ハロゲン間化合物(ハロゲンかんかごうぶつ、: interhalogen compounds)は、複数の異なるハロゲン元素が結合した化合物。ほとんどのハロゲン間化合物の一般式はXY n、n=1、3、5、7(Xは陰性の元素)となる。加水分解しやすく、酸化剤としての性質があることから日本の消防法ではいずれも第6類危険物に分類される。

2原子のハロゲン間化合物編集

4原子のハロゲン間化合物編集

いずれも2つの孤立電子対を持つT字形の分子構造をとる。

6原子のハロゲン間化合物編集

下記の五フッ化物のみが確認されている。

8原子のハロゲン間化合物編集

ハロゲン間化合物
フッ素 塩素 臭素 ヨウ素
フッ素 F2
塩素 ClF ClF3 ClF5 Cl2
臭素 BrF BrF3 BrF5 BrCl BrCl3 Br2
ヨウ素 IF IF3 IF5 IF7 ICl I2Cl6 IBr IBr3 I2