオニーは、学校に出入り禁止になっているはずの彼女が、なぜ個人的な会話を立ち聞きして記事にできるのかを探り始める。

第三の課題の説明を受けたあと、クラムと歩いていたハリーは浮浪者のような姿になったクラウチを見つける。わけのわからないことを口走るクラウチをクラムに見張らせ、ハリーはダンブルドアを呼びに行く。戻るとそこにクラウチの姿はなく、クラムが失神し倒れていた。クラムは無事だったが、ハリーはむやみに出歩かないようにハグリッドとシリウスから注意を受ける。

ハリーが占い学の授業中に居眠りをしていると、ヴォルデモートがワームテールを拷問する夢を見る。額の傷の痛みで目が覚めたハリーはダンブルドアに報告に行く。校長室に行くとダンブルドアは留守で、部屋にあった水盆、「憂いの篩(うれいのふるい)」に顔を突っ込むと、ハリーはダンブルドアの「記憶」のなかに入る。過去でクラウチの息子が法廷で父親に裁かれている場面を見て、同級生ネビル・ロングボトムの両親がクラウチの息子とベラトリックス・レストレンジに拷問されたすえに正気を失ったことを知る。その後、戻って来たダンブルドアに夢のことを話し、ネビルの両親については黙っているよう言われ、ハリーは校長室を出る。

第三の課題ではハリーは迷路でスフィンクスやほかの選手たちを抜かし、今まで助け合ってきたセドリックと一緒に優勝杯を取る。しかし、優勝杯は移動キーになっており、ふたりは「トム・リドル・シニア(ヴォルデモートの父親)」と書かれた墓があるリトル・ハングルトンに連れて行かれ、セドリックは待ち構えていた配下のワームテールに死の呪いで殺される。そしてその後、父親の骨、下僕(ワームテール)の肉、敵(ハリー)の血という3つのアイテムにより、ヴォルデモート卿はついに復活する。その後、配下の死喰い人たちがヴォルデモートの招集に応じて集まる。そして、ハリーはヴォルデモートと決闘するが、互いの呪文がぶつかりあったとき、ヴォルデモートの杖で殺された人々のゴーストのような姿が杖から現れる。ハリーは現れた両親のアドバイスや、セドリックのゴーストの最後の願いによって助けられ、セドリックの亡骸とともにホグワーツに戻る。

直前まで墓場で起きていた惨事をまだ信じきれないハリーは、何があったのかをダンブルドアに嗚咽しながら話す。ハリーは優しく諭すようなムーディに連れられて彼の部屋へ向かうが、そこでムーディは「闇の印」を打ち上げたのもハリーの名前をゴブレットに入れたのも、さらにハリーが優勝するよう仕向け、ゴブレットを移動キーに替えたのも自分だと語る。ムーディは真相を話し終えると、周りを警戒しながらもハリーに向かって杖を上げる。唖然として動けないハリーだが、間一髪のところでダンブルドアに救出される。ムーディが所持していた魔法のトランクの中からは本物のムーディが現れ、狂気に取り憑かれハリーを殺そうとする偽のムーディはポリジュース薬(変身薬)を飲み忘れていたためもとの姿に戻る。その正体はクラウチの息子、バーテミウス・クラウチ・ジュニアだった。「忍びの地図」に現れた「バーテミウス・クラウチ」の名前は、父親と同じ名前をつけられた彼のものであった。

真実薬」を飲まされたクラウチ・ジュニアは、アズカバンにいたとき、命がもう少ないと分かっていた母親が父親に、代わりに自分を助けるよう頼んで、ポリジュース薬で互いに姿を変え脱獄したこと、その後父親に服従の呪文で監禁されたが、徐々に呪文を打ち破り何とか抜け出してヴォルデモートに会ったこと、そして父親を逆に服従させ、ムーディを捕えて彼に変身し、ホグワーツに入ったことを語る。さらに息子は父親をハリーがクラムと歩いていた日に殺したという。その場に呼び出されたウィンキーはそれを聞いて号泣する。

ハリーは、ヴォルデモートの杖から両親やセドリックの姿が現れたのは、ヴォルデモートの杖とハリーの杖の芯に使われている不死鳥の尾羽が、フォークスのものだったからだとダンブルドアに聞かされる。ロン、ハーマイオニー、ロンの母のモリー、兄のビル、シリウスに付き添われ医務室に入院することになったハリーのもとに、魔法大臣コーネリウス・ファッジが訪れる。ファッジに付き添っていた吸魂鬼はクラウチ・ジュニアの魂を吸い取り、だんぶるハリーのことを中傷記事にするリータの記事を信じるファッジは真っ向からヴォルデモートの復活を信じず、ハリーに優勝賞金1千ガリオンを与えてすぐに去る。ダンブルドアはファッジと決別し、かつての仲間に連絡をとるようにシリウスに告げ、スネイプにも任務を与える。

終業式の祝いの席で、ダンブルドアは生徒たちにセドリックの死とヴォルデモートの復活について語る。ハリーは賞金をセドリックの両親に渡そうとするが断られたため、悪戯(いたずら)用品専門店〔ゾンコ〕を開くのに資金が必要なウィーズリーの双子兄弟に与える。ハーマイオニーは、リータ・スキーターが無許可の「動物もどき」(アニメーガス)であることを暴き、一年間ペンを持たないよう命令する。汽車の中で楽しい一時を過ごしたハリーは、ふたたびダーズリー家に帰宅する。

映画編集

魔法ワールド > ハリー・ポッター (映画シリーズ) > ハリー・ポッターと炎のゴブレット
ハリー・ポッターと炎のゴブレット
Harry Potter And The Goblet Of Fire
監督 マイク・ニューウェル
脚本 スティーブ・クローブス
原作 J・K・ローリング
製作 デヴィッド・ハイマン
製作総指揮 デヴィッド・バロン
ターニャ・セガーチェン
出演者 ダニエル・ラドクリフ
ルパート・グリント
エマ・ワトソン
ロビー・コルトレーン
レイフ・ファインズ
マイケル・ガンボン
ブレンダン・グリーソン
ジェイソン・アイザックス
ゲイリー・オールドマン
ミランダ・リチャードソン
アラン・リックマン
マギー・スミス
ティモシー・スポール
フランシス・デ・ラ・トゥーア
ペジャ・ビヤラク
デイビッド・ブラッドリー
ワーウィック・デイヴィス
トム・フェルトン
ロバート・ハーディー
シャーリー・ヘンダーソン
ロジャー・ロイド・パック
マーク・ウィリアムズ
スタニスラフ・アイエネフスキー
ロバート・パティンソン
クレマンス・ポエジー
音楽 パトリック・ドイル
撮影 ロジャー・プラット
編集 ミック・オーズリー
製作会社
配給 ワーナー・ブラザース
公開   2005年11月18日
  2005年11月26日
上映時間 157分
製作国   アメリカ合衆国
  イギリス
言語 英語
製作費 $150,000,000[1]
興行収入 $895,921,036[1]
110億円[2]  
前作 ハリー・ポッターと
アズカバンの囚人
次作 ハリー・ポッターと
不死鳥の騎士団
テンプレートを表示

暗い内容からアメリカではシリーズ初のPG-13(13歳未満には保護者の強い注意が必要)に格付けされた。

原作の「屋敷しもべ妖精解放戦線」の話は、映画版ではまるごと削られている。そのためドビーやウインキーも映画版には登場せず、鰓昆布を渡す役が、ドビーからネビルになっている。

本作で初めて英国人監督が起用された(1、2作目はアメリカ人のクリス・コロンバス、3作目はメキシコ人のアルフォンソ・キュアロン)。エンドクレジットの最後には、制作中に亡くなったキャスティング・ディレクター(Mary Selway)への追悼文が挿入されている。

なお、ビデオカセットの発売(セル・レンタル)はこの4作目が最後となり、次作以降のハリー・ポッターシリーズはすべてディスクメディア(DVDUMDBlu-ray Disc)での発売となっている。

スタッフ編集

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹替え
ハリー・ポッター
タイトル・ロール
ダニエル・ラドクリフ 小野賢章
ロン・ウィーズリー ルパート・グリント 常盤祐貴
ハーマイオニー・グレンジャー エマ・ワトソン 須藤祐実
セドリック・ディゴリー ロバート・パティンソン 日野聡
ビクトール・クラム スタニスラフ・アイエネフスキー 坂詰貴之
フラー・デラクール クレマンス・ポエジー 小笠原亜里沙
アラスター・ムーディ ブレンダン・グリーソン 小林修
アルバス・ダンブルドア マイケル・ガンボン 永井一郎
ミネルバ・マクゴナガル マギー・スミス 谷育子
ルビウス・ハグリッド ロビー・コルトレーン 斎藤志郎
セブルス・スネイプ アラン・リックマン 土師孝也
フィリウス・フリットウィック ワーウィック・デイヴィス 田村錦人
アーガス・フィルチ デイビッド・ブラッドリー
チョウ・チャン ケイティ・リューング 川庄美雪
ドラコ・マルフォイ トム・フェルトン 三枝享祐
ネビル・ロングボトム マシュー・ルイス 上野容
フレッド・ウィーズリー ジェームズ・フェルプス 尾崎光洋
ジョージ・ウィーズリー オリバー・フェルプス
ジニー・ウィーズリー ボニー・ライト 高野朱華
コーネリウス・ファッジ魔法大臣 ロバート・ハーディ 篠原大作
ルシウス・マルフォイ ジェイソン・アイザックス 諸角憲一
バーテミウス・クラウチ・シニア ロジャー・ロイド・パック 佐々木勝彦
バーテミウス・クラウチ・ジュニア デイヴィッド・テナント 桐本琢也
イゴール・カルカロフ ペジャ・ビヤラク 清水明彦
オリンペ・マクシーム フランシス・デ・ラ・トゥーア 久保田民絵
嘆きのマートル シャーリー・ヘンダーソン 坂本千夏
アーサー・ウィーズリー マーク・ウィリアムズ 梅津秀行
リータ・スキーター ミランダ・リチャードソン 勝生真沙子
エイモス・ディゴリー ジェフ・ラウル 長克巳
ビンセント・クラッブ ジェイミー・ウェイレット 忍足航己
グレゴリー・ゴイル ジョシュア・ハードマン
パンジー・パーキンソン ダニエル・クロックフォード
シェーマス・フィネガン デヴォン・マーレイ 渡辺悠
ディーン・トーマス アルフレッド・イーノック 山本隆平
パーバティ・パチル シェファーリ・チョウドリー 沢城みゆき
パドマ・パチル アフシャン・アザド 斎藤千和
アンジェリーナ・ジョンソン ティアナ・ベンジャミン 松浦チエ
ナイジェル・ウォルバート ウィリアム・メリング 海鋒拓也
アーニー・マクミラン ルイス・ドイル
ハンナ・アボット Charlotte Skeoch
ガブリエル・デラクール アンジェリカ・マンディ
フランク・ブライス エリック・サイクス英語版 佐々木勝彦
クラッブ フィリップ・ラーム
ゴイル リチャード・ロッソン
ワルデン・マクネア アシュリー・アートス
エイブリー アレックス・パーマー
ノット イースター・フリエル
シリウス・ブラック ゲイリー・オールドマン 辻親八
ホグワーツ特急のワゴン販売員 マーガリー・メーソン
判事補 アラン・ワッツ
ジェームズ・ポッター エイドリアン・ローリンズ 後藤敦
リリー・ポッター ジェラルディン・ソマーヴィル 田中敦子
ピーター・ペティグリュー ティモシー・スポール 茶風林
ヴォルデモート卿 レイフ・ファインズ 江原正士

ソフト化編集

日本ではワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメントよりブルーレイ、DVDが発売。

  • ハリー・ポッターと炎のゴブレット 期間限定生産版(DVD1枚組、2006年4月21日発売)
  • ハリー・ポッターと炎のゴブレット 特別版(DVD2枚組、2006年4月21日発売)
  • 【初回限定生産】ハリー・ポッター 第1章〜第4章 お買い得パック(DVD4枚組、2007年11月21日発売)
  • ハリー・ポッターと炎のゴブレット ブルーレイ(1枚組)
  • 【数量限定生産】ハリー・ポッターと炎のゴブレット アルティメット・コレクターズ・エディション(3枚組、ブルーレイとDVDでリリース、2011年4月21日発売)
  • ハリー・ポッターと炎のゴブレット コレクターズ・エディション(Blu-ray版、DVD版共に3枚組、2016年3月23日発売)
  • ハリー・ポッターと炎のゴブレット 〈4K ULTRA HD&ブルーレイセット〉(3枚組、2017年12月20日発売)

サウンドトラック編集

テレビ放送編集

回数 放送日 放送時間 テレビ局 視聴率 備考
1 2009年1月17日(土) 20:03-23:10 フジテレビ 20.1% [吹替][初] 57分拡大 57分繰上げ
2 2010年8月28日(土) 21:00-24:05 フジテレビ 12.5% [吹替] 55分拡大
3 2011年7月10日(日) 21:00-23:29 テレビ朝日 12.0% [吹替] 35分拡大
4 2013年8月16日(金) 21:00-23:29 日本テレビ 13.8% [吹替] 35分拡大
5 2015年6月12日(金) 21:00-23:24 日本テレビ 15.6% [吹替] 30分拡大
6 2017年10月27日(金) 21:00-23:24 日本テレビ 10.4% [吹替] 30分拡大
  • 視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム。

ゲーム編集

同タイトルのコンシューマゲームも発売された。

日本においてはハードはニンテンドーDSニンテンドーゲームキューブ、メーカーはこれまでと同一のエレクトロニック・アーツ、2005年11月26日発売。

このほかにゲームではないが、やはり映画を題材にしたトレーディングカードが発売されている。

脚注編集

  1. ^ a b Harry Potter And The Goblet Of Fire (2005)” (英語). Box Office Mojo. 2010年2月6日閲覧。
  2. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)660頁

関連項目編集

外部リンク編集