東京電機大学(とうきょう でんきだいがく、英語: Tokyo Denki University)は、東京都足立区千住旭町5に本部を置く日本私立大学である。1949年に設置された。大学の略称は電大、電機大、TDU。北緯35度44分54.3秒
東経139度48分22.5秒

東京電機大学
Tokyo Denki University.jpg
東京千住キャンパス

東京電機大学の位置(東京都内)
東京電機大学
東京電機大学 (東京都)
東京電機大学の位置(日本内)
東京電機大学
東京電機大学 (日本)
大学設置 1949年
創立 1907年
学校種別 私立
設置者 学校法人東京電機大学
本部所在地 東京都足立区千住旭町5
北緯35度44分54.3秒 東経139度48分22.5秒 / 北緯35.748417度 東経139.806250度 / 35.748417; 139.806250座標: 北緯35度44分54.3秒 東経139度48分22.5秒 / 北緯35.748417度 東経139.806250度 / 35.748417; 139.806250
キャンパス 東京千住(東京都足立区
埼玉鳩山(埼玉県比企郡
千葉ニュータウン(千葉県印西市
学部 工学部
工学部第二部
理工学部
未来科学部
システムデザイン工学部
研究科 先端科学技術研究科
工学研究科
理工学研究科
情報環境学研究科
未来科学研究科
ウェブサイト https://www.dendai.ac.jp/
テンプレートを表示

概観編集

 
東京神田キャンパス本館(移転前の旧建物)
 
東京神田キャンパス11号館(移転前の旧建物)

大学全体編集

1907年明治40年)に廣田精一と扇本眞吉が創設した電機学校を起源とする[1]1949年昭和24年)、第二次世界大戦後の学制改革に伴い、電機工業専門学校(私立の旧制専門学校)が前身となって開学した大学である[2]2020年令和2年)時点で、5学部5研究科[3]を設置するなど理工系の大学として発展している。学生や大学内では「電大」という略称を用いることが多い。校歌の歌詞では「東京電大」[4]インターネット上のドメイン名にはdendai.ac.jpを用いている。創立からおよそ100年の間、東京の神田地区に立地していたが、2012年(平成24年)に神田錦町から北千住駅前へ移転している[5][6]

建学の精神と教育・研究理念編集

実学尊重
技術は人なり

学風および特色編集

工学の専門教育と実学尊重の教育を特色とする。産学官連携プロジェクトや、社会人向け講座、社会人学生の受け入れなど、企業とのコラボレーションも行っている[7]

沿革編集

略歴編集

1907年明治40年)9月11日東京市神田区に創立した電機学校が始まりである。1939年昭和14年)に専門学校令による東京電機高等工業学校を開校し、1944年(昭和19年)に電機工業専門学校と改称。1949年(昭和24年)の学制改革で大学となった。

年表編集

  • 1907年明治40年) 電機学校創立[8]
  • 1914年大正03年) 電気雑誌『オーム』(OHM)創刊[9]
  • 1922年(大正11年) 電機学校出版局の雑誌部が独立し、オーム社となる。
  • 1939年昭和14年) 東京電機高等工業学校設立[10]
  • 1944年(昭和19年) 東京電機高等工業学校を電機工業専門学校と改称。
  • 1949年(昭和24年) 東京電機大学設立[11]工学部第一部設置。初代学長に丹羽保次郎が就任[12]
  • 1952年(昭和27年) 工学部第二部開設。電気工学科設置。
  • 1958年(昭和33年) 大学院工学研究科開設。電気工学専攻修士課程(夜間大学院)を設置。
  • 1960年(昭和35年) 工学部第一部に電子工学科を設置。
  • 1961年(昭和36年) 工学部第一部に応用理化学科、機械工学科を設置。
  • 1962年(昭和37年) 大学院工学研究科に電気工学専攻博士課程を開設。
  • 1965年(昭和40年) 工学部第一部に建築学科、精密機械工学科を設置。
  • 1975年(昭和50年) 大学院工学研究科に電気工学専攻修士課程を開設(昼間)。
  • 1977年(昭和52年) 鳩山キャンパス開設。理工学部(数理学科、建設工学科、経営工学科、産業機械工学科)開設
  • 1981年(昭和56年) 大学院理工学研究科開設。数理学、建設工学、システム工学、機械工学の各専攻(修士課程)設置。総合研究所開設
  • 1983年(昭和58年) 大学院理工学研究科に応用システム工学専攻博士課程を開設。
  • 1986年(昭和61年) 理工学部に情報科学科、応用電子工学科を設置。
  • 1990年平成02年) 千葉ニュータウンキャンパス開設[13]
  • 1997年(平成09年) 超電導応用研究所、建設技術研究所、産官学交流センターを開設。
  • 1999年(平成11年) フロンティア共同研究センターを開設。
  • 2000年(平成12年) 理工学部に情報社会学科、生命工学科を設置。
  • 2001年(平成13年) 千葉ニュータウンキャンパスに情報環境学部(情報環境工学科、情報環境デザイン学科)を開設。
  • 2002年(平成14年) 工学部第一部に情報メディア学科を設置。
  • 2004年(平成16年) 大学院情報環境学研究科修士課程(情報環境工学、情報環境デザイン学専攻)開設。超電導応用研究所を先端工学研究所に改称。
  • 2005年(平成17年) 秋葉原ダイビル内に秋葉原ブランチを設置
  • 2006年(平成18年) 情報環境学部を2学科から1学科に統合し、情報環境学科に変更。大学院博士後期課程を先端科学技術研究科(8専攻)に変更。
  • 2007年(平成19年) 創立100周年。
  • 2008年(平成20年) 工学部第二部の電気工学科、電子工学科を改編し、電気電子工学科を設置。
  • 2009年(平成21年) 大学院未来科学研究科修士課程(建築学、情報メディア学、ロボットメカトロニクス学専攻)開設。
  • 2011年(平成23年) 建設技術研究所を廃止。
  • 2012年(平成24年) 東京千住キャンパス開設。
  • 2017年(平成29年)
  • 2018年(平成30年)
    • 千葉ニュータウンキャンパスの情報環境学部および同研究科を東京千住キャンパスに移転[15]
    • 東京東信用金庫と東京・城東地区の発展で協力する包括連携協定を締結[16]
  • 2020年令和2年)新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、来場型のオープンキャンパスに代わり、YouTubeでチャンネルを開設(チャンネル名:電大YouTubeキャンパス)[17]

基礎データ編集

所在地編集

象徴編集

  • 校歌
  • 校章とシンボルマーク
    • 大学の校章は、稲妻をモチーフにした図案に、大學の文字が刻まれている。1949年に制定された。[18]
    • 創立75周年には、英語名称「Tokyo Denki University」の頭文字を用いてTDUがデザインされた。[18]

教育および研究編集

組織編集

学部編集

研究科編集

  • 先端科学技術研究科 - 博士
    • 数理学専攻 - 博士(理学)
    • 電気電子システム工学専攻 - 博士(工学)
    • 情報通信メディア工学専攻 - 博士(工学)
    • 機械システム工学専攻 - 博士(工学)
    • 建築・建設環境工学専攻 - 博士(工学)
    • 物質生命理工学専攻 - 博士(工学・理学)
    • 先端技術創成専攻 - 博士(工学・理学)
    • 情報学専攻 - 博士(情報学)
  • 工学研究科 - 修士
    • 電気電子工学専攻
    • 物質工学専攻
    • 機械工学専攻
    • 情報通信工学専攻
  • 理工学研究科 - 修士
    • 理学専攻
    • 情報学専攻
    • 生命理工学専攻
    • 電子・機械工学専攻
    • 建築・都市環境学専攻
  • 情報環境学研究科 - 修士
    • 情報環境学専攻
  • 未来科学研究科 - 修士
    • 建築学専攻
    • 情報メディア学専攻
    • ロボット・メカトロニクス学専攻

付属機関編集

  • 総合研究所
  • エクステンションセンター
  • 先端工学研究所
  • ハイテク・リサーチ・センター
  • フロンティア共同研究センター
  • 産官学交流センター
  • 総合メディアセンター
  • ものづくりセンター
  • 東京電機大学出版局 - 教職員らが執筆する論説集や学生向け教科書などを発行する。理工学専門書、コンピュータ関連書などを出版するオーム社の前身である[21]

研究編集

21世紀COEプログラム編集

21世紀COEプログラムとして、1件のプロジェクトが採択された。

  • 2003年
    機械、土木、建築、その他工学系
    操作能力熟達に適応するメカトロニクス

私立大学戦略的研究拠点形成支援事業編集

  • フロンティア共同研究センター

私立大学学術研究高度化推進事業編集

  • ハイテク・リサーチ・センター整備事業
    • 先端工学研究所
  • 学術フロンティア推進事業
    • 理工学研究科・理工学部

教育編集

  • 特色ある大学教育支援プログラム
    • 平成15年度 ツイニングによる国際化への積極的取組プロジェクト(共同取組)
    • 平成17年度 学生の自主・自立を支援する個別重視型教育プロジェクト(情報環境学部
  • 現代的教育ニーズ取組支援プログラム
    • 平成16年度 「プロジェクト科目」を核とした産学連携プロジェクト(情報環境学部)
  • 質の高い大学教育推進プログラム
    • 平成20年度 学習意欲向上のためのフィードバック型教育プロジェクト(情報環境学部)
  • 平成21年度 大学教育・学生支援推進事業
    • 自ら考え気付く力を引出すための自己発見力養成支援プロジェクト
  • 平成22年度 大学生の就業力育成支援事業
    • 3つの力で就業力を育成する教育プログラムプロジェクト

大学関係者と組織編集

卒業生のうち、企業経営者が中心となって「東京電機大学経営同友会」を組織している[22]

大学関係者一覧編集

施設編集

キャンパス編集

神田キャンパス編集

1907年の創立から数年間は、神田キャンパス周辺で夜間に近隣の学校の校舎(神田区小川町→錦町→麹町区大手町と移転)を借り受けて授業を行っていた[23]。1914年に錦町3丁目の地に校舎を取得して大手町から移転[23]し、その後は新たな校地の取得や校舎の建て替えが行われ、主に1926年に中央大学より錦町2丁目の地を取得[24]、1968年に同大より新たに取得した神田錦町2丁目の旧区役所の地に7号館を建設、1984年に11号館の建設、などがある[24]

2012年4月に東京千住キャンパスの開校に伴い移転するまでは、本部を神田錦町2丁目2番地に置き、工学部や未来科学部などに使用されていた。

東京千住キャンパス(100周年記念キャンパス)編集

 
東京千住キャンパス1号館

埼玉鳩山キャンパス編集

 
埼玉鳩山キャンパス本館(10号館)

千葉ニュータウンキャンパス編集

 
千葉ニュータウンキャンパス正門

対外関係編集

地方自治体との協定編集

  • 連携協力協定
    • 鳩山町
    • 印西市
    • 足立区
  • 千代田区内大学と千代田区の連携協力に関する基本協定(平成25年に退会)

他大学との協定編集

国際学術交流等協定校及び交流のある海外大学等一覧編集

ベトナム国家大学ホーチミン市校工科大学ホーチミン市[29]

系列校編集

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 東京電機大学100年史編纂委員会『東京電機大学100年』学校法人 東京電機大学、2008年、5頁。
  2. ^ 東京電機大学100年史編纂委員会『東京電機大学100年史 資料編』学校法人 東京電機大学、2008年、81-83頁。
  3. ^ 学校法人東京電機大学 平成28年度 学園活動の概況 (PDF)”. 学校法人東京電機大学 総務部(企画広報担当). 2017年9月2日閲覧。
  4. ^ 大学のあゆみ 校章・校歌”. 東京電機大学. 2017年9月2日閲覧。
  5. ^ 東京千住キャンパス”. 東京電機大学. 2018年9月16日閲覧。
  6. ^ 千葉ニュータウンキャンパスから東京千住キャンパスへの移転を完了”. 東京電機大学. 2018年9月16日閲覧。
  7. ^ 研究・産官学連携
  8. ^ 『東京電機大学100年史 正史編』東京電機大学、2008年、3頁。
  9. ^ 『東京電機大学100年史 正史編』東京電機大学、2008年、18頁。
  10. ^ 『東京電機大学100年史 正史編』東京電機大学、2008年、55頁。
  11. ^ 『東京電機大学100年史 正史編』東京電機大学、2008年、89頁。
  12. ^ 大学の沿革”. 2017年9月2日閲覧。
  13. ^ “東京電機大学の千葉NTキャンパス開設 記念式典盛大に 印西町”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 朝刊 14. (1990年6月3日) 
  14. ^ 東京電機大、千住キャンパスにものづくりセンターを開設SankeiBiz』2017年4月28日(2018年5月16日閲覧)。
  15. ^ 千葉ニュータウンキャンパス東京電機大学(2018年5月16日閲覧)。
  16. ^ 「東京電機大と地域発展協定 東京東信金」日刊工業新聞』2018年10月5日(中小企業・地域経済面)2019年4月17日閲覧。
  17. ^ 東京千住、埼玉鳩山に次ぐ第3のキャンパス
  18. ^ a b c d e 学校法人東京電機大学平成28年度学園活動の概況”. 学校法人東京電機大学 総務部(企画広報担当). 2017年9月2日閲覧。
  19. ^ 学校法人東京電機大学令和元年度情報公開運動施設概要”. 学校法人東京電機大学 総務部(企画広報担当). 2020年4月30日閲覧。
  20. ^ 東京電機大学100年史編纂委員会『東京電機大学100年 資料編』学校法人東京電機大学、2008年、543頁。
  21. ^ オーム社からのご挨拶
  22. ^ 東京電機大学経営同友会(2018年11月7日閲覧)。
  23. ^ a b 東京電機大学校友会100年史編纂委員会編集『東京電機大学校友会100年史』東京電機大学校友会、2009年、34-35頁。
  24. ^ a b 東京電機大学100年史編纂委員会編集『東京電機大学100年』東京電機大学、2008年、142頁。
  25. ^ 学校法人東京電機大学令和元年度情報公開運動施設概要”. 学校法人東京電機大学 総務部(企画広報担当). 2020年4月30日閲覧。
  26. ^ 交通案内(千葉ニュータウンキャンパス)”. 2020年4月30日閲覧。
  27. ^ 「埼玉西部 17私大連携/自治体・産業界と プラットフォーム発足」『日刊工業新聞』2018年9月17日(中小企業・地域経済面)。
  28. ^ a b c d e f g h 東京電機大学100年史編纂委員会『東京電機大学100年史』東京電機大学、2008年、273頁。
  29. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac 国際競争力向上への取組み : 16の国と地域から28大学・1研究機関と交流”. 東京電機大学. 2018年2月16日閲覧。
  30. ^ a b c d 国際競争力向上への取組み”. 東京電機大学. 2017年9月2日閲覧。

外部リンク編集