メインメニューを開く

ハロー (ラジオ番組)

ハロー千葉から転送)

ハローは、ニッポン放送で放送されている地域情報番組ハロー千葉」(ハローちば)・「ハロー埼玉」(ハローさいたま)・「ハロー神奈川」(ハローかながわ)の総称である。 1976年に放送開始[1]

ハロー千葉・ハロー埼玉・ハロー神奈川
ジャンル 地域情報番組
放送方式 生放送
放送期間 1976年-
放送時間 1分40秒
放送局 ニッポン放送
制作 ニッポン放送千葉支局・東日本支局・神奈川支局
出演 本文を参照
提供 本文を参照
特記事項:
「ハロー埼玉」は、2008年度をもって放送休止。
テンプレートを表示

概要編集

千葉県埼玉県神奈川県の地域イベントや、ニッポン放送や各支局の協賛イベントを紹介する番組。 ニッポン放送千葉支局・東日本支局(通称:埼玉支局)・神奈川支局が、それぞれ制作している。

なお東京都の情報は、東京都の広報番組都民ダイヤル」(2006年頃放送終了。12時46分頃から5分間放送)が実質的に担当しており、これを含めてニッポン放送が良好に聞こえるエリア(電界強度2V/m以内)の1都3県を網羅していた。また各番組は、約1時間の間隔をおいて編成されていた。

番組は、ワイド番組パーソナリティによる支局アナウンサーへの呼びかけで始まり、「○○(埼玉・横浜・千葉)のスタジオから、○○(名前)でした」の台詞で終わる。 中継回線に一般加入電話を利用しているため、音質は電話並である。

なお「ハロー埼玉」については、2008年度以降は放送を休止。2016年度はナイターオフ番組「地元いーとこショウアップ!」にて週1回放送している[2]

放送時間編集

平日午後に放送される各ワイド番組の中に内包されて生放送され、番組の尺は、呼びかけ部分も含めて1分40秒だが、定時コーナーや時報のための時間調整で前後する場合があり、ワイド番組にて内包される

※2018年10月時点

  • ハロー千葉
12:52頃 - 『ラジオビバリー昼ズ』内。
『ハロー埼玉』休止時にその時間帯に移動。

出演者編集

基本的に各支局の契約アナウンサーが、取材・アナウンスを担当。かつては日中の全ワイド番組内で放送される交通情報も兼任していたが、2010年3月に各支局からの交通情報が休止されてからは本番組のみの出演となっている。

そのため、当時は交通情報で使用してた各都道府県警の交通管制センターのスタジオから放送していた[1]

スポンサー編集

一社提供であるため、曜日によってスポンサーが異なる場合がある。 特に成田山新勝寺崎陽軒箱根町観光協会は、20年以上スポンサーを務めており、長期にわたりスポンサーが固定化している。

以前放送されていた内容編集

  • ハロー埼玉
    13:48頃 - 「テリーとたい平のってけラジオ」内。2008年度をもって放送休止し、2012年頃に東日本支局も閉鎖。(提供:埼玉日産自動車・埼玉県トラック協会 等)
  • なお、2016年度はナイターオフ番組「地元いーとこ!ショウアップ」にて、日曜18:55頃放送。担当は節丸裕一

脚注編集