ハルキウ地下鉄ウクライナ語: Харківський метрополітен)は、ウクライナハルキウで運行されている地下鉄である。

ハルキウ地下鉄
ロゴマーク
憲法広場駅
憲法広場駅
基本情報
 ウクライナ
所在地 Coat of arms of Kharkiv.svgハルキウ
公式サイト Metro-Kharkov
詳細情報
路線図
路線図
2018年時点のハルキウ地下鉄路線図。
テンプレートを表示

沿革編集

ハルキウ地下鉄の計画はウクライナ・ソビエト社会主義共和国が首都をハルキウに置いていた時期にさかのぼる。1968年7月15日に着工し、7年後の1975年8月23日に現在のホロドノギルスィコ・ザヴォードスィカ線が開業した。現在、39,6kmの路線を有し、2006年には1日約8万人、1年で約2億9300万人の乗客を輸送している。開業以来現在までに70億人の乗客を輸送している[1]

かつてはウクライナ運輸省が直轄していたが、2009年にハルキウ市に移管された。

新型コロナウイルス感染拡大英語版の影響で、2020年3月17日より運行を休止した[2][3]。 地下鉄運休の代替として、 ハルキウ市は路面電車、バス、トロリーバスの運行経路を変更した[4][5][6]

2020年5月25日に地下鉄の運行を再開した。乗客にはマスクかレスピレーターの着用が義務付けられている[7]

2022年2月24日、ロシアがウクライナへ侵攻。市内にも爆撃が加えられたことから、市民が地下鉄をシェルターとして利用することとなった[8]

路線編集

# 路線名 開通 最新の駅開業年 路線長 駅数
1 ホロドノギルスィコ・ザヴォードスィカ線
(Холодногірсько-Заводська лінія)
1975年 1978年 17,3 km 13
2 サルティウスィカ線
(Салтiвська лінія)
1984年 1986年 10,4 km 8
3 オレクシイウスィカ線
(Олексіївська лінія)
1995年 2010年 11.9 km 8
合計: 39.6 km 29

利用編集

 
ハルキウ地下鉄で用いられるトークン

乗車料金は2009年2月14日の時点では50コピーイカであったのが[9]2011年3月12日より2フリヴニャに上昇した[10]。これまでダークグリーンダークブルーのトークンが用いられてきたが、2007年7月より非接触型ICカードが導入された。このカードでは最大500フリヴニャまで入金でき、学生はカードで乗車すれば50%割引となる。カードは7フリヴニャで販売されている。あり、トークンを購入する。2012年に予定されている新駅の開業を契機として、地下鉄その他の公共交通機関に非接触型ICカードの導入が予定されている。

2011年10月26日、ハルキウ市議会は2カ月以内に2カ月を目途にトークンを廃止する事を決定した[11]。トークンはバーコード付の紙製の切符に置き換えられる[12]

始発電車は5時30分から、最終電車は0時45分まで運行している[13]。運転間隔はラッシュ時は2-3分、その他の時間帯は4-6分間隔である。21時台には平均で10分間隔、22時台以降は13-18分となる。

車両編集

2019年現在、ハルキウ地下鉄に在籍している車両は以下の通りである[14]

脚注編集

  1. ^ Официальный сайт КП «Харьковский метрополитен»
  2. ^ Протокол №3 позачергового засідання міської комісії Про невідкладні заходи щодо протидії розповсюдженню коронавірусу COVID-19 на території м. Харкова”. Офіційний сайт Харківської міської ради, міського голови, виконавчого комітету (2020年3月17日). 2020年4月3日閲覧。
  3. ^ Продлен запрет на работу Харьковского метрополитена | STATUS QUO”. STATUS QUO (2020年4月2日). 2020年4月2日閲覧。
  4. ^ У Харкові вводяться тимчасові зміни маршрутів наземного пасажирського транспорту | ОПЕРАТИВНА ІНФОРМАЦІЯ”. Офіційний сайт Харківської міської ради, міського голови, виконавчого комітету (2020年3月17日). 2020年4月2日閲覧。
  5. ^ Про тимчасову зміну маршрутів міського наземного пасажирського транспорту”. Офіційний сайт Харківської міської ради, міського голови, виконавчого комітету (2020年3月17日). 2020年4月2日閲覧。
  6. ^ Про внесення змін до наказу № 67 від 17.03.2020 року «Про тимчасову зміну маршрутів міського наземного пасажирського транспорту»”. Офіційний сайт Харківської міської ради, міського голови, виконавчого комітету (2020年3月18日). 2020年4月2日閲覧。
  7. ^ Subway resumes work in Kyiv, Kharkiv: new safety rules, explained (Photo), UNIAN (25 May 2020)
  8. ^ 第2の都市で戦闘”. BBC (2022年2月27日). 2022年3月2日閲覧。
  9. ^ Розпорядження Харківської обласної державної адміністрації № 47 від 04.02.2009 «Про встановлення тарифу на перевезення пасажирів у метрополітені міста Харкова»
  10. ^ Исполком утвердил новые тарифы на проезд в общественном транспорте — Городской Дозор 2010
  11. ^ В харьковском метро отменят жетоны // «Вечерний Харьков»
  12. ^ Жетоны в Харьковском метрополитене могут полностью заменить на бумажные билеты
  13. ^ Названа дата открытия станции метро «Алексеевская» (дополнено)
  14. ^ Капитальный ремонт вагонов метрополитена 2009年8月4日作成 2019年8月9日閲覧
  15. ^ ХАРЬКОВСКИЙ МЕТРОПОЛИТЕН ПОЛУЧИЛ НОВЫЙ ПОЕЗД 2015年7月1日作成 2019年8月9日閲覧
  16. ^ 1 сентября в метро запустят новый поезд харьковского производства (ФОТО) 2017年8月22日作成 2019年8月9日閲覧

関連項目編集

外部リンク編集