ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

ハリー・ポッターシリーズ第5作
ハリー・ポッターシリーズ > ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』(ハリー・ポッターとふしちょうのきしだん、原題: Harry Potter and the Order of the Phoenix)は、J・K・ローリング2003年に発表した、小説『ハリー・ポッター』シリーズの第5巻である。2007年7月20日に同じ題名で映画版が公開された。

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
Harry Potter and the Order of the Phoenix
著者 J・K・ローリング
訳者 松岡佑子
イラスト イギリスの旗 ジェイソン・コッククロフト
日本の旗 ダン・シュレシンジャー
発行日 イギリスの旗 2003年6月21日
日本の旗 2004年9月1日
発行元 イギリスの旗 Bloomsbury Publishing
日本の旗 静山社
ジャンル ファンタジー
イギリスの旗 イギリス
言語 英語
形態 上製本
ページ数 イギリスの旗 766
前作 ハリー・ポッターと炎のゴブレット
次作 ハリー・ポッターと謎のプリンス
コード イギリスの旗 ISBN 0-7475-5100-6
日本の旗 ISBN 4-915512-57-6
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

ホグワーツ魔法魔術学校の5年生となったハリー・ポッターが、真実を受け入れようとしない魔法省と対立しながら、ヴォルデモートの謀略を阻止するまでの1年間を描く。

あらすじ編集

夏休み、路地を歩いていたハリーと従兄のダドリー・ダーズリーは、突如として現れた吸魂鬼に襲われる。ハリーは魔法を使って窮地を脱するが、魔法省は、「未成年の魔法使いは、自衛以外の魔法の使用を禁じられている」として、ハリーをホグワーツ魔法魔術学校から退学させようとする。だが、魔法省とアルバス・ダンブルドア校長の話し合いの結果、退学処分の是非については後日、魔法省で行なわれる懲戒尋問によって決定されることとなる。

その後ハリーは、自分を迎えに来た不死鳥の騎士団のメンバーとともにダーズリー家を発ち、騎士団の本部・ブラック邸に向かう。そこにはシリウス・ブラックロン・ウィーズリーとその家族、ハーマイオニー・グレンジャーといった面々がいた。そしてその夜、ハリーは騎士団のメンバーから、ヴォルデモートが「極秘にしか手に入らないもの」を探していることを聞かされる。

1995年8月12日、ハリーの尋問が行なわれる。尋問官として、魔法大臣コーネリウス・ファッジ、魔法法執行部部長アメリア・ボーンズ、上級次官ドローレス・アンブリッジが、被告側の証人としてダンブルドアとアラベラ・フィッグが出席。結果、ハリーは自衛のために魔法を使ったことが証明され、無罪放免となる。

夏休み終盤、ロンとハーマイオニーがグリフィンドール寮の監督生に選ばれる。このため、ハリーはホグワーツ特急でふたりと別のコンパートメントに座ることになるが、レイブンクロー生のルーナ・ラブグッドと出会うきっかけになる。ホグワーツに到着すると、そこにはルビウス・ハグリッドの姿はなく、さらに「闇の魔術に対する防衛術」の教授にアンブリッジが就任していた。

アンブリッジの授業は「防衛術の理論」という本を読ませ、実技をまったく扱わないというものだった。これについてハリー、ロン、ハーマイオニーは、シリウスから「魔法省は、ダンブルドアが学生を率いて私設軍団を組織するのを阻止するため、アンブリッジを派遣して学生に闘う訓練をさせないようにしている」という話を聞く。これを受けてハーマイオニーは、学生たちで「闇の魔術に対する防衛術」の実技を学ぶこと、その教師役をハリーが務めることを提案、ダンブルドア軍団(通称DA)が結成される。一方でアンブリッジは「ホグワーツ高等尋問官」に就任し、シビル・トレローニーを停職にするなどして、魔法省の力を背景に権力を振るう。

寮対抗クィディッチ試合では、卒業したオリバー・ウッドの後任として、ロンがグリフィンドール代表チームのキーパーになる。しかしグリフィンドール対スリザリン戦の終了後、ドラコ・マルフォイがウィーズリー一家やハリーの母親を侮辱し、これに反応してドラコに殴りかかったハリーとフレッド、ジョージは、アンブリッジによって終身クィディッチ禁止令を出される。

そしてその日の午後、ハリーたち3人はついにハグリッドが戻って来たことを知り、さっそく彼のもとを訪れるが、切り傷だらけのハグリッドの姿を見て愕然とする。巨人への友好を求めに行っていたハグリッドは、その理由を話す。途中で巨人の長が変わったため、はっきりとした良い成果が出たわけではないという。半人間を憎むアンブリッジはハグリッドを解雇しようともくろんでいるため、ハリーは心配する。

後日、アズカバンから死喰い人が10人脱獄したというニュースが入り、ダンブルドア軍団にも活が入る。そのなかにはネビル・ロングボトムの両親を廃人にしたとされるベラトリックス・レストレンジも含まれていた。ハリーは、ダンブルドア軍団に参加した初恋の相手チョウ・チャンと付き合うこととなる。しかし、チョウの友人マリエッタ・エッジコムが密告したためにダンブルドア軍団の活動がアンブリッジに露見し、ハリーとチョウの関係も破局を迎える。

O.W.Lの試験(通称ふくろう、普通レベル魔法試験)の途中、ハリーはシリウスが拷問される夢を見る。アンブリッジの放逐に成功し、ハリーはロン、ハーマイオニー、ネビル、ジニー、ルーナとともに夢に出てきた魔法省の神秘部へと向かう。12個の回る部屋、謎の石のアーチの部屋、時計の部屋などを巡り、ついにハリーは「武器」である「予言」を見つけるが、同じく予言を手に入れようとする死喰い人が突入してくる。多勢に無勢で、六人の力では歯が立たない。しかし、そこに不死鳥の騎士団のメンバーが救援に駆けつける。激しい戦いの最中に、予言は砕かれる。そしてその直後、シリウスはベラトリックスの放った呪文で命を落とし、「ベールの彼方に」姿を消す。怒りと悲しみで見境をなくしたハリーは、ベラトリックスを殺そうとする。その後、ダンブルドアが現れ、死喰い人を捕らえて神秘部の戦いは騎士団の勝利に終わる。ハリーは逃げるベラトリックスを追い、魔法省のアトリウムで対峙するが、そこにヴォルデモート本人が現れる。ヴォルデモートはハリーのあとを追ってきたダンブルドアと決闘を繰り広げたすえに敗北し、ベラトリックスとともに逃亡する。

酷く損傷したアトリウムにはファッジをはじめとする魔法省の高官が駆けつけ、ついにファッジもヴォルデモートの復活を認める。ハリーはダンブルドアの手で校長室に移され、予言の内容を知らされる。父親が捕えられたドラコはハリーへの憎しみを燃やし、失脚したアンブリッジはホグワーツを去る。ファッジがヴォルデモート復活を公言し、魔法界がふたたび暗雲に包まれようとするなか、みずからの使命を知ったハリーは友人たちに励まされ、邪悪との対決の決意を新たにダーズリー家へ戻っていく。

設定編集

この巻では、魔法省からホグワーツに対して「教育令」が公布・施行される。

教育令第22号
ホグワーツ魔法魔術学校の校長が空席の教授職に候補者を用意することができなかった場合、魔法省がその人選を行う。
この教育令により、アンブリッジは「闇の魔術に対する防衛術」の教授に就任する。
教育令第23号
ホグワーツ高等尋問官を新たに設ける。
ホグワーツ高等尋問官は、同僚の教師を査察する権利を有し、教師たちが魔法省の要求する基準を満たしているかどうかを判断する。基準を満たしていないと判断された場合、ホグワーツ高等尋問官はその教師を停職・解雇することができる。
ホグワーツ高等尋問官に就任したアンブリッジは、シビル・トレローニールビウス・ハグリッドセブルス・スネイプを停職とし、トレローニーを解雇する(ホグワーツ城から追い出そうとするが、それは校長の権限であるとしてダンブルドアに阻止される)。ただし、スネイプの停職については彼がアンブリッジの指示に従わなかったがゆえの処置である。
教育令第24号
これに則って告示された「ホグワーツ高等尋問官令」によって、ホグワーツにおける各種団体、チーム、クラブなどはいったん解散させられ、ホグワーツ高等尋問官から再結成の許可を受けなければならなくなる。なお、この省令に違反した場合は退学処分となる。
この法令が公布される2日前、魔法省が嫌う「闇の魔術に対する防衛術」の実技訓練を目的とした秘密組織(ダンブルドア軍団)が結成されており、その報告を受けたアンブリッジと魔法省が組織の解散を狙って急遽制定を図ったと思われる。
また、寮対抗クィディッチ試合の代表チームもこの省令に該当するが、このとき、スリザリン代表チームは再結成申請直後に許可が下りるのに対し、グリフィンドール代表チームはなかなか許可が下りない。
教育令第25号
ホグワーツ高等尋問官は、ホグワーツの生徒に関する処罰、制裁、特権の剥奪に最高の権限を持つ。
この省令によりアンブリッジは、ほかの教職員が命じた処罰、制裁、特権の剥奪を変更できるようになる。

出版と発売編集

『ポッター』のファンは、第4巻の発売から第5巻が発売されるまで3年間も待たされていた[1][2]。第5巻の発売前に、第1巻から第4巻がすでに2億部販売され、200カ国で55の言語に翻訳されていた[3]。このシリーズはすでに世界的な出来事であったため、本作は予約注文の新しい記録を作り上げ、2003年6月20日には本を入手しようと深夜の書店の前に数千人もの人が列を成した[3]。警備にも関わらず、2003年6月15日にマージーサイド州アールズタウン英語版の倉庫から数千冊もの本が盗まれた[4]

批評家の反応編集

『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』は、大部分で肯定的な評価を受け、いくつかの賞を受賞した。2004年には、アメリカ図書館協会 ヤングアダルト向けベストブック、およびアメリカ図書館協会 注目すべき本英語版に挙げられた[5][6]。また、オッペンハイム・トイ・ポートフォリオ2004ゴールドメダルなど、さまざまな賞を獲得した[7]。ローリングはUSAトゥデイ紙のライターであるDeirdre Donahueからその想像力を称賛された[8]ニューヨーク・タイムズ紙のライターであるJohn Leonardは、「『不死鳥の騎士団』はゆったりと始まり、速度を上げ、宙返りをしながらスケートボードで怒りの結末へと向かう(…)ハリーが年をとるにつれ、ローリングはより良くなっている」と述べ、この小説を称賛した[9]。また一方、彼は「単調なドラコ・マルフォイ」や予想通りのヴォルデモート卿も批判した[9]

ほとんどの否定的な批評家は、小説に含まれる暴力や、この作品のいたるところで起こる道徳的な問題を懸念している[10]

以前の作品と以降の作品編集

『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』は、『ハリー・ポッター』シリーズの第5作である[1]。シリーズ第1作の『ハリー・ポッターと賢者の石』は1997年にブルームズベリー英語版社から初版500部がハードカバーで出版され、そのうち300部が図書館に配布された。1997年末までに、イギリス版は全米図書賞と、ネスレ・スマーティーズ賞英語版の9歳から11歳の部門で金賞を受賞した[11][12][13]。第2作の『ハリー・ポッターと秘密の部屋』は1998年7月2日にイギリスで出版された。『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』は1年後の1999年7月8日にイギリスで、1999年9月8日にはアメリカで出版された[12][13]。『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』は2000年7月8日にブルームズベリー社とスカラスティック英語版社から同時に出版された[14]。『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』はシリーズ中最も長い作品だが、映画は2時間18分と2番目に短い[15]

『不死鳥の騎士団』の出版後、シリーズ第6作『ハリー・ポッターと謎のプリンス』が2005年7月16日に出版され、発売後24時間で全世界で900万部を売り上げた[16][17]。第7作にして最終作となる『ハリー・ポッターと死の秘宝』は2007年7月21日に出版された[18]。『死の秘宝』は発売から24時間で1100万部を売り上げた。イギリスで270万部、アメリカでは830万部である[17]

翻訳編集

本作の最初の公式な外国語翻訳は2003年7月21日にベトナム語で発表され、22回の連載のうち1回目が公開された。ヨーロッパでの最初の公式な翻訳は、2003年9月初旬に公式出版社「Narodna Knjiga」によりセルビア・モンテネグロにおいてセルビア語で出版された。その他の言語版はその後に出版された(たとえば2003年11月にオランダ語とドイツ語で)。フランスでは英語版がベストセラーの1位になった一方で、ドイツとオランダではインターネット上で非公式の分散翻訳作業が始められた[19]

映画編集

魔法ワールド > ハリー・ポッター (映画シリーズ) > ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
Harry Potter And The Order Of The Phoenix
監督 デヴィッド・イェーツ
脚本 マイケル・ゴールデンバーグ
原作 J・K・ローリング
製作 デヴィッド・ハイマン
デヴィッド・バロン
製作総指揮 ライオネル・ウィグラム
出演者 ダニエル・ラドクリフ
ルパート・グリント
エマ・ワトソン
ヘレナ・ボナム=カーター
ロビー・コルトレーン
レイフ・ファインズ
マイケル・ガンボン
ブレンダン・グリーソン
リチャード・グリフィス
ジェイソン・アイザックス
ゲイリー・オールドマン
アラン・リックマン
フィオナ・ショウ
マギー・スミス
イメルダ・スタウントン
デヴィッド・シューリス
エマ・トンプソン
デイビッド・ブラッドリー
ワーウィック・デイヴィス
トム・フェルトン
ロバート・ハーディー
ジョージ・ハリス
ナタリア・テナ
ジュリー・ウォルターズ
マーク・ウィリアムズ
音楽 ニコラス・フーパー
撮影 スワヴォミール・イジャック
編集 マーク・デイ
製作会社
配給 ワーナー・ブラザース
公開    2007年7月13日
  2007年7月20日
上映時間 138分
製作国   アメリカ合衆国
  イギリス
言語 英語
製作費 $150,000,000[20]
興行収入 $938,212,738[20]
94億円[21]  
前作 ハリー・ポッターと
炎のゴブレット
次作 ハリー・ポッターと
謎のプリンス
テンプレートを表示

日本では2007年7月20日に公開された。

ワールド・プレミアおよび世界最速上映は6月28日に東京・六本木ヒルズ内にて行なわれ、それに際して、ダニエル・ラドクリフが2度目の訪日をした。一部のシーン(約20分間)を3次元映像化したIMAX 3D版も制作された。

原作の長さはシリーズ最長だが、サブストーリーが極端に削り落とされたため、映画の長さ自体は短い(上映時間の最長は『秘密の部屋』の161分、最短は『死の秘宝 PART2』の130分)。

スタッフ編集

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹替え
ハリー・ポッター ダニエル・ラドクリフ 小野賢章
ロン・ウィーズリー ルパート・グリント 常盤祐貴
ハーマイオニー・グレンジャー エマ・ワトソン 須藤祐実
アルバス・ダンブルドア マイケル・ガンボン 永井一郎
ミネルバ・マクゴナガル マギー・スミス 谷育子
セブルス・スネイプ   アラン・リックマン 土師孝也
学生時 アレック・ホプキンス
ドローレス・アンブリッジ イメルダ・スタウントン 小宮和枝
シリウス・ブラック   ゲイリー・オールドマン 辻親八
学生時 ジェームズ・ウォルターズ
リーマス・ルーピン   デヴィッド・シューリス 郷田ほづみ
学生時 ジェームズ・ウテツィン
アラスター・ムーディ ブレンダン・グリーソン 小林修
ルビウス・ハグリッド ロビー・コルトレーン 斎藤志郎
シビル・トレローニー エマ・トンプソン 幸田直子
フィリウス・フリットウィック ワーウィック・デイヴィス 田村錦人
ウィルヘルミーナ・グラブリー=プランク アップルブルック
アーガス・フィルチ デイビッド・ブラッドリー
ルーナ・ラブグッド イヴァナ・リンチ 三村ゆうな
チョウ・チャン ケイティ・リューング 川庄美雪
ネビル・ロングボトム マシュー・ルイス 上野容
ジニー・ウィーズリー ボニー・ライト 高野朱華
フレッド・ウィーズリー ジェームズ・フェルプス 尾崎光洋
ジョージ・ウィーズリー オリバー・フェルプス
ニンファドーラ・トンクス ナタリア・テナ 日野未歩
キングズリー・シャックルボルト ジョージ・ハリス 立川三貴
モリー・ウィーズリー ジュリー・ウォルターズ 一龍斎貞友
アーサー・ウィーズリー マーク・ウィリアムズ 梅津秀行
ベラトリックス・レストレンジ ヘレナ・ボナム=カーター[注 1] 高乃麗
ルシウス・マルフォイ ジェイソン・アイザックス 諸角憲一
ドラコ・マルフォイ トム・フェルトン 三枝享祐
コーネリウス・ファッジ ロバート・ハーディ 篠原大作
バーノン・ダーズリー リチャード・グリフィス 楠見尚己
ペチュニア・ダーズリー フィオナ・ショウ さとうあい
ダドリー・ダーズリー ハリー・メリング 忍足航己
シェーマス・フィネガン デヴォン・マーレイ 渡辺悠
ディーン・トーマス アルフレッド・イーノック 山本隆平
パーバティ・パチル シェファーリ・チョウドリー 沢城みゆき
パドマ・パチル アフシャン・アザド 斎藤千和
ナイジェル・ウォルバート ウィリアム・メリング 海鋒拓也
ビンセント・クラッブ ジェイミー・ウェイレット 忍足航己
グレゴリー・ゴイル ジョシュア・ハードマン 海宝直人
クリーチャーの声 ティモシー・ベイトソン 柴田秀勝
アラベラ・フィッグ キャスリン・ハンター 京田尚子
アメリア・ボーンズ シアン・トーマス 一柳みる
パーシー・ウィーズリー クリス・ランキン
ドーリッシュ リチャード・リーフ
マファルダ・ホップカークの声 ジェシカ・スティーブンソン 堀越真己
グロウプ トニー・モーズレー
マゴリアン マイケル・ウィルドマン
ベイン ジェイソン・パイパー
アントニン・ドロホフ アーベン・バジラクタラジ
ワルデン・マクネア ピーター・ベスト
トラバース Tav MacDougall
オーガスタス・ルックウッド ガンディー・エバンズ
エルファイアス・ドージ ピーター・カートライト
エメリーン・バンス ブリジット・ミラー
アバーフォース・ダンブルドア ジム・マクマナス 石住昭彦
パンジー・パーキンソン ローレン・ショットン
フィニアス・ナイジェラス・ブラック ジョン・アッタベリー
エバラード サム・ビーズリー
フランク・ロングボトム ジェームズ・ペイトン
アリス・ロングボトム リサ・ウッド
ピアーズ・ポルキス ジェーソン・ボイド
マルコム リチャード・マックリン
テレビの天気予報士 マイルズ・ジャップ
セドリック・ディゴリー(回想) ロバート・パティンソン
ザカリアス・スミス ニック・シム
(ノンクレジット)
ゴブリン ラスティ・ゴフ
(ノンクレジット)
浦山迅
ジェームズ・ポッター 写真 エイドリアン・ローリンズ
学生時 ロビー・ジャーヴィス 大原崇
リリー・ポッター 写真 ジェラルディン・ソマーヴィル
学生時 スージー・シンナー
ピーター・ペティグリュー 写真 ティモシー・スポール
(ノンクレジット)
学生時 チャールズ・ヒューズ
ヴォルデモート レイフ・ファインズ 江原正士

原作本との違い編集

イギリス版で766ページ、アメリカ版では870ページと、『不死鳥の騎士団』は『ハリー・ポッター』シリーズの中で最も長い本だが、映画は2番目に短いものとなっている[22]。脚本を担当したマイケル・ゴールデンバーグは、小説を切り詰める彼の作業は「物語を伝えるために最善の方法」を探すことであり「私の仕事は文字に忠実であり続けることよりも、原作の精神に忠実であり続けることでした」と述べた[23]。ゴールデンバーグは、ローリングが自分、プロデューサー、および監督のイェーツに「彼女はただ素晴らしい映画を見たかっただけで、原作を彼女が好きな映画にするために私たちが必要だと思うことは何でも自由にしていいと言ってくれた」という[23]。映画の時間に合わせて原作を切り詰めることは、「脚本の構成の本質がハリーの心の旅を語ることだとわかったとき、より明確になった」とゴールデンバーグは説明する[23]。彼とイェーツは「そこにできる限りのものを盛り込む機会をうかがっていました。そして、それができない場合は、原作へのオマージュとして、背景のどこかに登場させたり、画面の外で起こっているように感じさせたりしました。」という[24]

ゴールデンバーグが「嫌々」ながらカットしなければならなかったものに、魔法ワールドのスポーツであるクィディッチがないことである[24]。「この本で作られた映画は、誰が作っても、クィディッチのサブプロットが含まれていたら、それ以下の映画になるのが真実でしょう」と彼は言った[23]。原作では、ロンはクィディッチ・チームに挑戦することで人として成長していく。「ハリーと同じようにロンが困難に立ち向かい真価を発揮していく姿を、私たちは他の方法でできる限り映画に取り込みました。ですから、話の詳細は分からなくても、少なくともその精神は映画の中にあるように感じられるのです。[24]」この変更は「クィディッチをかなり楽しみにしていた」俳優ルパート・グリントを落胆させた[25]

この本の重要な場面で、ハリーは、自分の父が学生時代にスネイプに屈辱を与え、自分の母がスネイプをかばったあとスネイプが母を侮辱した記憶を見る。映画では、ゴールデンバーグの言葉を借りれば、それは「アイデア」と略されている。「自分の両親が普通の、欠点のある人間であることに気づく象徴的な瞬間です。(…) いろいろなものが削られましたが、その本質は残しました。そして、それが本当に成長物語になったのです。[23]」若き日のリリー・ポッターはまったく登場しなかったが、宣伝用の写真には無名のティーンエイジャー、Susie Shinnerがその役で映っている[26]

ハリーと友人たちが同級生のネビル・ロングボトムに出くわし、ネビルの両親がベラトリックス・レストレンジから拷問を受けて精神異常をきたしたことを知った、聖マンゴ魔法疾患傷害病院の場面は、新しいセットを作る必要があったためカットされた[23]。この場面の出来事の主な目的は、ダンブルドア軍団の授業のあとの「必要の部屋」に移された。また、映画のヤマ場を速めるため、ハリーとヴォルデモートの戦いに至るまでの魔法省のいくつかの出来事が「脳の間」も含めて削除された[22]。ウィーズリー夫人がグリモールド・プレイス英語版でまね妖怪と遭遇し、ロン、ハーマイオニー、およびマルフォイが監督生になり、マンダンガス・フレッチャーが登場、そして占いを教えるフィレンツェと続いた[25]

屋敷しもべ妖精であるクリーチャーは、ローリングの要請で脚本に組み込まれた登場人物で、映画より原作本の中で大きな役割を担っている。小説では、不死鳥の騎士団が捨てたブラック家の道具をクリーチャーが保存しているのが見られ、その中には第7巻で最後に非常に重要になるロケットも含まれている[27]。「私たちの話でそれを取り上げるのはちょっと難しいことでした。というのも、それはずっと後のためのものだからです。」とイェーツは述べた。「私たちはあとからそれを取り入れることも多分できると考えて、そのような方法を取りました。[28]」クリーチャーは残ったが、ドビーが登場する場面はすべてカットされ、彼の重要な行動は他の登場人物に与えられた[22]

『炎のゴブレット』でミランダ・リチャードソンが演じたジャーナリストのリータ・スキーターも削られた。原作では、ハーマイオニーが彼女を脅して、ほかの魔法ワールドがハリーの主張を否定する中、ハリーを支持する記事を書かせる[22]。リチャードソンは、「この本が映像化されることはないでしょう、完全には。(…) 本からある面を取り出して、商業的に成立しそうで、人々が見たいと思うようなものを作るでしょう」と述べた[29]

制作編集

進展編集

ハリー・ポッターと炎のゴブレット』のマイク・ニューウェル監督、ジャン=ピエール・ジュネギレルモ・デル・トロマシュー・ヴォーンおよびミーラー・ナーイルが要請を断り、イギリスのテレビ監督であるデヴィッド・イェーツが本作の監督に選ばれた[30][31]。イェーツは、「ステート・オブ・プレイ〜陰謀の構図〜」「セックス・トラフィック」および「The Girl in the Café英語版」で示されたように、彼がこれまでに手掛けたいくつかのテレビドラマ作品であった「政治的な背景」のある「エッジの効いた感情的な」映画を担当するのに自分は相応しいと、スタジオに見込まれたから打診されたと考えた[31]。プロデューサーのデヴィッド・ハイマンは、本作の政治的テーマに関するイェーツの意見を支持し、「『不死鳥の騎士団』は政治映画(political film)ですが、大文字のP(Political)[訳語疑問点]ではなく、ティーンの反抗と権力の乱用に関する映画です。デヴィッド(・イェーツ)は政治に関する作品を重苦しくならずにイギリスで作ってきました」と述べた[32]。本作の政治的・社会的側面について、エマ・ワトソンは「7月7日のあとの生活とか、恐怖を感じたときの人々の行動や、真実はよく否定されるということとか、私たちの社会が直面しなければならないすべてのことについてどういうわけか語っています。権威が腐敗しているという事実に直面することは、現実や権力に対して規範に従わない人のやり方をするということです」と述べた[33]

第1作から第4作の「ポッター」映画の脚本を担当したスティーヴ・クローヴスは、ほかの仕事があった。そこでシリーズ第1作を執筆すると考えられていたマイケル・ゴールデンバーグが、代わりを務め脚本を書いた[34]。後に、クローヴスはこのシリーズの残りの全作品を執筆するため復帰した。

編集はマーク・デイ、撮影はスワヴォミール・イジャック、衣装はジェイニー・ティーマイム英語版が担当した[35]。振付師のポール・ハリス英語版は、以前に何度かデヴィッド・イェーツと仕事をしており、杖で戦う場面の振付けのために、杖の戦闘のためのボディ・ランゲージを作り上げた[36]

配役の決定編集

早くも2005年5月にはキャスティングが開始され、ラドクリフがハリー役の再演を発表した[37]。『炎のゴブレット』公開時のマスコミの報道合戦の中で、グリント、ワトソン、ルイスライトリューングファインズなど、シリーズへ復帰する主な俳優のほとんどがそれを発表した[38][39][40][41][42][43]

シリーズへのその他の新しい登場人物の配役の発表は、2006年にまで及んだ。イヴァナ・リンチは、1マイルにも伸びた希望に満ちた人の列で待ち[44]、公募オーディションに参加した1万5千人以上の少女たちの中からルーナ・ラブグッド役を勝ち取った[45]シアーシャ・ローナンもその役でオーディションを受けたが、若すぎると判断された[46]

エリザベス・ハーレイをベラトリックス・レストレンジ役に結びつける噂は絶えなかったが、ワーナー・ブラザースは彼女がその役に選ばれたという報道に対して「まったく真実ではない」と断言した[47]。早くも2005年8月には、ヘレン・マックロリーがこの役になるという噂が流れ始めた[48]。2006年2月2日、マックロリーが本当にベラトリックス役に決まったと発表された[49]。しかし、2006年4月に彼女は妊娠3カ月であることを明かし、2006年9月と10月に行われる魔法省での激しい戦闘場面の連続を演じることができなくなるため、本作への出演を辞退した。2006年5月25日、ヘレナ・ボナム=カーターがこの役に配役変更されたことが発表された[50]。その後、マックロリーは『ハリー・ポッターと謎のプリンス』以降、ナルシッサ・マルフォイ役に選ばれた。

一部の登場人物が1つにまとめられたり消されたことで、この映画のわずか10日後に発売されたシリーズ最終巻での登場人物の重要性について、ファンの憶測が飛び交った。2006年4月、ジム・マクマナス (俳優)英語版の代理人は、アルバスの弟で、ハリーと友人たちがダンブルドア軍団を設立したホッグズ・ヘッドのバーテンダーである、アバーフォース・ダンブルドアを演じると述べた。1週間後、ワーナー・ブラザースはこの役が「非常にマイナー」であると発表し、最終作以前は台詞さえなかったこの役の重要性についての憶測を和らげた[51]。MTVは2006年10月、第2作『秘密の部屋』と第5作に登場した屋敷しもべ妖精のドビーがカットされると報じ、妖精の役割をどのように埋めるかについて「筋書きの疑問」を投げかけた[52]。MTVはまた、最終巻発売の約1カ月前に、ブラック家の屋敷しもべ妖精であるクリーチャーが脚本の草稿の1つで映画からカットされたことを報じた。ローリングは映画製作者に彼を登場させるよう促し、「あのね、私だったら、(彼をカット)しないわね。あなたはできるけど、あなたが7作目を作ることになったら、困ったこと[訳語疑問点]になるわよ」といい、クリーチャーは再び脚本に書き加えられた[28]

その他の脇役は、その後の脚本の草稿でカットされた。『炎のゴブレット』のUSプレミアで、シリーズプロデューサーのデヴィッド・ハイマンは、『ハリー・ポッターと秘密の部屋』でケネス・ブラナーが演じた元ホグワーツ教授のギルデロイ・ロックハートが『不死鳥』の脚本の初稿に登場していると述べた[53]。ブラナーもロックハートも最終版には登場しない。ティアナ・ベンジャミン英語版は、グリフィンドール・クィディッチチームのキャプテン、アンジェリーナ・ジョンソン役で映画に復帰を予定していたが、『イーストエンダーズ』のチェルシー・フォックス英語版役で出演するという契約のため、辞退せざるを得なかった。アンジェリーナ・ジョンソンとクィディッチのサブプロット全体が、最終的に映画から消された。ベンジャミンは、ビデオゲーム「不死鳥の騎士団」英語版用のサウンド・クリップを録音した[54]

サッカー選手であるセオ・ウォルコットの家族が本作にカメオ出演している。デヴィッド・イェーツ監督はテオの叔母であるイヴォンヌ・ウォルコットのパートナーであることから、この映画に出演することになった[55]。セオ自身も家族と一緒に出演する予定だったが、アーセナル・フットボール・クラブとの契約のため辞退を余儀なくされた[56]

美術デザイン編集

第1作から第4作までの美術デザインを担当したスチュアート・クレイグが美術デザイナーとして復帰した[57]。本作には、注目に値する新しいセットが多数あった。魔法省アトリウムは長さ200フィート以上あり、これまでの「ポッター」映画シリーズ用に作られたセットで最大、かつ最も高価なものとなった[57]。クレイグのデザインは初期のロンドン地下鉄の駅から発想を得ており、「古典建築を再現しようとしましたが、セラミックタイルを使いました」と言い、またロンドンのトッテナム・コート・ロード英語版にあるバーガーキングでは、「まさに時代を象徴する素晴らしいヴィクトリア朝の外観がありました」と述べた[58][59]。『グリモールド・プレイス12番地英語版』のセットには、壁3面に広がるブラック家の家系図を描いたタペストリーがある。プロデューサーがローリングに、それぞれの詳しい名前と誕生年を見せたいと伝えたところ、彼女は家系図全体をファックスで送ってきた[60]。「予言の間」のセットは、完全にデジタルで構築された。そこで行われる戦闘中に、予言は地面に落ちて壊れる。これが実際の物理的なセットだったなら、作り直しに数週間を要しただろう[61]

『炎のゴブレット』でイゴール・カルカロフの裁判の場面で使われたセットは、本作ではハリーの裁判のために、対称性を守りながら2倍に拡大された[59]。新任のドローレス・アンブリッジ教授は、2作目から4作目まで登場した教室で教えているが、前任者たちとは大きく異なるオフィスに居る。そのセットは「ふわふわしたピンクの金線細工」が施され、また多くの平皿には撮影後の編集作業でアニメーションの動く子猫が描かれた[62]。この平皿に使用する子猫の写真と動画を撮影するために、24時間の撮影が行われた[63]。アンブリッジがハリーに一筆を書かせるために渡す羽ペンは、美術デザイナーがデザインした[62]

撮影編集

 
空撮と背景撮影はスコットランドのグレン・エティブ英語版で行われた

『不死鳥の騎士団』のリハーサルは2006年1月27日に始まり、主要撮影は2006年2月7日に始まり2006年12月初旬に終えた[64][65][66]。撮影はラドクリフA/Sレベルを、ワトソン中等教育修了一般資格を受験するために、2006年5月から2ヶ月間中断された[67]。報道によると、この映画の予算は7500万ポンドから1億ポンド(1億5000万米ドルから2億米ドル)とのことである[68][69]。シリーズの他の映画で最も予算が大きいのは、『炎のゴブレット』の制作にかかった7500万ポンドだった[70]。制作者たちはイギリス外での撮影を模索したが、大広間、プリベット通り英語版、およびグリモールド・プレイス12番地英語版など室内の場面の多くについて、再びワトフォードリーブスデン・スタジオが撮影場所となった[71][72][73][74]

イギリスのロケ地には、不死鳥の騎士団がグリモールド・プレイス12番地に飛来し、ダンブルドア軍団が魔法省に飛来する、テムズ川が含まれる[75]。またこの連続した場面には、ロンドン・アイカナリー・ワーフビッグ・ベンバッキンガム宮殿ベルファストなどのランドマークも映っている[76]。9と¾番線の撮影は、これまでと同様にキングス・クロス駅で行われた[77]スコットランドヤード近くの赤い電話ボックス英語版がハリーとアーサー・ウィーズリーが魔法省に出頭する場面で使われ[78]、2006年10月22日にはスタッフはウェストミンスター駅を閉鎖し、魔法省でのハリーの裁判のため彼と同行するアーサー・ウィーズリーの撮影ができるようにした[79]。その他の場面はオックスフォードとその周辺[80]、特に近くのウッドストック英語版にあるブレナム宮殿で撮影された[81]

グレンフィナン英語版では、過去の作品と同様に、ホグワーツ特急が高架橋を渡る[82]。空中の場面はグレン・コー英語版、クラチャイグ・ガリー[82]グレン・エティブ英語版で撮影されたが、撮影当時スコットランドでも数少ない雪のない場所の1つで、背景として理想的だった[83]

監督のデヴィッド・イェーツは、『不死鳥の騎士団』について当初3時間の映画として撮影していたとインタビューで述べている。しかし45分も長すぎたため、最終的な編集で一部の場面をカットしなければならなかった[84]。そのため、様々な場面で使われたいくつかのロケ地は、本作の最終カットには登場しない。バージニア・ウォーター英語版では、マクゴナガル教授が失神呪文から回復する場面が撮影され[85]バーナム・ビーチズ英語版は、ハグリッドが5年生の魔法生物飼育学英語版の授業でセストラルを紹介する場面の撮影で使われた[86]。カットされた別の場面で、ハリーはグレンフィナン英語版にあるグレンフィナン・モニュメント英語版の前で石を飛ばしている[82]

視覚効果編集

この映画は1,400を超える視覚効果ショットが必要であり、ロンドンのダブル・ネガティブ社が950以上のショットを制作した。2005年9月から6ヶ月間、事前映像化(プリビジュアライゼーション)に取り組んだダブル・ネガティブは、「必要の部屋」「禁じられた森」「予言の間」および「死の間」のシークエンスに大きな役割を果たした[87]

この映画の新しいキャラクター、ハグリッドの巨人の異父弟グロウプは、イメージ・メトリクス英語版社が開発したSoul Capturingと呼ばれる新技術によって実現した。キャラクターを一から作るのではなく、俳優のトニー・モーズリー英語版の動きや表情を使って、グロウプの振る舞いをモデル化した[87][88]

音楽およびサウンドトラック編集

ニコラス・フーパーは、第1作から第3作までを作曲したジョン・ウィリアムズ、また第4作を作曲したパトリック・ドイルに続いて、本作のサウンドトラックの作曲を担当した。新しい楽譜には、フーパーは、元々第1作のためにウィリアムズが作曲し以降の全作品で使用されている、シリーズのテーマ「ヘドウィグのテーマ」(en:Hedwig's Theme)のバリエーションを取り入れている[89]。2007年3月から4月にかけて、フーパーとロンドン室内管弦楽団は、ロンドンのアビー・ロード・スタジオで2時間近い録音を行った[90][91]。映画や原作と同様に、この曲もシリーズのこれまでの作品より暗くできている。それを際立てるため、2つの新しいメインテーマは、邪悪な新しい登場人物であるドローレス・アンブリッジと、ハリーの心を侵食するヴォルデモート卿を反映している。より深みのある音にするためパーカッションには和太鼓を使用した[89]。このサウンドトラックは、映画公開前夜の2007年7月10日にワーナー・レコードより発売された[92]。この作品への参加により、フーパーはワールド・サウンドトラック・ディスカバリー・アワードにノミネートされた。予告編では、X-Ray Dog英語版の「Divine Crusade」とPfeifer Broz. Music英語版の「DNA Reactor」が大きく取り上げられている。

またこの映画では、グリフィンドール寮の談話室の場面でジ・オーディナリー・ボーイズの「Boys Will Be Boys英語版」という曲も流された(31分35秒あたり)。ルパート・グリントによると、デヴィッド・イェーツは、談話室により「カジュアル」な雰囲気を作り出すためにこの曲を使ったという[93]

公開編集

マーケティング編集

最初の予告編はまた別のワーナー・ブラザース作品である『ハッピー フィート』と併せて2006年11月17日に公開された。また「ハッピー フィート」のウェブサイトで2006年11月20日にオンラインで公開された[94]。国際版の予告編は2007年4月22日 14:00(UTC)にオンラインで初公開された[95]。2007年5月4日、アメリカ版予告編が『スパイダーマン3』の前に上映された[96]

ハリーがハーマイオニー・グレンジャーを含む6人のクラスメートを伴う3種類のポスターがインターネットで公開され、メディアにより幾ばくかの論争が引き起こされた。1つはIMAX版の公開を宣伝するものだったが、それらは基本的には同じ絵だった。あるポスターでは、エマ・ワトソン演じるハーマイオニーの横姿について、胸の輪郭が強調され、より女性らしいラインに描かれていた。著名なファンサイト「The Leaky Cauldron英語版」のWeb管理者メリッサ・アネリはリンク先[97]のように書いている。

英国EA社英語版により設計されたビデオゲーム版英語版は2007年6月25日に発売され[98]EAモバイル社英語版によるモバイルゲーム『Harry Potter: Mastering Magic』も発売された[99]レゴ社はホグワーツの模型1セット英語版だけを制作し、これはこれまでの映画で最も少ないセット数だった[100][101]ネカ英語版が一連のアクションフィギュアを制作し[102]、またCorgi International傘下のPopCo Entertainment社がより多くの小型フィギュアの数々を制作した[103]

劇場公開編集

この映画は、従来型の劇場とIMAXで同時公開された、3作目の『ハリー・ポッター』映画である。IMAXでの公開では、映画全体を2Dで、最後の20分を3Dで上映した[104]。2007年3月のワーナー・ブラザースによる試算によると、本作は夏の間に1万を超える劇場のスクリーンで公開される予定だった[105]

本作の試写は2007年3月よりシカゴ地域で始まった[106]。日本での試写会では、ワーナー・ブラザースは警備員に通路を巡回させて、携帯電話のカメラや小型の録音機器を探すなど、盗撮防止のための厳重な警備体制のもとで行われた[107]。2007年6月28日、東京でワールド・プレミアが開催された[108]。MySpaceのユーザーは、オンライン・プロフィールのコピーを持参すれば、2007年6月28日に全米8都市で行われた覆面試写会に無料で入場できた[109]。イギリスでのプレミア上映は、2007年7月3日にロンドンのオデオン・レスター・スクウェア英語版で開催され、その際に原作者のJ・K・ローリングが公の場に姿を現した[110]。アメリカでのプレミア上映は、7月8日にロサンゼルスで開催された[111]。プレミア上映のあと、本シリーズの3人の若きスター、ラドクリフ、グリント、およびワトソンの手形、足形、そして「魔法の杖の形」をグローマンズ・チャイニーズ・シアター前のセメントに刻む式典が開催された[112]

当初、ワーナー・ブラザースはオーストラリアでの公開日を、ほかの大多数の公開日から2ヶ月近く遅い、2007年9月6日に設定した。しかし、2,000人の署名を集めた請願を含むオーストラリアの人々からの苦情のあと、前述の公開日は取り消され2007年7月11日にされた[113]。イギリスでの公開日も7月13日から12日へ、またアメリカでの公開日も7月13日から11日に繰り上げられた[114][115]

原作がシリーズ最長(700ページ以上)であるにもかかわらず、映画は138分(2時間18分)と、シリーズ中2番目に短い[116]

映像ソフト編集

DVDには、追加シーン、ニンファドーラ・トンクス役のナタリア・テナの1日を紹介する特集、映画と原作に関するA&E英語版ドキュメンタリー、「不死鳥の騎士団」での映画編集の特集が収録された。DVD-ROMには、年表や次作『ハリー・ポッターと謎のプリンス』(2009年)の予告が収録されている。HD DVDとブルーレイには、ダンブルドア軍団のメンバーが映画制作中のお気に入りの瞬間を共有する「インムービー・エクスペリエンス」解説や、映画のある場面がどのように作られたのか紹介する「フォーカスポイント」特集などの追加特典が収録されている[117][118]HD DVDには、HD DVDの所有者がインターネットを介して一緒に映画を見ることができるようになる、「コミュニティ・スクリーニング」(コミュニティ上映)と呼ばれる専用機能も含まれている[119]。『不死鳥の騎士団』は、2007年のベストセラーDVDの第7位で、1,014万枚を記録した[120]。HD DVDの合計販売枚数は179,500枚で[120]、ブルーレイ版の販売枚数の方が多かった[121]

また、DVDの3枚目には、映画のセットの舞台裏を紹介する特典があった。これは、ターゲット限定なので、ターゲット店舗(カナダではフューチャーショップ)で購入した場合のみ入手できる。そのパッケージには、パソコンのWindows Media Playerで再生できる、映画のDigital copyを有効化する1回限りのコードが含まれていた。このDigital copyはマッキントッシュアップル社iPodでは再生できない。この問題は部分的に解決され、アメリカではできなかったが、イギリスではiTunes Storeで映画が配信されるようになった[122]

日本ではワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメントよりブルーレイ、DVDが発売。

  • ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 期間限定生産版(DVD1枚組、2007年11月21日発売)
  • ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 特別版(DVD3枚組、2007年11月21日発売)
  • 【初回限定生産】ハリー・ポッター 第1章〜第5章 プレミアム・ボックス(DVD12枚組、2007年11月21日発売)
  • ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 ブルーレイ(1枚組)
  • 【初回限定生産】ハリー・ポッター 第1章〜第5章 Blu-rayお買い得パック(ブルーレイ5枚組、2008年12月17日発売)
  • ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 コレクターズ・エディション(Blu-ray版:2枚組、DVD版:3枚組、2016年5月11日発売)
  • ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 〈4K ULTRA HD&ブルーレイセット〉(3枚組、2017年4月19日発売)

テレビ放送編集

回数 テレビ局 番組名 放送日 放送時間 視聴率 備考
初回 日本テレビ 金曜ロードショー
→金曜ロードSHOW!
2009年7月17日 21:00 - 23:39 20.5% 地上波初放送
45分拡大
2回目 2010年11月19日 20:00 - 22:54 14.5% 60分拡大、60分繰上げ
3回目 2013年8月23日 21:00 - 23:29 14.4% 35分拡大
4回目 2017年11月3日 21:00 - 23:24 10.3% 30分拡大
5回目 2021年12月3日 9.0% 30分拡大
ハリーポッターシリーズ映画化20周年記念
  • 視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム。

評判編集

興行成績編集

この映画は、全世界での公開5日間の興行収入英語版が3億3,300万ドルとなり、歴代14位の開演となった。アメリカでは、オンラインチケット販売サイト「ファンダンゴ」で販売された数百枚の深夜上映のチケットが完売し、同サイトの週間チケット販売の約90%を占めた[123]。アメリカとカナダでは、7月11日未明に2,311回の深夜上映から1,200万ドルを売り上げ[124]、「これまでで最も成功した深夜上映映画」となった[125]。一晩の収益では、『不死鳥の騎士団』は、当日の4時間前に封切られた『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』に次ぐものとなっている[126]。2010年7月に漏洩した映画会社の文書で、本作はワーナー・ブラザースにとって約1億6700万ドルの「損失」であることが明らかにされた[127][128]

北米では、『不死鳥の騎士団』は水曜日の午前0時以降の上映でさらに3,220万ドルの収益を生み、4,285館から合計4,420万ドルの収益は、水曜日1日の興行収入として史上最大を記録した[129][130]。その金額は、2004年以降、2009年に『トランスフォーマー/リベンジ』に6,200万ドルで破られるまで、水曜日に4040万ドルという記録を保持していたソニー・ピクチャーズ_エンタテインメントの『スパイダーマン2』を超えた[131]。また当時、『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』の4,290万ドルを凌ぎ、史上5番目の初日興行収入を記録した映画だった。記録的な91のIMAXスクリーンから190万ドルの収益を生み、『スパイダーマン3』の180万ドルに勝ち、曜日を問わずIMAXのそれまでで最高の初日興行収入を記録した。イギリスでも同様の結果となった。この映画は初動の4日間で1650万ポンドを稼ぎだし、公開初日から4日間の週末興行成績としてイギリス史上最大の記録を破った[132]

『不死鳥の騎士団』の興行収入はアメリカとカナダで2億9240万ドルで、これらの地域で2007年の5番目に高い興行成績を上げた映画であり[133]、またイギリスでは4920万ポンド[134](1億140万ドル)[135]であった。国際的には、海外で歴代7位の興行成績である6億4,800万ドルを記録し[136]、全世界で累計9億4,200万ドルに上り[137]、『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』の興行成績9億6,000万ドルに迫る2007年第2位の興行成績となった[138]。それは当時史上6番目に高い興行成績を上げた映画であり、全世界で2番目に高い興行収入を上げた『ハリー・ポッター』映画であり[139]、また9億ドルを突破した2作目の『ハリー・ポッター』映画であり[140]、そして『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』の13億4100万ドル[141]、『ハリー・ポッターと賢者の石』9億7400万ドル[142]、『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』の9億6000万ドルに次ぐ[143]、シリーズ4番目に高い興行成績の『ハリー・ポッター』映画となり、オーストラリアとイギリスでは2007年の最高興行成績作品である[144][145]。IMAXコーポレーションとワーナー・ブラザース映画は、この映画が全世界のIMAXスクリーンで3500万ドル以上を稼ぎ、スクリーンあたりの平均で24万3000ドルという、IMAXの実写映画公開作品として史上最高の収益となったことを発表した[146]。南アフリカでは87館で上映され、944,082.00ドルで1位で開演した[147]

批評家の反応編集

 
2007年7月、『不死鳥の騎士団』のハリウッド・プレミアでのデヴィッド・イェーツ。イェーツはテレビから主流の映画への移行が特に称賛された。『不死鳥の騎士団』以前に長編映画を監督したことがなかった[148]

レビュー収集サイトのRotten Tomatoesでは、この映画は257件のレビューを基に77%の支持を得ており、平均評価は6.9/10となっている。このサイトの『批評家の総意(CRITICS CONSENSUS)』では、「最長の『ハリー・ポッター』本を、最短の『ハリー・ポッター』映画に縮小改編するのは容易ではないが、デヴィッド・イェーツ監督は素晴らしい仕事を行い、面白くアクション満載の『不死鳥の騎士団』を創り上げた」と解釈している[149]Metacriticでは、本作は37人の批評家を基に100点満点中71点を出しており、「概ね好意的な評価(generally favourable reviews)」を示している[150]CinemaScoreによる調査では、観客は本作にA+からFの評価基準で平均「A-」を与えた[151]

ロジャー・イーバートは、「ハリーはもう多くの喜びはない」と、この映画に4つ星のうちの星2.5をつけた[152]デイリー・テレグラフ紙のCharles Frederickによるレビューは、「ポッター映画はこれまでで最高で最も暗い」という大見出しを付けられた[153]ニューヨーク・デイリーニューズ紙のColin Bertramは、この映画に4つ星のうちの星4つをつけ、これまでで最高の「ポッター」映画と呼び、「熱狂的なポッターマニアは、イェーツがJ.K.ローリングの広大な世界を丁寧に、また敬意を持って本質を抜き出したことに喜ぶだろう」と書いた[154]サンデー・ミラー英語版紙のMark Adamsは、5つ星のうちの星4つをつけると同時に、「暗黒の美味の喜び(であり)必見の映画」とみなした[155]マイアミ・ヘラルド英語版紙のRene Rodriguezは、この映画に4つ星のうちの星3つをつけ、この映画は「まもなく始まる7シリーズの最初の作品であり、お金を生むハリー・ポッターのブランド名を利用した新手の単なるスピンオフ作品には見えない。それどころか、『不死鳥』は本物の『映画』だと感じる」と書いている[156]

ドローレス・アンブリッジ役のイメルダ・スタウントンとベラトリックス・レストレンジ役のヘレナ・ボナム=カーターの演技は広く称賛され、スタウントンはガーディアン紙には「主役を食うところだった」[157]バラエティ誌には「完璧な配役」「この映画の最大の満足の1つ」と評された[158]。ボナム=カーターは、タイムズ紙から「輝いているが、十分に活用されていない才能」と言われた[159]。バラエティ誌は、アラン・リックマンが演じたセブルス・スネイプの描写をさらに称賛し、彼は「新しい境地に達したかもしれない、彼がここでするより少ない出番でこれ以上活躍する役者はめったにいない」と書いている[158]。ルーナ・ラブグッドを演じた新人のイヴァナ・リンチも、彼女を「心を虜にする」と断言したニューヨーク・タイムズ紙を含む多くの批評家からと良い評判を得た[160]

ローリング・ストーン誌のピーター・トラヴァースも、3人の主演俳優の功績を称え、特にラドクリフについては「この映画の楽しみのひとつは、ダニエル・ラドクリフが驚くほどハリーという役にはまっていく姿を見ることです。彼は役柄とハリーの悪夢を深く掘り下げている。優しさから恐れまですべての基礎に触れる素晴らしい演技です」と称えた。ローリング・ストーン誌のレビューでも、本作は第1作と第2作の「弱虫な印象」が消え、第3作と第4作の「興奮と余韻」から「ハードルを上げた」ことで、シリーズの前4作より良いと分類された[161]。ローリング・ストーン誌のピーター・トラヴァースは、この映画を「ハリーの信者でなくとも夢中にさせる笑いとイライラと元気がある、これまでのシリーズの中で最高傑作である」とみなした[161]

タイムズ紙(ロンドン)のLeo Lewisは、3人の主演俳優がそれぞれの役柄の感情面を十分に表現できず、作品を損なわせたことに失望を表明した[159]サンフランシスコ・クロニクル紙は、ハリーが校外で魔法を使ったことで懲戒尋問にかけられ退学の危機にさらされるが無罪放免となる、本作の最初の20分は話が前に進まないと、「ひどい」ストーリーについて不満を表した[162]ハリウッド・リポーター誌のKirk Honeycuttは、『不死鳥の騎士団』は「これまでの(シリーズの)中でおそらく最も面白くない作品」であり、「いくつかの目を引く瞬間」はあるものの、「魔法、つまり映画の魔法、はほとんど見当たらない」と書いている。このレビューではまた、ヘレナ・ボナム=カーターマギー・スミスエマ・トンプソンデヴィッド・シューリスリチャード・グリフィスジュリー・ウォルターズの登場が短いことに言及し、「選び抜かれた英国俳優陣」がもったいないと批判した[163]

受賞歴編集

『不死鳥の騎士団』は公開前に2007年MTVムービー・アワードの「まだ観ていない最高の夏映画」という新しい部門にノミネートされた[164]。2007年8月26日、本作はティーン・チョイス・アワードの「夏映画 - ドラマ/アクション・アドベンチャー賞」を獲得した[165]

また本作は、スパイクTV主催の2007年スクリーム賞で、「アルティメット・スクリーム賞(究極に面白い)」「最優秀ファンタジー映画賞」「最優秀続編賞」の各部門にノミネートされた。ダニエル・ラドクリフは、「ファンタジー・ヒーロー」部門にノミネートされた[166]。本作は「最優秀続編賞」を獲得し、レイフ・ファインズは「最も卑劣な悪役賞」を獲得した[167]。本作は、第1回ITV ナショナル・ムービー・アワード英語版で、「最優秀ファミリー映画賞」、ラドクリフの「主演男優賞」、エマ・ワトソンの「主演女優賞」の3冠を達成した[168]。本作は2007年ハリウッド・ムービー・オブ・ザ・イヤーにノミネートされた10作品のうちの1つである[169]。また、放送映画批評家協会英語版賞の「最優秀実写ファミリー映画賞」にノミネートされ[170]、2007年ピープルズ・チョイス・アワードの「お気に入りのドラマ映画賞」を獲得した[171]。また、エンパイア誌主催の第13回エンパイア賞英語版では、「作品賞」を含む6部門にノミネートされ、デヴィッド・イェーツが「監督賞」を獲得した[172]。その後、イェーツは『不死鳥の騎士団』を含む『ハリー・ポッター』4作品でBAFTAブリタニア賞英語版の「芸術的優秀監督賞」を受賞した[173]

ニコラス・フーパーは、本作の音楽で「ワールド・サウンドトラック・ディスカバリー賞」にノミネートされた[174]。イメルダ・スタウントンは、ロンドン映画批評家協会賞の「英国助演女優」部門にノミネートされた[175]。2008年の英国アカデミー賞では、「プロダクション・デザイン賞英語版」と「視覚効果賞英語版」にノミネートされた[176]。また『不死鳥の騎士団』は、米国美術監督組合賞と米国衣装デザイナー組合英語版賞にもノミネートされ[177][178]、6つのノミネートのうち視覚効果協会による「映画における傑出した特殊効果」賞を受賞した[179]英国アカデミー児童映画賞英語版(英国映画テレビ芸術アカデミー主催)は2007年の長編映画賞に『不死鳥の騎士団』をノミネートし[180]ヒューゴー賞は2008年の「映像部門(長編部門)」にノミネートした[181]

ゲーム編集

エレクトロニック・アーツより5機種で発売されている。

ニンテンドーDS版、PlayStation 2版、PLAYSTATION 3版、Xbox 360版は2007年11月22日発売。Wii版は2007年8月2日に発売された。

ただし、国外ではゲームボーイアドバンス版、PlayStation Portable版が発売されており合計8つのハードで展開された。

このほかにゲームではないが、トレーディングカードシリーズが作成されている。

日本語版の訳題について編集

出版元の静山社は最初、『ハリー・ポッターと不死鳥の勲章』の仮題を発表していたが、のちに『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』と改めた。

変更の原因となった "order" については多数の訳語があるため、無難に「不死鳥の勲章」として仮題を発表した。orderは「騎士団」のほか、同時にその構成員であることを示す「記章(勲章)」の意味もあり、「騎士団勲章」の意味で使われることも多い(例:ガーター勲章 / The Order of the Garter)。本シリーズにおける「マーリン勲章」も原文では「Order of Merlin」である。なお訳者あとがきによると、原作者サイドからは発売前のタイトル発表段階で訳題を求められ、上記の理由を説明し理解を得る必要があったという。

その後、原書第5巻が発売され、第4章でハーマイオニーが "secret society" (秘密同盟)の意味であると説明するなどして、作品内での意味が判明すると、訳題も変更された。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ ヘレン・マックロリーが演じる予定だったが、妊娠のため降板。

出典編集

  1. ^ a b Ross, Shmuel (2000–2009). “Harry Potter Timeline: 2000 to the Present”. Pearson Education, publishing as Infoplease. 2016年12月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年7月11日閲覧。
  2. ^ Harry Potter Books”. MuggleNet.com (1999–2009). 2009年6月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年5月29日閲覧。
  3. ^ a b “Potter-mania sweeps bookstores”. CNN. (2003年6月30日). オリジナルの2008年7月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080724155040/http://www.cnn.com/2003/SHOWBIZ/books/06/20/sprj.cas03.potter.advancer/ 2009年5月29日閲覧。 
  4. ^ “Thousands of Potter books stolen”. BBC News. (2003年6月17日). オリジナルの2009年8月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090818100547/http://news.bbc.co.uk/2/hi/entertainment/2996718.stm 2009年5月29日閲覧。 
  5. ^ Best Books for Young Adults Annotated List 2004”. American Library Association (2004年). 2009年4月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年5月30日閲覧。
  6. ^ 2004 Notable Children's Books”. American Library Association (2009年). 2009年9月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年5月30日閲覧。
  7. ^ Levine, Arthur (2001–2005). “Awards”. Arthur A. Levine Books. 2006年4月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年5月30日閲覧。
  8. ^ Donahue, Deirdre (2003年6月25日). “Rich characters, magical prose elevate 'Phoenix'”. USA Today. オリジナルの2009年6月1日時点におけるアーカイブ。. http://archive.wikiwix.com/cache/20090601123338/https://www.usatoday.com/life/books/reviews/2003-06-20-potter_x.htm 2009年5月31日閲覧。 
  9. ^ a b Leonard, John (2003年7月13日). “Nobody Expects the Inquisition”. The New York Times. オリジナルの2009年6月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090609114136/http://www.nytimes.com/2003/07/13/books/nobody-expects-the-inquisition.html 2009年5月31日閲覧。 
  10. ^ Smithouser, Julie (2009年). “Harry Potter and the Order of the Phoenix”. Focus on the Family. 2006年5月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年5月31日閲覧。
  11. ^ Knapp, N.F. (2003). “In Defense of Harry Potter: An Apologia”. School Libraries Worldwide (International Association of School Librarianship) 9 (1): 78–91. オリジナルの9 March 2011時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110309051050/http://www.iasl-online.org/files/jan03-knapp.pdf 2009年5月14日閲覧。. 
  12. ^ a b “A Potter timeline for muggles”. Toronto Star. (2007年7月14日). オリジナルの2008年12月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081220001353/http://www.thestar.com/entertainment/article/235354 2008年9月27日閲覧。 
  13. ^ a b Harry Potter: Meet J.K. Rowling”. Scholastic Inc. 2007年6月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年9月27日閲覧。
  14. ^ “Speed-reading after lights out”. The Guardian (London). (2000年7月19日). オリジナルの2013年12月31日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131231101931/http://www.theguardian.com/books/2000/jul/19/jkjoannekathleenrowling 2008年9月27日閲覧。 
  15. ^ Elisco, Lester (2000–2009). “The Phenomenon of Harry Potter”. TomFolio.com. 2009年4月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年1月22日閲覧。
  16. ^ “July date for Harry Potter book”. BBC News. (2004年12月21日). オリジナルの2008年12月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081229024606/http://news.bbc.co.uk/1/hi/entertainment/arts/4113663.stm 2008年9月27日閲覧。 
  17. ^ a b “Harry Potter finale sales hit 11 m”. BBC News. (2007年7月23日). オリジナルの2008年12月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081225034725/http://news.bbc.co.uk/1/hi/entertainment/6912529.stm 2008年8月21日閲覧。 
  18. ^ “Rowling unveils last Potter date”. BBC News. (2007年2月1日). オリジナルの2008年12月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081228101051/http://news.bbc.co.uk/1/hi/entertainment/6320733.stm 2008年9月27日閲覧。 
  19. ^ Harry auf Deutsch: Projekt-Übersicht der Harry Potter Übersetzung (en)”. 2012年4月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年7月10日閲覧。
  20. ^ a b Harry Potter And The Order Of The Phoenix (2007)”. Box Office Mojo. 2009年11月29日閲覧。
  21. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』キネマ旬報社、2012年、670頁。
  22. ^ a b c d Daly, Steve (2007年7月13日). “What Phoenix leaves out”. Entertainment Weekly. https://www.ew.com/ew/article/0,,20045813,00.html 2007年10月9日閲覧。 
  23. ^ a b c d e f Traister, Rebecca (2007年7月11日). “Harry Potter and the art of screenwriting”. Salon.com. オリジナルの2011年8月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110830132036/http://www.salon.com/entertainment/movies/feature/2007/07/11/goldenberg_qa/index2.html 2022年2月19日閲覧。 
  24. ^ a b c Anelli, Melissa (2007年4月9日). “Introducing Michael Goldenberg: The OotP scribe on the Harry Potter films, franchise, and fandom”. The Leaky Cauldron. http://www.the-leaky-cauldron.org/2007/4/10/introducing-michael-goldenberg-the-ootp-scribe-on-the-em-harry-potter-em-films-franchise-and-fandom 2007年9月15日閲覧。 
  25. ^ a b Daly, Steve (2007年4月6日). Phoenix Rising”. Entertainment Weekly: p. 3. オリジナルの2007年4月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070406192720/http://www.ew.com/ew/article/0,,20016352_3,00.html 2020年11月6日閲覧。 
  26. ^ “Magic Parents”. Daily Record. (2007年2月4日). http://www.dailyrecord.co.uk/news/tm_objectid=16664789%26method=full%26siteid=66633%26headline=magic%2dparents%2d-name_page.html 2007年9月15日閲覧。 
  27. ^ Rowling, J. K. (2007). en:Harry Potter and the Deathly Hallows (in English). London: Bloomsbury/New York City: Scholastic, et al. UK 1-55192-976-7/U.S. 0-545-01022-5, chapter 10.
  28. ^ a b Vineyard, Jennifer (2007年6月25日). “Kreacher Comfort: MTV Solves A Harry Potter Mystery”. MTV. オリジナルの2007年6月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070627140350/http://moviesblog.mtv.com/2007/06/25/kreacher-comforts-mtv-solves-a-harry-potter-mystery/ 2007年6月26日閲覧。 
  29. ^ Goblet of Fire Red Carpet Interviews, Part 2: Interviews filmed with Tolga Safer, David Heyman, Miranda Richardson, and Dan Radcliffe on the red carpet of the US premiere. (QuickTime)”. The Leaky Cauldron, MuggleNet. 2007年9月15日閲覧。 [リンク切れ]
  30. ^ Daly, Steve (2007年7月13日). “Harry the 5th”. Entertainment Weekly. https://www.ew.com/ew/article/0,,20046055,00.html 2007年10月8日閲覧。 
  31. ^ a b Raphael, Amy (2007年6月24日). “How I raised Potter's bar”. The Observer (London). http://film.guardian.co.uk/harrypotter/storynav/0,,2109836,00.html 2007年6月26日閲覧。 
  32. ^ D'Alessandro, Anthony (2007年7月9日). “WB Wild For Harry Potter”. Variety. https://variety.com/2007/film/features/wb-wild-for-harry-potter-1117968266/ 2011年6月15日閲覧。 
  33. ^ “Interview with Emma Watson”. Crushable (source: Donna, Italian magazine). (2012年4月3日). オリジナルの2012年8月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120814064642/http://crushable.com/entertainment/interview-with-emma-watson/ 2012年4月3日閲覧。 
  34. ^ Fienberg, Daniel (2005年11月16日). “Screenwriter will sit out one Potter. Milwaukee Journal Sentinel. オリジナルの2008年1月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080102151124/http://www.jsonline.com/story/index.aspx?id=371074 2008年3月3日閲覧。 
  35. ^ “Helena Bonham Carter Joins the All-Star Cast and Nicholas Hooper Signs on to Compose the Score of Warner Bros. Pictures' Harry Potter and the Order of the Phoenix” (プレスリリース), Warner Bros., (2006年8月2日), http://www.prnewswire.co.uk/cgi/news/release?id=176487 2006年10月23日閲覧。 
  36. ^ About Paul Harris”. PaulHarris.uk.com. 2007年5月30日閲覧。
  37. ^ Puig, Claudia (2005年5月3日). “There's no looking back”. USA Today. https://www.usatoday.com/life/movies/news/2005-05-03-potter-sidebar_x.htm 2006年10月23日閲覧。 
  38. ^ “NR chats to GOF's Rupert Grint”. BBC. (2005年11月16日). http://news.bbc.co.uk/cbbcnews/hi/newsid_4440000/newsid_4443900/4443956.stm 2006年10月23日閲覧。 
  39. ^ “NR chats to GOF's Emma Watson”. BBC. (2005年11月16日). http://news.bbc.co.uk/cbbcnews/hi/newsid_4440000/newsid_4443700/4443762.stm 2006年10月23日閲覧。 
  40. ^ “Matthew Lewis: Online Q&A session”. MuggleNet. (2005年8月25日). オリジナルの2006年11月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20061108155847/http://www.mugglenet.com/chat/transcripts/mattlewis250805.htm 2006年10月23日閲覧。 
  41. ^ “Bonnie Wright as Ginny Weasley in Harry Potter and the Goblet of Fire. Scholastic News. (2005年11月26日). オリジナルの2008年2月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080216222735/http://teacher.scholastic.com/scholasticnews/indepth/harry_potter_movie_iv/interviews/index.asp?article=wright&topic=1 2006年10月23日閲覧。 
  42. ^ What Katie did”. The Star (Malaysia) (2005年11月16日). 2005年12月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年10月23日閲覧。
  43. ^ “Ralph Fiennes on Lord Voldemort”. ComingSoon.net. (2005年8月9日). オリジナルの2006年10月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20061018212527/http://www.comingsoon.net/news/topnews.php?id=10724 2006年10月23日閲覧。 
  44. ^ “Lizo reports from the Luna casting”. BBC. (2006年1月15日). http://news.bbc.co.uk/cbbcnews/hi/newsid_4610000/newsid_4615000/4615092.stm 2006年10月24日閲覧。 
  45. ^ “Filming Begins for Harry Potter 5. ComingSoon.net. (2006年2月2日). https://comingsoon.net/news/movienews.php?id=13018 2006年10月23日閲覧。 
  46. ^ Rodriguez, Karla (2011年8月4日). “Saoirse Ronan admits disappointment over Harry Potter Luna Lovegood role”. IrishCentral. 2013年6月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月14日閲覧。
  47. ^ Anelli, Mellisa. "WB: Hurley Not Cast in Fifth Potter Film". The Leaky Cauldron. 8 February 2005. Retrieved 28 May 2006.
  48. ^ Cummins, Fiona (2005年8月2日). “Exclusive: Helen is New Foe for Harry”. Daily Mirror. https://www.mirror.co.uk/news/tm_objectid=15806491&method=full&siteid=94762&headline=helen-is-new-foe-for-harry--name_page.html 2008年2月18日閲覧。 
  49. ^ “Luna Lovegood role has been cast”. CBBC en:Newsround. (2006年2月2日). http://news.bbc.co.uk/cbbcnews/hi/newsid_4670000/newsid_4672700/4672798.stm 2008年2月18日閲覧。 
  50. ^ “Potter exclusive: New Bellatrix”. CBBC Newsround. (2006年5月25日). http://news.bbc.co.uk/cbbcnews/hi/newsid_5010000/newsid_5015300/5015376.stm 
  51. ^ “WB: McManus as Aberforth, "Very Minor Role"”. The Leaky Cauldron. (2006年4月26日). http://www.the-leaky-cauldron.org/2006/4/26/wb-mcmanus-as-aberforth-very-minor-role 2007年8月25日閲覧。 
  52. ^ Adler, Shawn (2006年10月6日). “Elf's Absence From Next Harry Potter Flick Opens Up Plot Questions”. MTV. 2006年10月6日閲覧。
  53. ^ Anelli, Melissa, en:David Heyman, en:Daniel Radcliffe, en:Miranda Richardson, en:Tolga Safer, Emerson Spartz (2005年11月13日) (QuickTime). "Goblet of Fire" Red Carpet Interviews, Part 2: Interviews filmed with Tolga Safer, David Heyman, Miranda Richardson, and Dan Radcliffe on the red carpet of the US premiere.. The Leaky Cauldron, MuggleNet. http://www.mugglenet.com/movieViewer.php?u=http://media.mugglenet.com/20051127-gofredcarpetinterviews/20051127-gofredcarpetinterviews.mov&w=320&h=240&l=Goblet+of+Fire+Red+Carpet+Interviews%2C+Part+2&c=Interviews+filmed+with+Tolga+Safer%2C+David+Heyman%2C+Miranda+Richardson%2C+and+Dan+Radcliffe+on+the+red+carpet+of+the+US+premiere. 2006年6月6日閲覧。 
  54. ^ Green, Kris (2007年4月13日). “Tiana Benjamin”. en:Digital Spy. http://www.digitalspy.co.uk/soaps/a44522/tiana-benjamin.html?page=4 2007年4月15日閲覧。 
  55. ^ Deedes, Henry (2006年2月27日). “David Yates: Partner of Walcott's aunt, Yvonne (Headline "Pandora: 'Standard' opera row has a dramatic finish")”. The Independent (London). https://www.independent.co.uk/news/people/pandora/pandora-standard-opera-row-has-a-dramatic-finish-1633413.html 2011年3月4日閲覧。 
  56. ^ McIntosh, Lindsay (2006年9月26日). “Football Shorts: Theo misses out on Harry Potter film”. The Times (London). http://www.timesonline.co.uk/tol/sport/football/article648841.ece 2006年10月24日閲覧。 
  57. ^ a b “New Interactive OotP Set Preview Photos on MSNBC”. The Leaky Cauldron. (2007年2月9日). http://www.the-leaky-cauldron.org/#article:9484 2007年2月11日閲覧。 
  58. ^ “Pottering about”. en:The Northern Echo. (2007年6月2日). オリジナルの2007年9月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070927002822/http://www.thenorthernecho.co.uk/features/leader/display.var.1443344.0.pottering_about.php 2007年6月26日閲覧。 
  59. ^ a b Newgen, Heather (2007年6月25日). “Harry Potter 5 Set Visit – Production Designer Stuart Craig”. ComingSoon.net. https://www.comingsoon.net/news/interviewsnews.php?id=21229 2007年6月26日閲覧。 
  60. ^ “"Empire" Magazine Feature on OotP”. The Leaky Cauldron. (2007年5月24日). http://www.the-leaky-cauldron.org/2007/5/24/empire-magazine-feature-on-ootp 2007年6月26日閲覧。 
  61. ^ Newgen, Heather (2007年6月25日). “Harry Potter 5 Set Visit – The Sets”. ComingSoon.net. https://www.comingsoon.net/news/interviewsnews.php?id=21230 2007年6月26日閲覧。 
  62. ^ a b “An Interview with Harry Potter Production Designer Stuart Craig, Part 3”. Voices from Krypton. (2006年9月27日). http://www.voicesfromkrypton.com/2007/09/an-interview-wi.html#more 2007年9月28日閲覧。 
  63. ^ LeakyMug: Order of the Phoenix Set Visit Transcript”. The Leaky Cauldron and MuggleNet. 2007年6月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年9月28日閲覧。
  64. ^ Grint, Rupert, en:David Heyman, Emerson Spartz (2007年7月8日). OOTP US Premiere red carpet interviews. en:MuggleNet. http://media.mugglenet.com/movie5/redcarpetvideo/ootpredcarpet.mov 2007年7月11日閲覧。 
  65. ^ “Order of the Phoenix Movie Rehearsals Starting”. The Leaky Cauldron. (2006年1月27日). http://www.the-leaky-cauldron.org/2006/1/27/em-order-of-the-phoenix-em-movie-rehearsals-starting 2006年12月30日閲覧。 
  66. ^ “2006: The Year in Harry Potter Film”. The Leaky Cauldron. (2006年12月29日). http://www.the-leaky-cauldron.org/2006/12/29/2006-the-year-in-em-harry-potter-em-film 2006年12月30日閲覧。 
  67. ^ “Exclusive: Order of the Phoenix News”. Empire. (2006年3月14日). https://www.empireonline.com/news/story.asp?NID=18268 2007年8月2日閲覧。 
  68. ^ Cornwell, Tim (2007年1月24日). “Oscars signal boom (except for Scots)”. The Scotsman (Edinburgh). オリジナルの2009年1月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090109165533/http://news.scotsman.com/filmandtvawards/Oscars-signal-boom-except-for.3340535.jp 2007年1月24日閲覧。 
  69. ^ Haun, Harry (2007年6月20日). “Harry the Fifth”. Film Journal International. オリジナルの2007年6月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070626042023/http://www.filmjournal.com/filmjournal/features/article_display.jsp?vnu_content_id=1003600960&imw=Y 2007年6月26日閲覧。 
  70. ^ “Harry Potter and the Goblet of Fire”. https://www.boxofficemojo.com/movies/?id=harrypotter4.htm 2008年3月6日閲覧。 
  71. ^ “JK 'loves' Goblet of Fire movie”. BBC en:Newsround. (2005年11月7日). http://news.bbc.co.uk/cbbcnews/hi/newsid_4410000/newsid_4415400/4415454.stm 2007年5月31日閲覧。 
  72. ^ “Sunrise Behind the Scenes of Order of the Phoenix”. The Leaky Cauldron. (2006年3月3日). オリジナルの2007年7月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070724193232/http://video.the-leaky-cauldron.org/video/show/295 2006年10月23日閲覧。 
  73. ^ “New Privet Drive Set Photos from OotP”. The Leaky Cauldron. (2006年7月4日). http://www.the-leaky-cauldron.org/2006/7/4/new-privet-drive-set-photos-from-ootp 2007年2月24日閲覧。 
  74. ^ “Leaky Mug: Order of the Phoenix Set Report”. en:The Leaky Mug. (2006年11月24日). オリジナルの2007年6月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070628090632/http://pottercast.the-leaky-cauldron.org/transcript/show/110?ordernum=1 2007年2月24日閲覧。 
  75. ^ “Yates comments on OOTP hold-up”. MuggleNet. (2005年5月27日). オリジナルの2007年11月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20071102222427/http://www.mugglenet.com/newsfusion/fullnews.php?id=752 2006年10月23日閲覧。 
  76. ^ Dhanyasree, M (2007年7月20日). “Harry Potter and the Order of the Phoenix”. One India. オリジナルの2007年10月19日時点におけるアーカイブ。. https://archive.today/20071019223106/http://entertainment.oneindia.in/hollywood/reviews/harry-potter-order-phoenix-review-200707.html 2007年10月4日閲覧。 
  77. ^ “Kings Cross, Sunday Sept 3rd”. HP4U News. (2006年9月9日). http://hp4unews.blogspot.com/2006/09/kings-cross-sunday-sept-3rd-wonderful.html# 2006年10月24日閲覧。 
  78. ^ “New images from Order of the Phoenix. HPANA. (2006年10月22日). http://www.hpana.com/news.19639.html 2006年10月22日閲覧。 
  79. ^ “Harry Potter rides on London Tube”. BBC. (2006年10月22日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/england/london/6075206.stm 2007年4月1日閲覧。 
  80. ^ Kern, Chris. “Harry Potter's Britain”. Fandango. オリジナルの2007年7月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070703114702/http://summermovies.fandango.com/roadtriparticle.php?ar_id=13 2007年3月8日閲覧。 
  81. ^ Harry Potter pops into palace”. Oxford Mail (2006年7月27日). 2006年10月23日閲覧。
  82. ^ a b c “Harry Potter 5 Filming in the West Highlands”. ComingSoon.net. (2006年5月25日). https://www.comingsoon.net/news/movienews.php?id=14739 2006年10月23日閲覧。 
  83. ^ Twinch, Emily; Henry Samuel (2006年3月6日). “Ski Sunday as snow blankets Scotland”. The Daily Telegraph (London). オリジナルの2006年6月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20060615110311/http://www.telegraph.co.uk/news/main.jhtml?xml=%2Fnews%2F2006%2F03%2F06%2Fnsnow06.xml&sSheet=%2Fnews%2F2006%2F03%2F06%2Fixhome.html 2007年4月1日閲覧。 
  84. ^ OotP Director David Yates: "I've Shot a Movie That's Probably Over Three Hours" - The-Leaky-Cauldron.org” (2006年10月27日). 2017年10月18日閲覧。
  85. ^ “Order of the Phoenix Filming”. HP4U News. (2006年8月2日). http://hp4unews.blogspot.com/2006/08/order-of-phoenix-filming-for-those-of.html 2006年10月23日閲覧。 
  86. ^ “Order of the Phoenix August Set Report and Pictures”. MuggleNet. (2006年8月3日). オリジナルの2006年11月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20061106220641/http://www.mugglenet.com/app/news/full_story/250 2006年10月24日閲覧。 
  87. ^ a b Bielik, Alain (2007年8月1日). “Order of the Phoenix: Escalating Potter VFX – Part 1”. VFX World. http://www.vfxworld.com/?atype=articles&id=3362&page=1 2007年8月2日閲覧。 
  88. ^ Waxman, Sharon (2006年10月15日). “Cyberface: New Technology That Captures the Soul”. The New York Times: p. E1. https://www.nytimes.com/2006/10/15/movies/15waxm.html?ex=1318568400&en=15808659d4e4ca69&ei=5088&partner=rssnyt&emc=rss 2007年4月19日閲覧。 
  89. ^ a b Carlsson, Mikael (8 May 2007). “Hooper writes new themes for Potter”. Film Music Weekly (14): 4. オリジナルの24 July 2007時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070724184656/http://www.filmmusicweekly.com/issues/FM_Weekly_050807.pdf 2007年5月10日閲覧。. 
  90. ^ Carlsson, Mikael (2007年5月8日). “Hooper writes new themes for Potter”. Film Music Weekly (14): p. 4. オリジナルの2007年7月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070724184656/http://www.filmmusicweekly.com/issues/FM_Weekly_050807.pdf 
  91. ^ Official Soundtrack Tracklisting”. 2021年4月16日閲覧。
  92. ^ “"Order of the Phoenix" Soundtrack Due 10 July”. The Leaky Cauldron. (2007年3月26日). http://www.the-leaky-cauldron.org/?articleID=9649 2007年3月26日閲覧。 
  93. ^ "Audio Q&A from 'Order of the Phoenix' press conference" from HPANA
  94. ^ “Order of the Phoenix Trailer to Show on Happy Feet Website Monday 20 November at 3:00 pm (EST)”. The Leaky Cauldron. (2006年11月17日). http://www.the-leaky-cauldron.org/2006/11/17/em-order-of-the-phoenix-em-trailer-to-show-on-happy-feet-website-monday-november-20-at-3-00pm-est 2006年11月20日閲覧。 
  95. ^ “New International Trailer for "Harry Potter and the Order of the Phoenix"”. The Leaky Cauldron. (2007年4月22日). http://www.the-leaky-cauldron.org/?articleID=9737 2007年4月22日閲覧。 
  96. ^ Puig, Claudia (2007年4月22日). Phoenix is born again in new trailer”. USA Today. https://www.usatoday.com/life/movies/news/2007-04-22-harry-potter-trailer_N.htm?csp=34 2007年4月23日閲覧。 
  97. ^ Anelli, Melissa (2007年5月4日). “Ch-ch-changes on the OotP Posters”. The Leaky Cauldron. http://www.the-leaky-cauldron.org/2007/5/4/ch-ch-changes-on-the-ootp-posters 2007年6月5日閲覧。 
  98. ^ “"Trick Out Your Broom" at OotP Video Game Preview Events”. The Leaky Cauldron. (2007年6月4日). http://www.the-leaky-cauldron.org/2007/6/4/trick-out-your-broom-at-ootp-video-game-preview-events 2007年7月2日閲覧。 
  99. ^ Dredge, Stuart (2007年12月14日). “Mobile gets magic new Harry Potter game”. Pocket Gamer. https://www.pocketgamer.com/articles/005174/mobile-gets-magic-new-harry-potter-game/ 2021年1月2日閲覧。 
  100. ^ “New Phoenix merchandise info”. MuggleNet. (2007年2月13日). オリジナルの2007年11月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20071102222343/http://mugglenet.com/app/news/show/646 2007年10月8日閲覧。 
  101. ^ 2007 Harry Potter Toys from LEGO, NECA, & Cards Inc.”. Millionaire Playboy. 2008年3月7日閲覧。
  102. ^ “TF07: NECA Checks into Hogwarts School of Witchcraft & Wizardry”. Figures.com. オリジナルの2007年10月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20071011192757/http://figures.com/databases/action.cgi?setup_file=fignews2.setup&category=actionfigures&topic=155&show_article=388&nl=1 2007年10月8日閲覧。 
  103. ^ Forbidden Planet Preview”. Harry Potter Fan Zone. 2007年10月8日閲覧。
  104. ^ “Warner Bros. Pictures' Harry Potter and the Order of the Phoenix to feature IMAX(R) 3D Finale” (プレスリリース), en:IMAX Corporation, (2007年4月19日), http://www.prnewswire.com/cgi-bin/stories.pl?ACCT=104&STORY=/www/story/04-19-2007/0004569017&EDATE= 2007年4月19日閲覧。 
  105. ^ McNary, Dave (2007年3月3日). “Big hopes for a summer abroad”. Variety. https://variety.com/2007/film/box-office/big-hopes-for-a-summer-abroad-1117960466/ 2007年3月4日閲覧。 
  106. ^ “First review of Order of the Phoenix. MuggleNet. (2007年3月5日). http://www.mugglenet.com/app/news/show/703 2007年6月21日閲覧。 
  107. ^ Betros, Chris (2007年6月20日). “Security tight as Japan fans get first look at new Harry Potter movie”. Japan Today. オリジナルの2007年6月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070625194416/http://www.japantoday.com/jp/news/409873 2007年6月21日閲覧。 
  108. ^ “Japanese debut for Potter movie”. BBC News. (2007年5月22日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/entertainment/6679263.stm 2007年5月26日閲覧。 
  109. ^ “Free, early Potter screenings for MySpace members”. HPANA. (2007年6月25日). http://www.hpana.com/news.20009.html 2007年7月11日閲覧。 
  110. ^ “Fans brave rain for Potter stars”. BBC. (2007年7月3日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/entertainment/6266590.stm 2007年7月4日閲覧。 
  111. ^ Order of the Phoenix US premiere confirmed”. MuggleNet. (2007年5月15日). http://www.mugglenet.com/app/news/show/894 2007年5月22日閲覧。 
  112. ^ “HARRY POTTER AND THE ORDER OF THE PHOENIX: Daniel Radcliffe, Rupert Grint and Emma Watson to Be Honored with Hand, Foot and Wand-Print Ceremony at Grauman's Chinese Theatre” (プレスリリース), Warner Bros., (2007年5月22日), http://www.businesswire.com/portal/site/google/index.jsp?ndmViewId=news_view&newsId=20070522006318&newsLang=en 2007年5月22日閲覧。 
  113. ^ “Order of the Phoenix Release Date Bumped Up Down Under”. The Leaky Cauldron. (2006年8月21日). http://www.the-leaky-cauldron.org/2006/8/21/em-order-of-the-phoenix-em-release-date-bumped-up-down-under 2007年6月16日閲覧。 
  114. ^ “Change to UK "OotP" Date: Now 12 July”. The Leaky Cauldron. (2007年5月11日). http://www.the-leaky-cauldron.org/2007/5/11/change-to-uk-ootp-date-now-july-12 2007年5月29日閲覧。 
  115. ^ Warner Bros. hurries up 'Harry'”. Variety (2007年5月31日). 2020年8月3日閲覧。
  116. ^ Harry Potter and the Order of the Phoenix rated 12A by the BBFC”. BBFC.co.uk (2007年5月24日). 2007年5月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年6月1日閲覧。
  117. ^ “The rebellion begins on 12 November 2007!” (プレスリリース), Warner Bros., (2007年9月17日), オリジナルの2007年9月23日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20070923042931/http://www.noblepr.co.uk/Press_Releases/warner/harry_potter_phoenix.htm 2007年9月19日閲覧。 
  118. ^ “Flying onto DVD for the Holidays: Harry Potter and the Order of the Phoenix Available 11 December from Warner Home Video” (プレスリリース), Warner Bros., (2007年9月17日), http://www.businesswire.com/portal/site/google/index.jsp?ndmViewId=news_view&newsId=20070917006585&newsLang=en 2007年9月19日閲覧。 
  119. ^ Harry Potter HD DVD to Feature First-Ever "Community Screening" Function - High-Def Digest”. www.highdefdigest.com. 2010年10月18日閲覧。
  120. ^ a b Snider, Mike (2008年1月7日). “DVD feels first sting of slipping sales”. USA Today. https://www.usatoday.com/life/movies/news/2008-01-07-dvd-sales-slippage_N.htm 2008年3月3日閲覧。 
  121. ^ Nielsen VideoScan High-Def market share for week ending 23 December 2007”. Techsoar (2008年1月7日). 2017年8月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年3月3日閲覧。
  122. ^ Buy the film from the iTunes store.”. 2009年8月17日閲覧。
  123. ^ “SOLD OUT! Harry Potter Tickets are Flying Away on Fandango” (プレスリリース), Fandango, (2007年7月10日), オリジナルの2007年9月29日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20070929135559/http://www.prnewswire.com/cgi-bin/stories.pl?ACCT=109&STORY=%2Fwww%2Fstory%2F07-10-2007%2F0004623179&EDATE= 2007年7月12日閲覧。 
  124. ^ “"Harry Potter" works box office magic in debut”. Yahoo!. https://movies.yahoo.com/mv/news/va/20070712/118428478700.html 2007年7月13日閲覧。 
  125. ^ Mumpower, David. “Daily Box Office Analysis for 11 July 2007”. Box Office Prophets. http://www.boxofficeprophets.com/column/index.cfm?columnID=10134 2007年7月13日閲覧。 
  126. ^ “Harry Potter 5 Opens to $12 Million”. ComingSoon.net. (2007年7月11日). https://www.comingsoon.net/news/movienews.php?id=21911 2007年7月12日閲覧。 
  127. ^ “Even Harry Potter Pic Loses Money Because Of Warner Bros' Phony Baloney Net Profit Accounting”. (2010年7月6日). https://deadline.com/2010/07/studio-shame-even-harry-potter-pic-loses-money-because-of-warner-bros-phony-baloney-accounting-51886/ 2017年3月22日閲覧。 
  128. ^ 'Hollywood Accounting' Losing in the Courts”. Techdirt (2010年7月8日). 2015年1月2日閲覧。
  129. ^ Brandon Gray (2007年7月16日). “'Harry Potter' Flies with the 'Phoenix'”. https://www.boxofficemojo.com/article/ed3598255108/ 2020年7月31日閲覧。 
  130. ^ “Harry Potter works magic at box office”. Ninemsn.net. (2007年7月13日). オリジナルの2007年3月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070330182531/http://news.ninemsn.com.au/article.aspx?id=60460 2007年7月13日閲覧。 
  131. ^ Brandon Gray (2009年6月25日). “Transformers Sequel Blasts Off on First Day”. Box Office Mojo. 2020年7月31日閲覧。
  132. ^ “Potter casts spell over UK box office”. The Guardian (London). (2007年7月18日). http://film.guardian.co.uk/news/story/0,,2129017,00.html 2007年10月24日閲覧。 
  133. ^ 2007 Yearly Box Office Results”. Box Office Mojo. 2011年5月22日閲覧。
  134. ^ “Hot Fuzz, Harry and Bean boost the British film industry”. UK FILM COUNCIL. http://ukfc.artlogic.net/information/news/?p=D4A157781b2cb1C3C4XXTuF1E11A&skip=0 2008年2月18日閲覧。 [リンク切れ]
  135. ^ HARRY POTTER AND THE ORDER OF THE PHOENIX – Foreign Total as of 9 December 2007: $646,460,223”. Box Office Mojo. 2007年11月24日閲覧。
  136. ^ The Numbers News”. The Numbers (2007年9月23日). 2007年10月4日閲覧。
  137. ^ Harry Potter and the Order of the Phoenix”. Box Office Mojo. IMDb. 2021年3月3日閲覧。
  138. ^ 2007 WORLDWIDE GROSSES”. Box Office Mojo. 2007年12月27日閲覧。
  139. ^ McNary, Dave (2007年9月10日). “'Bourne' supreme overseas”. Variety. https://variety.com/2007/film/box-office/bourne-supreme-overseas-1117971702/ 2007年9月10日閲覧。 
  140. ^ Order of the Phoenix third most successful film in franchise”. HPANA. (2007年8月30日). http://www.hpana.com/news.20169.html 2007年9月4日閲覧。 
  141. ^ Harry Potter and the Deathly Hallows Part 2 (2011)”. Box Office Mojo. 2020年8月3日閲覧。
  142. ^ Harry Potter and the Sorcerer's Stone (2001)”. Box Office Mojo. 2020年7月31日閲覧。
  143. ^ Harry Potter and the Deathly Hallows Part 1 (2010)”. Box Office Mojo. 2020年8月3日閲覧。
  144. ^ Hewitt, Emma (2008年1月18日). “UK Film Council announces Film production in the UK topped £723 million in 2007”. UK Film Council. http://www.em-media.org.uk/pages/news/article?B7C02536-01E1-4B68-830B-555CE0969DCD 2008年2月18日閲覧。 
  145. ^ Bulbeck, Pip (2008年1月12日). “'07 Australia box office close to record”. The Hollywood Reporter. https://www.hollywoodreporter.com/news/07-australia-boxoffice-close-record-102404 2020年7月31日閲覧。 
  146. ^ “Harry Potter and the Order of the Phoenix: An IMAX 3D Experience Sets New Record” (プレスリリース), IMAX Corporation, (2007年9月6日), https://www.comingsoon.net/news/movienews.php?id=22052 2007年9月13日閲覧。 
  147. ^ South Africa Box Office, July 13–15, 2007”. Box Office Mojo. 2009年7月29日閲覧。
  148. ^ “David Yates Does It All”. オリジナルの2013年1月11日時点におけるアーカイブ。. https://archive.today/20130111074704/http://www.moviemaker.com/directing/article/david_yates_harry_potter_and_the_half_blood_prince_20090708/ 2011年11月13日閲覧。 
  149. ^ Harry Potter and the Order of the Phoenix (2007)”. Rotten Tomatoes. 2020年10月15日閲覧。
  150. ^ Harry Potter and the Order of the Phoenix (2007)”. Metacritic. 2008年8月23日閲覧。
  151. ^ CinemaScore”. cinemascore.com. 2018年12月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月22日閲覧。
  152. ^ The trouble with 'Harry'”. Roger Ebert (2007年7月9日). 2020年11月7日閲覧。
  153. ^ Frederick, Charles (2007年6月27日). “Potter film is the best and darkest yet”. The Daily Telegraph (London). オリジナルの2007年7月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070701155632/http://www.telegraph.co.uk/news/main.jhtml?xml=%2Fnews%2F2007%2F06%2F29%2Fwpotter129.xml 2007年7月1日閲覧。 
  154. ^ Bertram, Colin (2007年7月8日). Phoenix hot for Harry”. New York Daily News. オリジナルの2011年7月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110730080020/http://www.nydailynews.com/entertainment/movies/2007/07/08/2007-07-08_phoenix_hot_for_harry.html 2007年7月8日閲覧。 
  155. ^ Adams, Mark (2007年7月1日). “Harry Potter and the Order of the Phoenix”. Daily Mirror. http://www.sundaymirror.co.uk/showbiz/movies/tm_method=full%26objectid=19386975%26siteid=98487-name_page.html 2007年7月1日閲覧。 
  156. ^ Rodriguez, Rene (2007年7月10日). “Like Harry, movie has matured”. en:The Miami Herald. オリジナルの2007年9月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070927225957/http://www.miamiherald.com/213/story/165548.html 2007年7月10日閲覧。 
  157. ^ McCurry, Justin (2007年6月29日). “Japan goes wild about Harry”. The Guardian (London). https://www.theguardian.com/uk/2007/jun/29/film.business 2007年7月1日閲覧。 
  158. ^ a b McCarthy, Todd (2007年6月29日). “Harry Potter and the Order of the Phoenix”. Variety. https://variety.com/2007/film/awards/harry-potter-and-the-order-of-the-phoenix-1200558031/ 2007年7月1日閲覧。 
  159. ^ a b Lewis, Leo (2007年6月28日). “Harry Potter and the Order of the Phoenix: the first review”. The Times (London). http://entertainment.timesonline.co.uk/tol/arts_and_entertainment/film/film_reviews/article2000948.ece 2007年6月30日閲覧。 
  160. ^ Scott, A. O. (2007年7月10日). “Hogwarts Under Siege”. The New York Times. https://movies.nytimes.com/2007/07/10/movies/10harr.html 2007年7月29日閲覧。 
  161. ^ a b Travers, Peter (2007年6月29日). “Harry Potter and the Order of the Phoenix”. Rolling Stone. オリジナルの2007年7月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070709005534/http://www.rollingstone.com/reviews/movie/15087359/review/15289225/harry_potter_and_the_order_of_the_phoenix 2007年7月8日閲覧。 
  162. ^ LaSalle, Mick (2007年7月10日). “Harried Harry: In his fifth outing, the wizard matures – and faces plenty of grown-up problems”. San Francisco Chronicle: p. B1. http://www.sfgate.com/cgi-bin/article.cgi?f=/c/a/2007/07/10/DDG3IQSIV91.DTL 2007年7月10日閲覧。 
  163. ^ Honeycutt, Kirk (2007年6月30日). “Harry Potter and the Order of the Phoenix”. The Hollywood Reporter. オリジナルの2007年7月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070706204940/http://www.hollywoodreporter.com/hr/film/reviews/article_display.jsp?&rid=9447 2020年7月31日閲覧。 
  164. ^ “Transformers beats Harry Potter at MTV Awards”. MuggleNet. (2007年6月3日). オリジナルの2007年9月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070911045150/http://mugglenet.com/app/news/full_story/942 2007年6月6日閲覧。 
  165. ^ Order of the Phoenix wins "Teen Choice" award”. HPANA. (2007年8月26日). http://www.hpana.com/news.20165.html 2007年8月27日閲覧。 
  166. ^ “Spike TV Goes Into the Woods for SCREAM 2007 at the Greek Theater in Los Angeles” (プレスリリース), Spike TV, (2007年9月5日), https://money.cnn.com/news/newsfeeds/articles/prnewswire/NYW14905092007-1.htm 2007年9月6日閲覧。 [リンク切れ]
  167. ^ “Spike TV Announces Scream 2007 Winners!!!” (プレスリリース), Spike TV, (2007年10月20日), オリジナルの2007年10月22日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20071022032517/http://money.cnn.com/news/newsfeeds/articles/prnewswire/NYSA00220102007-1.htm 2007年10月24日閲覧。 
  168. ^ Pryor, Fiona (2007年9月28日). “Potter wins film awards hat-trick”. BBC News. http://news.bbc.co.uk/1/hi/entertainment/7019374.stm 2007年9月29日閲覧。 
  169. ^ “2007 HOLLYWOOD FILM FESTIVAL ANNOUNCES LINE-UP” (プレスリリース), Hollywood Film Festival, (2007年10月10日), https://www.filmthreat.com/index.php?section=festivals&Id=2134 2007年10月10日閲覧。 
  170. ^ Into The Wild Leads With Seven Nominations for the 13th Annual Critics' Choice Awards”. Associated Press. (2007年12月11日). オリジナルの2007年12月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20071218104200/http://pressmediawire.com/article.cfm?articleID=4193 2007年12月15日閲覧。 
  171. ^ People's Choice Awards Past Winners: 2008”. PCAvote.com. Sycamore Productions. 2007年12月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年1月10日閲覧。
  172. ^ Griffiths, Peter (2008年3月10日). “"Atonement" wins hat-trick of Empire awards”. Reuters UK. http://uk.reuters.com/article/entertainmentNews/idUKL102694620080310?sp=true 2008年3月10日閲覧。 
  173. ^ “2011 Britannia Awards – John Lasseter & David Yates”. (2011年6月28日). http://www.bafta.org/losangeles/news/2011-britannia-awards,1904,BA.html 2011年12月14日閲覧. "John Lasseter and David Yates are master creators of joy and imagination. ... Mr. Yates' contribution to the final four parts of the 'Harry Potter' franchise. ... delighted to honor these remarkable filmmakers with this year's Britannia Award." 
  174. ^ “Nicholas Hooper nominated for "World Soundtrack Discovery Award"”. HPANA. (2007年9月7日). http://www.hpana.com/news.20184.html 2007年9月8日閲覧。 
  175. ^ Dawtrey, Adam (2007年12月13日). “London loves 'Control', 'Atonement'”. Variety. https://variety.com/2007/film/awards/london-loves-control-atonement-1117977651/ 2007年12月15日閲覧。 
  176. ^ “FILM AWARDS NOMINEES IN 2008”. BAFTA. (2008年1月16日). オリジナルの2012年2月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120213005604/http://www.bafta.org/film/awards/2008,2380,BA.html 4 February 2008閲覧。 
  177. ^ King, Susan (11 January 2008). “Art Directors Guild lists nominations and honours for Harryhausen, Craig”. Los Angeles Times. http://theenvelope.latimes.com/awards/guild/env-art-directors-guildnoms11jan11,0,3811812.story?coll=env-guild 21 January 2008閲覧。 
  178. ^ “10th Annual Costume Designers Guild Awards”. Los Angeles Times. (17 January 2008). http://theenvelope.latimes.com/awards/guild/env-costume-awards17jan17-list,0,1953829.htmlstory 2008年3月6日閲覧。 
  179. ^ “6th Annual Visual Effects Society Award Winners” (プレスリリース), en:Visual Effects Society, (11 February 2008), http://www.vesawards.com/documents/pdf/6thAnnualVESAwardWinners.pdf 11 February 2008閲覧。 [リンク切れ]
  180. ^ Past Winners and Nominees”. BAFTA.org. 17 September 2012閲覧。
  181. ^ 2008 Hugo Awards”. Hugo Awards (2008). 7 May 2011時点のオリジナルよりアーカイブ。17 September 2012閲覧。

外部リンク編集