メインメニューを開く

ハワイ大学ヒロ校(はわいだいがくひろこう、英語: University of Hawaiʻi at Hilo)は、ハワイ州ヒロに本部を置くアメリカ合衆国州立大学である。1941年に設置された。

ハワイ大学ヒロ校
University of Hawaii at Hilo.jpg
大学設置/創立 1941年
学校種別 州立
本部所在地 ハワイ州ヒロ
キャンパス 3.1 km²
学部 農林自然資源保護学部
人文科学部
商業経済学部
自然健康科学部
ハワイ語学部
生涯教育・社会奉仕学部
ダニエル・K・イノウエ薬学部
研究科 臨床心理学研究科
看護学研究科
教育学研究科
文化遺産管理研究科
ハワイ語・文学研究科
先住民族言語・文化教育研究科
熱帯保全生物・環境科学研究科
薬学研究科
ウェブサイト ハワイ大学ヒロ校公式サイト
テンプレートを表示

概要編集

ハワイ大学システム(University of Hawaiʻi System)に所属する大学の1つで、略称は「UHH」又は「UH Hilo」。1941年「Hawaii College」として設立され、1970年「University of Hawaiʻi at Hilo」に改名された。[1] 1976年米国西部地域私立学校大学協会(Western Association of Schools and Colleges)の認定校となり、現在まで継続して認可を受けている。約3,500人の学部生と約550人の院生が在籍している。教職員数は約300人。ハワイ大学ヒロ校は、多様性と国際性に富み、2018年『Chronicle of Higher Education』によって全米で最も多様な民族が集まる4年制公立大学とランク付けされた。[2]

学部レベルでは38学科、大学院レベルでは8研究科があり、海洋学、生物学、運動学、政治学、社会学、心理学、コミュニケーション学が学生の人気が高い専攻となっている。春と秋のセメスター制で、20人ほどの少人数のクラスが特徴で、地元学生、アメリカ本土からの学生、それに留学生が常に一緒に学んでいる。全米で唯一のハワイ語学研究科博士課程を持つ大学院を設置している。著名な教授陣には、「ハワイ語復興の祖父」と呼ばれているラリー・キムラがいる。[3]

ハワイ大学ヒロ校は独立した研究・教育機関であり、ハワイ大学マノア校の分校ではない。キャンパス内に2年制短期大学のハワイ・コミュニティーカレッジ・ヒロ校が同居していて、様々な施設や講座を共有している。[4] エドウィン・ H・モオキ二図書館には「ハワイアン・コレクション」があり、ハワイの言語、文化、歴史、美術、音楽などの書籍や資料が所蔵されている。[5]

組織編集

  • College of Agriculture, Forestry, and Natural Resource Management (農林自然資源保護学部) 
  • College of Arts and Sciences (人文科学部)
  • College of Business and Economics (商業経済学部)
  • College of Natural and Health Sciences (自然健康科学部)
  • Ka Haka ʻUla O Keʻelikōlani, College of Hawaiian Language (ハワイ語学部)
  • College of Continuing Education and Community Service (生涯教育・社会奉仕学部)
  • Daniel K. Inouye College of Pharmacy (ダニエル・K・イノウエ薬学部)

歴代学長編集

  • Paul M. Miwa (1970-1975)
  • Edwin H. Mookini (1976-1979)
  • Stephen R. Mitchell (1979-1984)
  • Ralpha M. Miwa (1984-1986)
  • Edward J. Kormondy (1986-1993)
  • Kenneth Perrin (1993-1998)
  • Rose Y. Tseng (1998-2010)
  • Donald O. Straney (2010-2017)
  • Marcia Y. Sakai (2017-2019)
  • Bonnie D. Irwin (2019-現在) [6]

対外関係編集

グローバル教育・交流センター(Center for Global Education and Exchange)があり多くの外国の大学と提携し、スタディー・アブロード(Study Abroad)を推奨している。アメリカの大学の中でも留学生の比率が高い大学で、37ヵ国から約250名が在籍している。[7] 日本の東京学芸大学立教大学城西国際大学南山大学同志社大学京都産業大学広島県立大学比治山大学吉備国際大学西南学院大学九州保健福祉大学琉球大学名桜大学等と交換留学プログラムがある。[8] 日本人留学生数は約50名。

キャンパス編集

緑に囲まれたキャンパスは、ハワイ島(Big Island of Hawaiʻi)にある人口約4万人のヒロ市にあり、ヒロ国際空港(Hilo International Airport)から車で約10分。ホノルルに次ぐハワイ諸島第二の港湾都市に位置し、日系人も多い。ハワイ島には熱帯雨林や火山があり、天候が変わりやすい。近くにはリリウオカラニ公園(Liliʻuokalani Park)、ココナッツ・アイランド(Coconut Island)、レインボー滝などがある。

施設編集

脚注編集

  1. ^ Frank T. Inouye and Edward J. Kormondy (Eds.), The University of Hawaiʻi-Hilo: A College in the Making, Honolulu, HI: University of Hawaiʻi Press, 2001.
  2. ^ "All UH Campuses Make Top 10 Most Diverse Lists," University of Hawaiʻi News, August 31, 2018 [1].
  3. ^ 「ハワイアン航空、ハワイ語の認定制度を導入」ハワイアン航空広報事務局、2019年2月11日 [2]
  4. ^ "About Hawaiʻi CC," Hawaiʻi Community College, May 31, 2019 [3].
  5. ^ "Hawaiian Collection," Edwin H. Mookini Library, University of Hawaiʻi at Hilo, June 17, 2019 [4].
  6. ^ "Past Head Administrators at UH Hilo," Office of the Chancellor, University of Hawaiʻi at Hilo, July 1, 2019 [5].
  7. ^ "International Student Statistics," University of Hawaiʻi at Hilo, August 1, 2018 [6].
  8. ^ "List of Partner Universities," University of Hawaiʻi at Hilo, August 1, 2018 [7].

関連項目編集

外部リンク編集